ピクシブ百科事典

究極神拳

きゅうきょくしんけんまたはふぇいたりてぃ

「モータルコンバット」独特の要素の一つであり、原作では正しくはFATALITY(フェイタリティ)と呼ぶ。試合決着時のみ発動可能な特殊技であり、大技で相手を惨殺するというもの。名前の由来は「北斗の拳」の「北斗神拳」か。

モータルコンバットで相手に止めを刺す行為「FATALITY」を日本語に訳したらこうなった。
最近はおしゃれ気取りのゲーマーが「フェイタリティ」なんて口にしているが日本人なら「究極神拳」と呼びたいではないか。
テーレッテーオーモーイーガーとは根本的に違うので混同しないように。左2つはあくまでも戦闘中に使える一撃必殺技である。

種類

究極神拳にも複数の種類がある。大別すると・・・
フェイタリティ(Fatality):文字通り相手に止めを刺す、凍らせて粉砕したり、連続攻撃で破壊したり、果ては爆弾で地球ごと爆破すると言った技も。
ステージフェイタリティ(Stage Fatality):相手を場外に落とし、剣山やマグマなどの地形で殺害する。ピット(Pit)とも呼ばれる。作品によってはトドメではなくただのリングアウト扱い(死亡はするが、次のラウンドで何事も無かったかのように復活する)。
フレンドシップ(Friendship):贈り物をしたり、一緒に踊る等、相手を殺害せず友好を示す。
ベイバリティ(Babality):相手を赤ん坊に変え、屈辱を与える。
アニマリティ(Animality)動物に変身し、本能のままに相手を殺害する。ただし3ラウンド目で「マーシー(Mercy)」を使って相手を回復させた状態でのみ使用できる。
ブルタリティ (Brutality) :フェイタリティの発展型。相手が粉砕されるまで殴るのを止めない。最新作『MKX』では特殊な条件下で必殺技等で倒すとそれがそのままフェイタリティになるという仕様になった。
ハラキリ (HARA-KIRI):厳密にはフェイタリティではなく、敗者側のみ使用可能。相手の強さに敬意を表し、止めを刺される前に自害する。名前に反して本当に切腹しているキャラはほとんどいない。
クリエイト・フェイタリティ (Kreate a Fatality):フェイタリティの発展型。次々と操作を行うことで、手動で連続技を繰り出し、相手を惨殺する。
ヒロイック・ブルタリティ (Heroic Brutality):「モータルコンバットvsDCユニバース」にて、スーパーマンバットマングリーンランタン等のヒーローキャラが使用。決め技を撃ち込むが、相手を殺害はしない。なお、本作でもモータルコンバット由来キャラや悪役キャラは容赦なく相手をFinish Himする。

pixivに投稿された作品 pixivで「究極神拳」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 244065

コメント