ピクシブ百科事典

競泳水着

きょうえいみずぎ

競泳水着とは、競泳用水着のことである。 狭義では水泳競技(競泳・飛込競技・水球・シンクロナイズドスイミング)のうちの競泳に用いる水着のこと。 また広義には、競泳以外の水泳競技に使用する水着や、フィットネス用水着を含めることもある。
目次[非表示]

形状

速さと泳ぎやすさを追求するため、縫製やカット、表面処理に様々な工夫が施されている。
2010年現在、公式大会においては、男女供に丈が膝まであるスパッツ型の物が主流である。
これは、以前は水の抵抗を抑えるために、なるべく肌の露出する面積を大きくする傾向にあった(Tバックのタイプも存在したらしい)が、素材・縫製等の改良により、人の皮膚よりも水着の生地の方が水への抵抗が低くなったためである。
一時期(2008年頃)はスピード社のレーザーレーサーのように、ほぼ全身を覆う形状が主流になりつつあったが、現在は公式大会での使用は禁止されている(後述)。

現在女子用のものは、スパッツ型、ハイレグ型問わず、背中を部分を大きく丸く切り抜いた、俗にXバックやOバックと呼ばれる形をしているが、正式には「フライバック」という(競スクも参照)。

競泳水着とか



男子用はブリーフ型のもの、女子用はフライバックにハイレグカットのものがpixivの投稿では多数派だが、それはそれらに性的フェティシズムを感じる人間が多いためである。

素材

抵抗軽減のため、ごく薄い素材が用いられる。
一般的にはポリエステルを主材にポリウレタン等を混紡した繊維で作られており、撥水性や密着性、伸縮性などを考慮し、あらゆる工夫がなされている。
こちらも一時期は、ラバー素材等の非繊維系素材が使われたこともあったが現在では公式大会での使用は禁止されている。

メーカー

高度な開発能力と製造技術が必要とされるため、スクール水着ほどには製造メーカーは多岐に渡っていないが、近年大手以外のブランドも勢力を強めつつある。
代表的なメーカーは次のとおりである。

arena(アリーナ)・・・フランス
SPEEDO(スピード)・・・イギリス
asics(アシックス)・・・日本
DESCENTE(デサント)・・・日本
MIZUNO(ミズノ)・・・日本
DIANA(ディアナ)・・・イタリア
NIKE(ナイキ)・・・アメリカ
adidas(アディダス)・・・ドイツ
ellesse (エレッセ)・・・イタリア
Jaked(ジャケッド)・・・イタリア(日本ではフットマーク社が製造・販売)
Yingfa(インファ)・・・中国
blueseventy(ブルーセブンティ)・・・ニュージーランド
TYR(ティア)・・・アメリカ
KOZ(コーズ)・・・日本

etc etc・・・

なお日本のDESCENTE(デサント)はarenaブランドで商品を展開しているが、開発・製造から自社独自のものであるため、デサント開発の水着(NUX、シンレボリューション、エールブルー等)はFINAの登録上は「DESCENTE」で登録されている。

規定

国際水泳連盟(FINA)や日本水泳連盟により厳格に規定が決められており、規定を満たし公認を受けた水着を着用しなければ公式大会には出場できない。
ここでは2010年度のFINA公認水着の規定を紹介する。

A.覆われる面積
メンズに関しては、ヘソより上及びヒザより下を覆う水着であってはならない。
ウイメンズに関しては、首・肩・ヒザより下を覆う水着であってはならない。
→ つまり、メンズはハーフスパッツ、レディースはヒザまでのショートジョンタイプが主流となるだろう。

B.素材
繊維素材のみとする。 → 布帛・ニットはOK。 ラバー・ポリウレタンは禁止。

C.表面加工の禁止
繊維素材に備わる本来の通気性を阻害するものであってはならない。
→ 表面のパネルやプリントの禁止。(レーザーレーサーとハイブリッドは禁止。)
マーク加工は指定サイズ内のみOK。(詳細は検討中)

D.平坦素材の使用 素材は平坦なものとし、うろこなど突起した形状や構造をもたないこと。

E.厚み 最大0.8mmまでとする。

F.浮力 0.5ニュートン以下。

G.透水性 素材はすべて80L/�/秒以上の値を持つものとする。

H.重ね着の禁止 サポーター・あて布も禁止。
ただし、男性の股間部分や女性の胸部分は透け防止の二重構造が部分的に許可される。

スクール競泳水着

形態は競泳水着だが、学校体育用のスクール水着スク水)としてしたてられた、敢えて呼称するなら「スクール競泳水着」とでも言うべきものも存在する。
素材は、本格的な競泳水着ほど高性能なものを使用していないことが多い。

スク水&スポブラの女の子



スクール水着スク水

学校体育で使用されるスクール水着には、過去競泳水着に使用されてきた構造を受け継いでいるものが多い。
旧々型スクール水着(旧々スク)は30〜50年代、旧型スクール水着(旧スク)は60〜70年代、新型スクール水着(新スク)は70年代、競泳型スクール水着(競スク)は80年代初期の競泳水着の構造を受け継いでいる。
前述のスクール競泳水着も、80年代中盤以降の競泳水着の構造を受け継いだものである。
またスクール水着にスパッツ型(セパスクユニスク)が登場したのも、競泳水着にスパッツ型が採用された後のことであり、関連を見い出すことができる。

関連イラスト

霧矢あおいねえさん
アキラ2016
15 years after …③
スポーツタオルと水着
競泳モネ
ハイレグ学園(仮)
スク水ミラと競泳ミュゼ
プールの味



別名・表記ゆれ

競水 競泳用水着

別名・表記揺れ

競泳用水着 競水

関連タグ

スポーツウェア
水着 … 関連タグのまとめあり
スクール水着 … 関連タグのまとめあり

スイムキャップ 水中ゴーグル

フリーバック レーシングバック フライバック スーパーフライバック
スコーパー
スパッツ型競泳水着 レーザーレーサー
競スク(競泳スクール水着) フロントジッパー競泳水着 / 例の競泳水着
競泳パンツ / 競パン ブーメランパンツ
水球水着

水着ジャージ / ジャージ+競泳水着
競パン娘

水泳選手 水泳少女 水泳少年
水泳部 スイミングクラブ / 水泳クラブ スイミングスクール / 水泳教室

ウォータースポーツ 水泳 競泳

特定の作品・キャラクターに関するタグ
ケンコー全裸系水泳部ウミショー
七咲逢 カスミ

東方競泳水着東方Project
競娘艦隊これくしょん

pixivに投稿された作品 pixivで「競泳水着」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 52305991

コメント