ピクシブ百科事典

立川談志

たてかわだんし

『立川談志』とは、江戸落語の名跡の1つ。
目次[非表示]

概要

江戸時代中期の明和年間から続く噺家名跡の1つ。後述する7代目によって特に世に広く知られる事となったため、一般的には立川談志の名称は7代目を指して用いられる。

7代目の逝去以降は継承者不在の空き名跡となっており、立川一門における事実上の止め名として扱われている。

来歴

1936年1月2日、東京府東京市小石川区に生まれる。1952年に東京高校を中退して16歳で5代目柳家小さんに入門し、本名の『松岡克由』(まつおか かつよし)から一字を取った前座名『柳家小よし』を名乗る。1954年の二つ目に昇進に際して『柳家小ゑん』(-こえん)に改名後、1963年の真打昇進で名跡『立川談志』を襲名。本来であれば7代目に当たるが、本人の意志によって5代目の公称を一貫する。

1966年5月15日に演芸番組『金曜夜席』の後番組として発案、企画した『笑点』を開始し、1969年11月まで初代司会者を務める。

1971年に第9回参議院議員通常選挙に全国区から出馬し、無所属で初当選を果たすが、直後に自由民主党に入党。1975年に沖縄開発政務次官に就任するも、以前に変わらぬ辛辣な嫌味を含んだ発言を重ね、遂には二日酔いのまま出席した記者会見の場でその姿に激昂した記者の「公務ととどちらが大切なんだ!」との問いに対して「酒に決まってんだろ!」と返した一件が決定打となり、在任36日で辞任すると同時に自由民主党を離党。

1983年に落語協会の真打昇進試験制度を巡って実の師匠であり協会会長の5代目小さんと対立し、協会を脱退して独自の落語家組織『落語立川流』を創立する。協会の脱退によって定席への出演禁止、即ち事実上の開店休業状態に追い込まれ、寄席以外の場で落語会を設ける草の根活動を展開して徐々に大規模な会場での一門会、独演会を開催する「寄席に依存しない異色の落語家」として活躍する一方、その自由度を最大限に利用して進出したタレント、コメンテーター、レポーター業などで見せる理論武装の毒舌と不意に現れる純朴な人柄で人気を博す。

その後もテレビラジオ雑誌などを通じて活動を続けるが、50代半ばに差し掛かった頃から老いに対する悩みや焦りから鬱病を患い、それに伴う睡眠薬の常用や自殺願望を公言するようになる。1997年と1998年の2度に渡って食道癌の摘出手術を受け、2008年に発症した喉頭癌(声門癌)を境に服薬や定期通院による在宅療法に努めたものの、2010年11月に癌の悪性進行が明らかになると「死ぬまで落語を続ける」とする意志を固辞して声門摘出を拒否する。

病状の進行から少しずつ声が出なくなる中にあっても体調管理を続けて精力的に活動し、2011年3月6日に生涯最後の高座となる『蜘蛛駕篭』を演じた2週間後の3月21日に入院。2011年11月21日14時24分、喉頭癌により病没。享年75。

戒名は、生前の自身の案による『立川雲黒斎家元勝手居士』(たてかわうんこくさいいえもとかってこじ)。

人物

8代目桂文楽、5代目古今亭志ん生、6代目三遊亭圓生、5代目古今亭今輔、8代目林家正蔵など名手と謳われた先人の技術を多角的に分析し、その息と間の妙、語り口の特徴を巧みに織り交ぜた端正な話術に加え、多芸多才の中で落語に次いで得意とした講談の技量を併せて二つ目の小ゑん時代から稀代の才覚を存分に発揮する。

特に、講談の腕前も問われる噺『源平盛衰記』については初代林家三平曰く「小ゑんはアタシから『源平』を教わってたった3日で覚えたが、後にアタシが『源平』をやる際に小ゑんに稽古を付けてもらった時は思い出すのに1週間かかった」とする逸話が残されており、芸事に対しては自他共に妥協を許さない姿勢を徹底しているため、立川流独自の厳しい昇進基準や弟子への対応、自身に対する痛烈な叱責という形でも色濃く反映されている。

また、落語そのものを哲学的、あるいは感覚的視点から観察し、「落語とは人間の業の肯定である」「狂気と冒険」とする独自の持論を提唱すると同時に、時代背景をそのままに口伝で受け継がれてきた故の弊害となった「古典落語と現代社会の乖離」による落語の衰亡を誰よりも早くから憂い、自身を含む立川流の命題と位置付けて現代に通用する落語の在り方を積極的に模索し続けた。

新作こそ書き下ろさなかったが、古典を現代に通じるものとするために幾度と無く手を加えては高座に掛け、他の落語家のアレンジが自身の感性に響くものであれば使わせてもらうべく深々と頭を下げ、演目中の符丁や用語などに詳細な解説を加える「落語を講義する」という前代未聞の枕やくすぐりを取り入れるなど、独創的なアイデアと数限りない実験成果によって立川流のお家芸とも言うべき自由闊達な芸風を確立した。

一方、立川志の輔を始めとする直弟子が総じて「人格は最低だが芸は最高」と評するように、洒落と本気の区別が付かない突飛な行動で周囲を困惑させ、気に入らないことがあれば江戸訛りで捲し立てる歯に衣着せぬ発言が目立つアクの強い人物像が先行し、その上で誰に憚ることなく好き嫌いを明言する独立独歩のイメージが強く、テレビやラジオといった広域公共放送の場であっても規制を無視した発言やネタ(陰部、麻薬、国際問題、凶悪犯罪者など)を平気で用いるために放送関係者からは煙たがられる存在であり、落語を披露する番組以外では「極めて扱いの難しい芸能人」の代名詞として君臨し続けた。その中で、強烈な洒落を帯びた感性や芸風、周囲の批評に物怖じしない行動理念に同じ匂いを持つ毒蝮三太夫ビートたけし爆笑問題(太田光)を特に可愛がった。

これらについては、生前の本人曰く「ジャリ(子ども)の時分から世の中ってぇものを常に斜めから見ているひねくれ者なんですよ」と語っており、この視点から見て感じた世情の疑問や矛盾に対して納得の行くまで答えを求めなければ気が済まず、そのためには誰が相手であろうとも衝突や反目、孤立を辞さない姿勢を貫く性分だったからだとしている。

しかし、自身の戦争体験から物のありがたさ、特に食に対する感謝の念は人一倍強く、自ら購入した田畑で毎年欠かさずに稲作を続けて手作りの米を食し、冷蔵庫の残り物で作った弁当を持参して食事を済ませ、時には弁当とは別に用意した手作りの料理を差し入れとして振る舞うなど、「食品や食材を無駄に捨てる」という行為を極端に嫌った。

談志理論

  • 芸術は模倣より生ずる

「芸事に天性のセンスが必要なのは当たり前で、それだけに頼らずに技術を練磨しなければ本物にはならない。しかし、その研鑽の方法にも良し悪しがあり、的確な技術を効率的に磨くのであれば、名人が名人たり得る技術を徹底的に研究しなければならない。ただし、折角の研究内容をそのままの形で出すだけでは単なる猿真似に過ぎず、それを手がかり、足がかりとして己の芸に反映させなければならない。」

  • 落語とは人間の業の肯定である
「落語に登場する出演者は、誰もが間違いなく一個の知的生命体である。知的生命体とは『己を彼と区別して理解する自我を持つ存在』を指し、そうである以上は生きる苦しみ、死への恐怖、老いの辛さ、病の不遇などの不条理な宿業を背負っていて然るべきである。それを完全に理解した上で清いも汚いも包み隠さず己の全てを曝け出す、即ち業の肯定によって落語は初めて出演者の息遣いをも感じさせるドキュメンタリーとして完成するのである。」

  • 狂気と冒険
「人間というのは馬鹿な動物だからこそ生きていく上で無数のルールを己に課し、その決まり事に従って世の中を渡り歩いて行くものである。しかし、得てして物事の本質はそうして作り上げられた常識の外にこそ転がっているもので、それを探し出すためには冒険が必要となる。世間の目から見れば一般常識から逸脱した奇行は狂気の沙汰としか映らないだろうが、常識の外を歩き回るにはそれを押し通す揺るぎない冒険心が不可欠である。つまりは、狂気がモノを言う。」

落語立川流

立川談志を中心とし、家元制度を導入した非法人落語家組織。

入門に際して3つのコースから選択し、上納金制度があるなど独自の体制を持つ。各コースにはそれぞれの昇進制度が設けられているが、基本的には昇進試験に立川談志本人や近しい者が審査員として参加するため、基本条件を満たした上で審査を通過しないと昇進を認められないという他に類を見ない非常に厳しい基準を持つ。

7代目の逝去に伴って創立当初の体制は全廃となり、他の落語家組織同様の制度に改まる。

Aコース(落語家コース)

落語を生業とする落語家育成専門コース。

  • 入会金10万円。見習い・前座・二つ目は月謝2万円、真打は月謝4万円(真打昇進後、総納入額270万円に達した者は支払満了となる)。
  • 見習い・前座に明確な内弟子期間は設けず、希望者は自身で頃合いを見て二つ目昇進試験に臨む。
  • 二つ目昇進試験の受験者は落語50席に加え、都々逸・長唄・かっぽれなどの歌舞音曲の習得を基本条件とする。
  • 真打昇進試験の受験者は落語100席に加え、より多くの歌舞音曲の習得を必要とする。
※「持ちネタが2つでも客を爆笑させることができればよい」とする特例の真打昇進条件も存在したが、これを満たした者は1人も現れなかった。

Bコース(著名人コース)

すでに他の職業に従事して活躍し、且つ高座に臨めるほどの落語を学びたい者に対して用意された芸人コース。

Bコースの門弟にはビートたけし(立川錦之助)、高田文夫(立川藤志楼)、ミッキー・カーチス(ミッキー亭カーチス)などが名を連ねており、これには「Aコースの門弟とは違った形で落語を後世に伝える責務を担う人物を確保する」という立川談志の思惑が込められている。

  • 入会金10万円、月謝2万円

Cコース(一般人コース)

入会金と月謝を払えば誰でも入門できる特殊なコース。

ただし、どれだけ実力があっても落語家や芸人としての道は用意されておらず、いわゆる名義貸しのような存在であるため、専業の落語家を目指すとなればAコースへの再入門を必要とする。

  • 入会金2万円、月謝5千円

pixivに投稿された作品 pixivで「立川談志」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35653

コメント