ピクシブ百科事典

竹下登

たけしたのぼる

日本の政治家。第74代内閣総理大臣。第12代自民党総裁。

日本政治家。第74代内閣総理大臣、第12代自民党総裁(在任昭和62年11月~平成元年6月)。

実家は島根県の造り酒屋で、同地の大富豪、田部家(山陰中央テレビのオーナー)の支援を受け、父の跡を継いで衆議院議員となる。

昭和最後、平成最初の内閣総理大臣である。それ故に、昭和天皇の大喪の礼を取り仕切った。自民党史上最大の勢力を誇った田中派→竹下派の領袖であり、政権当初は最も盤石な政権とされた。

消費税導入、ふるさと創生事業などを手掛けたが、国民にはいずれも評判がはなはだ悪く、支持率は急降下。リクルート事件がダメ押しとなり退陣した。

退陣後も竹下派領袖、後の小渕派後見役として政界の大物として君臨したが、派閥は橋本龍太郎・小渕恵三を中心とする小渕派と、羽田孜・小沢一郎を中心とする羽田派に分裂し、後者は後に平成5年以後の政界再編の源流の一つである新生党を結成して派閥のみならず自民党を集団離党している。

次女と元毎日新聞記者との間に漫画家の影木栄貴、ミュージシャンのDAIGOの姉弟がいる。DAIGOは消費税導入を決めた張本人の孫ということで、学校でも随分と責められたという。

2回結婚しており最初の妻は自殺で喪っている。この経緯で様々な噂に苦しめられたり、自殺直前の妻を怒ってしまった後悔から以降彼は「他人を怒らない」よう心がけていたという。しかし宮澤喜一東京大学卒であることを自慢する悪癖持ち)から早稲田大学出身である事を馬鹿にされたときだけは激怒していた。
遠縁だった後妻との間に娘は3人おり、DAIGOの義伯父にあたる人物は同じく田中派の大物金丸信の長男である。この金丸の長男と竹下の長女との間に生まれた初孫もまた、かつて同人誌の出版に携わっていた同人作家であった。三女は大手ゼネコンの家に嫁いでいる。

息子はおらず、病気のために政界引退後は父・勇造が後妻との間に儲けた22歳年下の異母弟・(平成26年9月から復興大臣)が地盤を継いで衆議院議員となった。
平成12年6月19日に76歳で病死。


関連タグ

政治 平成 消費税 島根県
田中角栄 橋本龍太郎 小渕恵三 小沢一郎
ウーパールーパー

pixivに投稿された作品 pixivで「竹下登」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1009

コメント