ピクシブ百科事典

稗田阿求

ひえだのあきゅう

稗田阿求とは、東方Projectのキャラクターである。
目次[非表示]

稗田阿求とは、上海アリス幻樂団制作の弾幕STG「東方Project」の音楽CD及び関連書籍に登場するキャラクターである。

初出は弾幕STG「東方Project」の音楽CD『幺樂団の歴史1 〜 Akyu's Untouched Score vol.1』。その後は書籍作品『東方求聞史紀 〜 Perfect Memento in Strict Sense.』にて作中作「幻想郷縁起」の著者として登場している。さらに、その続編『東方求聞口授 ~ Symposium of Post-mysticism.』でも、作中で行われる対談の主催者として登場した。

ちなみに、音楽CD『幺樂団の歴史』シリーズは、阿求が「幻想郷縁起」に記録した音楽であるという設定。「幺樂団の歴史」はPC-98版(東方旧作)と通称される作品群で使用された楽曲をセルフアレンジ含め収録したものであり、阿求は『東方紅魔郷』以降のwindows版と世界観は連結しているとされながらも多くが語られていない東方旧作について、両世界観を音楽の面で繋ぐキャラクターでもある。

概要

人間の里にある名家「稗田家」の当主であり、九代目「御阿礼の子」。幻想郷妖怪についてまとめた書物「幻想郷縁起」を編纂するため、千年以上前から転生を繰り返している。

幺樂団の演奏と紅茶がお気に入り。又、兎鍋が大好物。ファンからの愛称はあっきゅんAQNなど。

キャラクターの元ネタは『見聞きしたことを忘れぬ力を持っていたといわれている』稗田阿礼で、阿求はその9回目の転生体である。
転生体の御阿礼の子は男女別々に阿礼男・阿礼乙女の称号がある。性別の決定条件は不明(閻魔が用意する)だが、両方とも経験済みの模様。

容姿

稗田の


今まで詳しい服の構造が不明だったため、黄色い着物、若草色の羽織だと考えられていたが、東方鈴奈庵にて、若草色の長着の上に袖の部分に花が描かれた黄色の着物、赤いスカートということが判明。
髪は紫色で、花の髪飾りをつけている。(正式な花の種類は不明。山茶花の一種と思われる)
髪の毛の長さは、CDジャケットだと幺樂団の歴史1ではおかっぱだが、2~3ではセミロングになり、4で一度おかっぱに戻り、5でまた少し短めのセミロングとなる。前髪もジャケットによって微妙に異なる。東方香霖堂東方鈴奈庵での時期は髪を伸ばしておりセミロングになっている。

この他『鈴奈庵』では夏場の服装と思われる、長袖部分が薄い生地またはシースルーのような状態の仕立ての服装が描かれている。コマによっては肩や腋まで透けて見えてるようにも見える。
この長袖は同エピソード中で本居小鈴も同じような素材(仕立て)のものを着ており、人里における女性向けの夏服の仕立ての一つであるのかもしれない。

また、『鈴奈庵』単行本裏表紙(カラー)では袖色が黄色ではなく桃色に近い風合いとなっている。衣装の構成などから、これが上記の夏服のカラーの様子である可能性もある。

能力

一度見た物を忘れない程度の能力を持つ。

ただし転生の際に記憶の大半を忘れてしまい、それを何度も繰り返してきているため、前世の記憶はあまり残っていない。文献を読んで記憶することで今世の知識を深めることは可能で、実際に『鈴奈庵』の劇中で鈴奈庵から本を大量に借りては完全に記憶している。

二つ名

 初出は『Comic REX』2006年12月号掲載漫画『東方求聞史紀 〜記憶する幻想郷〜』より。
 角川書店『東方鈴奈庵』公式サイトにおいても阿求の紹介項にこの二つ名が示されている。

 『東方鈴奈庵』より

性格

登場した作品によって立場や出演方法が異なるため、複数の表情が見られる。
阿求が描かれる場合の大きなパターンは次の通り。

  • 「幻想郷縁起」など、記録・研究や・執筆などを通しての阿求(阿求本人が記述の第一者)
    • 『東方求聞史紀』、『東方求聞口授』など

  • 阿求が他者の視点から語られる場合(物語作中に登場する阿求)
    • 『東方鈴奈庵』など

記録・研究・執筆などを通して

阿求にとって「幻想郷縁起」の改訂や編纂などはその生の中心に据えられたテーマである。それは御阿礼の子としてその生を繰り返す中でも大切にしているものである。
そのため、「幻想郷縁起」そのものの編纂、さらにそのための取材や研究などには非常に積極的である。

その熱意は記述の内容にとどまらず一つの読み物としての性質の向上を目指すという姿勢にも現れている。
阿求は自身による「幻想郷縁起」の編纂に際して、言葉遣いの変更や章立てなどの構成、記述内容の方向性(対象者の生活や性格など、よりパーソナルな部分の記述)等についてより近代的な読みやすさを目指し、従来の「幻想郷縁起」路線に変化を加えたとしている。
横文字やイラストの積極導入もその一つとされる。

ここには「幻想郷縁起」をさらに良いものにしていこうという熱意と、転生を経ての長いキャリアを持ちつつも時代の流れを見、新しい試みを積極的に導入するという阿求のフレッシュな心性とが表れている。

加えて執筆だけでなくその調査(実地や文献など)にも積極的で、新しく幻想郷にやってきた実力者たちの会談を設定し、対話形式で生の声に接することによる新たな記録づくり(『求聞口授』)に挑んでみたり実際に記録対象者の生活圏やテリトリーといったものに飛び込んでみたり(『東方儚月抄』)と、実践的な高い行動力も見せる。

一方、その境遇に関する阿求の想いも語られており、自身の過去における悲しみや不安、あるいは未来への展望など、阿求という一人の人間の想いもまた同時に垣間見る事もできる(「幻想郷縁起」、独白項他)。

「幻想郷縁起」などにみる阿求の性格の一面については後述の「幻想郷縁起」の項または「幻想郷縁起」記事も参照。

なお、知識などは豊富であっても見るものについてはもちろん好みもあるようで、『鈴奈庵』においてとある経緯から小鈴が持ちこんだ絵巻の「地獄絵図」を見た際には、さすがに気分が悪くなったようである。
ただ、その後に小鈴がその書ととある一件の関係性を指摘すると真剣にそれに応じるなど、阿求の真面目な一面もまた現れている。

物語作中に登場する阿求

おもに『鈴奈庵』にて様々に活動する阿求が描かれており、先の阿求本人が記述の一者である場面とはまた違った阿求の一面を見る事ができる。

同作では小鈴が主人公であるため小鈴に関連しての登場となることが多いが、その際には小鈴と気兼ねなく話したり楽しそうにしたりと、明るく表情豊かな阿求の姿が見られる。
定期的に鈴奈庵の書物を資料としてレンタルしているようで、その返却についても阿求本人が返却に訪れ、小鈴との会話を楽しんでいる様子などが見られる。

また、自身が転生を繰り返す中で蓄積した記憶や知識には自信、あるいは誇りを持っている様子も描かれている。一方で、判らないこと、知らないことについてはきっぱりと判らない、知らないと言うこともある。

この他、その知識と経験が人里の人々に頼られることもあり、阿求もそれに応えて実際に人々の力になっているなど、自分が誰かの力になれそうなときは他者のために行動する姿も見られる。
とある経緯で小鈴が能楽について知りたいとしていた際には、小鈴から教授を頼まれたわけではないようながらも資料を広げて隣に座り、彼女に能楽の歴史について「 見てきた 」事も交えて語っている。

ただしこの流れの中で発した何気ない小鈴の一言が阿求の触れてはいけない部分に触れてしまったようで、詳細の記述はないものの、その後某かの苦労をした小鈴が描かれている。
笑顔ながら静かな迫力を放つ阿求が見られる場面である。

また時には楽しそうにその知識を身振り手振りを交えて楽しそうに語る快活な部分や、小鈴と冗談を言って笑ったりする場面も見られるなど、本人の性格の明るさに加え、感情表現豊かで活動的な面が多数の場面で披露されている。

人間関係

阿求と他のキャラクターとのかかわりとしては、先述の小鈴との仲に加え、次のようなものがある。

他の東方Project登場キャラクターとのかかわり

阿求は、「幻想郷縁起」を通してほとんどの登場キャラクターと接点を持つ、あるいはこれから持つ可能性が高い。特に博麗霊夢霧雨魔理沙などについてはその記述から『求聞史紀』の段階で接触がすでにある様子が伺える。
しかしその記述については好評価なものもある一方で「緊張感に欠ける」(霊夢)としたり、蔵書を盗まれないか警戒(魔理沙)したりと阿求らしいシビアなものもみられる。

一方的な記述ではなく対話の場面としては、『鈴奈庵』で登場した際に霊夢や魔理沙らとも直接話す様子が描かれている。各エピソードを見るに険のある様子は見うけられないが、魔理沙については本を堂々と盗まれることを警戒する様子が描かれている。『鈴奈庵』第一話冒頭で

また、上白沢慧音との関係においては、彼女が寺子屋で使う資料の大半は稗田家が纏めてきたものであるようで、慧音はその資料を活用して子どもたちを指導しているようである。
さらに慧音の能力も稗田家の蔵書には影響が及ばないようで、阿求によれば稗田家が保有する歴史・記録は稗田家が慧音の能力の干渉を受けずに独自に保有しているとのことである。

先述のように『鈴奈庵』では小鈴と共に描かれることが多く、小鈴と様々な形で交流する場面も多い。
阿求が鈴奈庵を訪ねたり逆に小鈴が稗田邸を訪ねたり、時には一緒に問題に挑んでそれぞれの力を合わせて解決に向けて奮闘したりする様子が見られる他、時には内々の相談をしたりと、二人はかなりフランクかつ信頼し合う間柄のようである。

『儚月抄』では紅魔館で行われたレミリア・スカーレットらが主催のロケット完成記念のパーティにも列席しており、多様な種族がある中で堂々とその輪に加わっている。
これについては「幻想郷縁起」の独白に、これに類する記述がみられる。

阿求が生まれた時は「御阿礼神事」として博麗神社で祝賀祭が行われたそうだが、この時の博麗の巫女が霊夢なのか先代だったのかは不明。

この他、阿求は後述の寿命とその転生に関係して四季映姫・ヤマザナドゥと設定的に深い関係がある他、八雲紫とも面識があったりと、先の「幻想郷縁起」の編纂者という意味も含め、人里だけでなく妖怪界隈にも顔は広いようである。

なお、『鈴奈庵』では頭に葉っぱを乗せたとある女性と直接話している様子が描かれている(ただし女性の方は人間に変化した姿)。

上記のキャラクター以外では、具体的なキャラクターの名前は不明ながら「花屋の娘」ともフランクな関係であるようで、「花屋の娘」は阿求の事を「 阿求ちゃん 」と呼び、自身が通う慧音の寺子屋に阿求は通学しないのかと尋ねている(『求聞史紀』)。


人里とのかかわり

阿求は先述のように妖怪に関する知識などについて人里の人々からも頼りにされているようで、『鈴奈庵』作中、人里で起きた怪異についてそれを行うような妖怪はいるだろうか、と人里の人々から相談を受けている。
さらに相談を受けて知識を提供するだけでなく、自ら率先してその怪異の解決に挑んでみるバイタリティも発揮しており、作中ではその知識を元に、稗田家に勤める女性たちとともにとあるレシピを再現している。

その後この怪異をもたらした元凶への罠として同レシピの成果物を設置するのだが、これは稗田邸の敷地内に設置したようである。

余談ながら、阿求はその完成品(液状)が入った甕を罠として設置する以前、小鈴にそれを見せるべく鈴奈庵に持ち込んでいるのだが、このとき、自身の胴体ほどはあろうかという大きさの甕を、1コマ分(小鈴の回想含めると2コマ分)とはいえ片方の脇だけで抱えて保持している。両手持ちや正面で抱きかかえるような保持の仕方ではない
甕の重量に加え、その八分から九分程まで液体の入ったそれを片方の脇だけで抱えるというあたり、阿求は意外と力持ちなのかもしれない。

同エピソードではこれを鈴奈庵に持ち込んで床に降ろし、一息入れて汗をぬぐった後は嬉々としてそのレシピについて語っており、阿求の溌溂とした、アクティブな一面も描かれている。

先代の「御阿礼の子」の活動

阿求以前の御阿礼の子が具体的にそれぞれどのような活動をしていたかについては「幻想郷縁起の編纂」ということ以外は不詳である。各代の名前こそ「幻想郷縁起」巻末にクレジットされている(『求聞史紀』)ものの、同作では阿一の時代の編纂の方向性やその意図が一部語られているだけであり、それ以外のこととなると未だ語られていないのである。
一方『鈴奈庵』において、いつの代の誰であるかは不明ながらその一部が語られている。

それによれば、とある経緯で道端に設置されていたあるマジックアイテムについて、その効用を鑑みて別の一般品と入れ替え、本物は回収し、稗田家で保管することとした。回収されたアイテムは作中で阿求が検品を行っており、過去の御阿礼の子と阿求との直接のつながりを実感させるものとなっている。

生活環境

阿求は人里にある大きな屋敷に住んでおり、ここには歴代の御阿礼の子を含む稗田家による蔵書が多数存在するという。
幾度もここを訪れた事のある様子である本居小鈴曰く、「 仰々しいお屋敷 」。
『鈴奈庵』ではその邸宅の一部が描かれており、和風建築の立派な門や中庭、何畳もある広間のようなスペース、あるいはそこほどではないがある程度の広さのある和室など、内部も立派な広さを持つ。
同作中で阿求を訪ねた小鈴が通された場所は広間のようなスペースである。

さらに表には「稗田」の表札もみられる。
稗田邸には護衛、家事、儀礼などのために複数人の使用人が出入りしており、人里における雇用の場にもなっているようだ。

また、稗田邸内では黒猫が複数回登場している。
飼い猫かどうかは不明であるが、登場した際はおとなしく座敷におり、小鈴が寝そべった時には胸元に登ったりと、人懐っこく穏やかな性格のようである。
この猫は、『鈴奈庵』単行本第一巻巻末の阿求にまつわる設定資料の頁にも描かれている。

この他先述のように紅魔館でのパーティに招かれて顔を出したりと、その活動範囲は人里に限らない様子である。

幻想郷縁起

稗田阿礼の最初の転生体であり、初代御阿礼の子である稗田阿一が編纂し始めた書物のこと。妖怪が跋扈する幻想郷において人間の安全を守るために編纂される書物であり、幻想郷で目立った妖怪について纏めている。
阿一(阿礼)はその後も縁起の編纂を続けるために転生を繰り返し、自らの子孫である稗田家に百二十~百八十年周期で現れては、編纂作業を行っている。稗田家にはこの編纂作業のための資料が大量に所蔵されており、九代目の阿求はこれらの資料を既に全て暗記しているという。

阿求の代で九回目となる幻想郷縁起の編纂だが、妖怪と人間の距離が近くなった現在の幻想郷ではかつてのように「人間を守るための書物」としての意義は薄れており、妖怪からのアピールも取り入れた「読み物」としての側面が強くなっている。そのため『求聞史紀』における独白では、自分がこれ以上転生してまで編纂を続けるべきか迷っている様子もある。

なお個別の記述に関しては次のような点もある。
阿求による「幻想郷縁起」では、判らない点を自分なりに想像・補完したり個人的な意見も交えていたりなどしている。そのため、ZUNの直接のテキストと設定的に齟齬がある記述も見られる。
一方でこれは同時に阿求というキャラクターの眼差しを通して見た東方Projectの世界観を語ることでもあり、作中登場人物がフラットな立場で世界を見渡した記述を体験できることを意味するものである。

また、妖怪の個別記事に関しては特に具体的な対策が挙げられている場合もある。
例えば何らかの理由でアリス・マーガトロイドと対峙した場合の狙い目や獣道を歩く時の妖獣(例えば)対策、八坂神奈子を怒らせてしまった際の対処などにおいてはかなり具体的な記述がみられる。

一方、状況によっては人間には対応できず、お手上げとなる場合もあることも記述しており、例えば魂魄妖夢の記述においては、妖夢から攻撃を仕掛けられた場合については「 人間に出来る事は念仏を唱えることぐらいである 」としている。
半分幽霊である妖夢にも念仏が有効があるかどうかの記述が無いため、これは積極的な対策の紹介とも、諦めるしかないことの表現ともとれる。

他、風見幽香や八雲紫など人間とは比較にならないほど強力な存在については、人間に採り得る唯一の方法として紳士的かつ節度を以て接する以外には無いと紹介している。

一見対策としては匙を投げているように見えるが、事前警戒の推奨、あるいは出会ってしまったときにどう行動すればよいかという意味でこれもまた妖怪に対する立派な対応策の紹介である。即ち「敵うと思ってむやみやたらに敵対的な姿勢をとらないように」という意味を含む。

この他、それぞれの記事には時に辛口なコメントも見受けられる。
例えばサニーミルクの項では、妖精一般の悪戯好きについて述べつつ、「光を屈折させる程度の能力」で普段は隠れてしまう彼女がある特定の場合には姿を現しやすいことを上げ、その際は「 普段の鬱憤を晴らすチャンスである 」としている。
またレティ・ホワイトロックに関しても同種の記述がみられる。
加えて森近霖之助の項では、香霖堂で取り扱っている商品について一部を除いて悉く一刀両断している。

寿命

転生が不完全なのか、転生による過剰な知性が負担となるのかは不明だが、どの転生体も30年前後しか生きられない。
そして次の転生までの100年あまりは地獄閻魔の下で働く。

東方Projectには人間以外のキャラクターが多く登場しており、そのため長命な存在である者が多い(不老不死や、そもそも亡霊だから死んでいるという場合もあるが)。その中では阿求は例外的に短い寿命が明記されている珍しい存在といえる。

転生を繰り返すため死を恐れる様子はないが、人間関係がそのたびリセットされるのを残念がっている。しかし、現在の幻想郷は妖怪とも友好的になっており、妖怪の知り合いが増えたことから次の転生でも知り合いがいると喜んでいるようだ。
このただでさえ短い寿命に、幻想郷縁起の執筆や転生の準備(数年の月日が必要なもの)などで忙殺されるため、人間らしい生活はほとんどおくることが出来ない。このことをもとに、二次創作では悲劇のキャラクターとして描かれることがある。

もっとも、転生も縁起の編纂も全て自分の意思で行っていることであり、寿命に関しても転生体としての人生を総合すれば、幻想郷における普通の人間よりは遥かに長生きしている方とされる
(阿礼から阿弥までで30年×9回=270年前後は生きていることになる)。
求聞史紀』などを見る限り、本人は自分の境遇に対してあまり不満は無いように見える。

なお、阿求の寿命は現実の時間経過に合わせて刻一刻と迫っている
阿求の生誕は天狗の暦で「第百〇九季 文月の一」、外の世界の暦に直すと1994年8月であり、
2006年の「幻想郷縁起」初版発行のときは、本人曰く「私はまだ10年とちょっとしか生きていません 九代目としては」とのこと(『記憶する幻想郷』)となり、
2015年の『鈴奈庵』26話では「いつも通りなら後十年も生きられるかってところ」となっている。
このまま時間が経てば2024年ごろに亡くなってしまう予定であるが、本人もできる限り長く生を謳歌したいらしく、石長姫(イワナガヒメ)を祀り長寿の祈願を行っている。

二次設定

輝夜&妹紅との関係

1.稗田阿礼=藤原不比等、という学説が実在する。
2.車持皇子(「竹取物語」で蓬莱の枝を持ってくる人物)の元ネタが藤原不比等
3.藤原妹紅の父は輝夜に恥をかかされた
4.上記の根拠から藤原不比等=妹紅父=稗田阿礼=稗田阿求
5.きっと妹紅LOVE(家族的な意味で)や輝夜LOVE(愛)に違いない!
とする、歴史学説から導かれたもの。1を大前提とする説である。

腹黒

幻想郷縁起で抉るような毒舌、特に妖精に対しては手厳しい物言いを書き記している。猛毒のような毒舌から、なにかを企んでいる悪役、腹黒属性として扱われる場合もある。もっとも、戦闘力が皆無のため戦いに持ち込まれる話にはなりにくい。
とある動画で阿求が言った「稗田なめんな」というセリフは一時期話題を呼んだ。

超病弱

確かに知性が高い分体が弱いと明記されている。この体の弱さを寿命として解釈するか、病弱な体を引き摺るように各地を巡ったか、具体的なところは判っていない(パチュリーの喘息のように、症状は明記されていない)。そのため受け取り手の解釈の幅が広く、『体育を貧血で休みがち~いつ死んでもおかしくない』レベルまでよりどりみどりである。

名前系バラエティ

諸星大二郎稗田礼二郎シリーズ風に描かれることも。

妖怪ハンター




彼女の外見について

実は絵師によって彼女の外見が別れてくる。
幼女っぽく描いたあなたはおそらく音楽CDや書籍関連からの影響。
もしくは、幼さを出して大人しい子供の雰囲気を出したいから。
・・・もしかして、ロリコン?。「このロリコンどもめ!」
少女っぽく描いたあなたはおそらく知性的ということでそういう雰囲気を出したいから。
もしくは容姿端麗になりやすいキャラな為、原作絵の幼い感じより長生きできないという設定を生かした儚げさを出したいから。
そこまで考えてる人はキャラよりも絵を描きたいという人。

このように、絵師によって幾分も外見が変わってくるキャラである。胸の大きさはともかくとして、ここまで身長や顔立ちまで変わってくるキャラは東方キャラがいくら多いと言えども彼女ぐらいだろう。

関連イラスト

笑顔のままで・・・
走馬燈
御阿礼の子と隙間妖怪
あ
あきゅー
二十年目のその向こう側
あっきゅん!
あっきゅん弾き語り



関連タグ

原作・本人関連

東方Project
東方求聞史紀 東方求聞口授 東方香霖堂 東方鈴奈庵
幻想郷の記憶 九代目のサヴァン
幻想郷縁起 幺樂団 御阿礼の子 阿礼乙女 稗田阿礼(東方Project) 稗田阿弥
阿礼の子供 人間の里 鈴奈庵
東方旧作 幺樂団の歴史
アガサクリスQ
関連のある人物
博麗霊夢 霧雨魔理沙 八坂神奈子 聖白蓮 豊聡耳神子
森近霖之助 本居小鈴

二次創作関連

愛称
あっきゅん AQN / aqn
イラスト系
長髪阿求ロング阿求) 眼鏡阿求 あきゅぱい 東方妖怪図 あ⑨ あきゅねこ EX阿求 ミニスカあっきゅん はだけ阿求
カップリング・グループ
れいあきゅ まりあきゅ あきゅぱちゅ けねあきゅあきゅけね) あきゅもこ 幽あきゅ あきゅえーき あきゅすず 阿霖 けねもっきゅん
幽あきゅは悠久の花
東方キャラの日・企画
10月9日は阿求の日
稗田阿求のオンリーイベント(同人誌即売会)
求代目の紅茶会

他の記事言語

Hieda no Akyuu

pixivに投稿された作品 pixivで「稗田阿求」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15799690

コメント