ピクシブ百科事典

福岡市内線

ふくおかしないせん

西日本鉄道が福岡市内を運行した路面電車。
目次[非表示]

西日本鉄道の軌道路線。文字通り、福岡市内を走っていた路面電車である。福岡市営地下鉄建設により、1975年に第一次廃止、1979年に全廃された。

路線一覧


貫線(かんせん) 
九大前~姪の浜 

  • 福岡市内を東西に結ぶ路線。福岡市中心部である天神や中洲を通過していた。室見橋から姪の浜までは単線。姪の浜停留所は国鉄筑肥線姪浜駅から400m離れていた。1975年に廃止。

城南線(じょうなんせん) 
渡辺通一丁目~西新
  • 名前の通り、福岡城址の南側を通過する路線。途中、薬院(停留所名は「城東橋」)で西鉄大牟田線との平面交差があった。沿線の城西橋に福岡市内線最大の規模を誇る車庫があった。1975年に廃止。余談ではあるが、タモリ鉄道マニアになったきっかけはこの城南線の平面交差であったという。
「城南線」の名称は西日本鉄道の登録商標である。福岡市の道路の愛称にもなってるのだが、福岡市が西鉄に使用料を支払っていることのなるのか・・・?

呉服町線(ごふくまちせん) 
呉服町~祇園町
  • 貫線と博多駅を結ぶ路線。旧博多駅前停留所(後の祇園町停留所)は循環線の同名停留所とは独立していたが、1963年の博多駅移転により循環線と線路が繋がった(1964年完成)。1975年に廃止。

循環線(じゅんかんせん)
千鳥橋~祇園町~博多駅前~渡辺通一丁目~天神~市民会館前~千鳥橋
  • 文字通り、福岡市中心部を循環する路線。かつては系統によって半周したり何周も回ったりして利用者を困惑させる面もあった。福岡市内線で最後まで残った路線でもある。1979年に廃止。

貝塚線(かいづかせん)
千鳥橋~貝塚
  • かつては宮地岳線の一部であったが、1954年に福岡市内線に編入。宮地岳線の都心アクセスを台無しにした。循環線とともに最後まで残った路線である。1979年に廃止。(なお、福岡市内線に編入された区間は廃止時まで宮地岳線の扱いであった)

吉塚線(よしづかせん)
吉塚駅前(戦前は吉塚駅前の先にあった三角「みすみ」が起点)~千代町
  • 国鉄吉塚駅前から出ていた路線。福岡市内線で初めてワンマン運転を行った路線であったが周辺道路の混雑が激しくなり、地下鉄工事とは関係なく1973年に廃止。

築港線(ちっこうせん・貨物専用)
三角~吉塚駅前~千代町~千鳥橋~博多築港前~博多築港
  • 国鉄吉塚駅から博多築港を結ぶ貨物路線。うんたんもとい、運炭や、吉塚駅近くにあった専売公社の貨物扱い、千代町にあった西部瓦斯工場での入れ換えを扱っていた。国鉄の貨車を通すため吉塚線と循環線の一部区間(千代町~博多築港前)は三線軌条であった。1961年休止・1963年廃止

停留所一覧

貫線

停留所名乗り換えなど特記事項(*は廃止停留所)以下同様。
九大前九州大学箱崎キャンパス最寄
網屋町
箱崎筥崎宮最寄。地下鉄箱崎線箱崎宮前駅に相当。国鉄箱崎駅とはかなり離れていた。ここから大学病院前まで専用軌道を走行
馬出読みは「まいだし」。専用軌道内の停留所
東車庫前東車庫所在地。専用軌道内の停留所。
大学病院前九州大学医学部および付属病院最寄。専用軌道内の停留所。地下鉄箱崎線馬出九大病院前駅に相当。現在の福岡県庁最寄。
千代町循環線・吉塚線乗り換え。地下鉄箱崎線千代県庁口駅に相当
蓮池
呉服町呉服町線(博多駅方面)乗り換え。地下鉄箱崎線呉服町駅に相当
土居町博多古来の商家町のひとつ
川端町博多古来の商家町のひとつ。地下鉄空港線・箱崎線の中洲川端駅に相当。
東中洲福岡市の歓楽街「中洲」の玄関口。県庁前との間で那珂川を渡る。地下鉄空港線・箱崎線の中洲川端駅に相当。
県庁前福岡市役所最寄でもある
天神循環線・大牟田線(福岡駅)乗り換え。地下鉄空港線天神駅に相当。
西鉄グランドホテル前旧名「万町(よろずまち)」
大名二丁目
赤坂門地下鉄空港線赤坂駅に相当。
平和台平和台球場【西鉄ライオンズ本拠地】最寄
大手門福岡城址(舞鶴公園)最寄。地下鉄空港線大濠公園駅に相当
荒戸一丁目
西公園西公園より大濠公園のほうが近かった
唐人町地下鉄空港線唐人町駅に相当
地行読みは「じぎょう」
今川橋今川車庫所在地。西新との間で樋井川を渡る
西新城南線乗り換え。地下鉄空港線西新駅に相当
防塁前史跡・元寇防塁最寄
藤崎1972年政令都市指定時の西区役所(現・早良区役所)最寄。地下鉄空港線藤崎駅に相当。
早良口
室見橋これより姪の浜まで単線区間。愛宕下との間で室見川を渡る。地下鉄空港線室見駅に相当
愛宕下離合可能だが安全地帯なし
竹の山四丁目離合可能だが安全地帯なし
姪の浜国鉄姪浜駅とは400m離れていた

城南線
渡辺通一丁目循環線乗り換え
城東橋大牟田線(薬院駅)乗り換え、同線と平面交差。
薬院大通
南薬院
動物園入口旧名「古小烏(ふるこがらす)」
練塀町読みは「ねりべいちょう」現在の福岡市営地下鉄七隈線桜坂駅付近
六本松九州大学六本松キャンパス(当時)最寄
草香江読みは「くさがえ」
大濠読みは「おおほり」
鳥飼国鉄筑肥線の鳥飼駅とはかなり離れていた
城西橋城西車庫所在地
西新貫線乗り換え

呉服町線
呉服町貫線乗り換え
奥の堂呉服町線唯一の中間停留所
祇園町読みは「ぎおんまち」「博多駅前(2代)」から「馬場新町」を経て現停留所名になった。循環線乗り換え
*博多駅前(初代)駅前広場に1949年まで乗り入れていた

循環線
千鳥橋貝塚線乗り換え
千代町貫線・吉塚線乗り換え
福高前旧名「潟洲町(かたすまち)」。福岡県立福岡高校最寄
緑橋福高前との間で専用軌道で御笠川を渡る
祇園町博多駅前(2代)。呉服町線乗り換え。1964年7月1日から1964年12月7日まで旧線(管弦町経由)分岐
博多駅前(3代)国鉄鹿児島本線筑肥線山陽新幹線(博多駅)乗り換え。1964年7月1日博多駅移転により新設
駅前四丁目旧名「人参町」。1964年7月1日博多駅移転により新設
住吉1964年7月1日から1964年12月7日まで旧線(管弦町経由)分岐【実際は柳橋~住吉間で分岐】
柳橋住吉との間で那珂川を渡る
渡辺通一丁目城南線乗り換え
渡辺通二丁目旧名「南車庫前」
渡辺通四丁目国体道路と交差
天神貫線・大牟田線(福岡駅)乗り換え
那の津口福岡競艇場最寄
市民会館前福岡市民会館・須崎公園最寄。対馬小路との間で那珂川を渡る
対馬小路読みは「つましょうじ」。博多埠頭(市営渡船・壱岐・対馬行き航路乗り場)最寄
石城町読みは「せきじょうまち」
博多築港前築港線(貨物線)分岐。千鳥橋との間で御笠川を渡る
千鳥橋

循環線旧路線区間
博多駅前(2代)「馬場新町」を経て「祇園町」に改名
*管弦町国鉄博多駅移転により1964年12月7日廃止
*住吉宮前国鉄博多駅移転により1964年12月7日廃止
住吉柳橋~住吉間の交差点で本線と合流していた

貝塚線
宮地岳線駅一覧の項目を参照のこと。

吉塚線
*三角読みは「みすみ」。1944年12月3日旅客営業休止、1959年2月4日廃止。以後は貨物扱い(築港線)のみ
吉塚駅前国鉄鹿児島本線篠栗線勝田線(吉塚駅)乗り換え
妙見吉塚線唯一の中間停留所
千代町貫線・循環線乗り換え

築港線(貨物線)
三角国鉄吉塚駅からの貨物列車受け渡し駅
博多築港循環線博多築港前停留所から分岐

車両基地


  • 東車庫(福岡市内線唯一の車両工場でもあった。西鉄バス営業所になった後現在はマンションになっている。)
  • 今川車庫(現在敷地は西鉄バス営業所・西鉄観光バスの車庫を経て西鉄が経営するマンションと福岡市営地下鉄の変電所になっている)
  • 城西車庫(福岡市内線最大級の収容能力を持つ車庫であった。西鉄バス営業所になった後、現在はゴルフ練習場やスーパーマーケットなどになっている)
  • 貝塚車庫(第一次廃止後唯一の車庫。宮地岳線の多々良車庫と同居していた)
  • 南車庫(渡辺通二丁目に所在。渡辺通りの拡幅により1970年に廃止)

コメント