ピクシブ百科事典

竹中半兵衛

たけなかはんべえ

戦国時代の武将。斎藤家・織田家に仕え、羽柴秀吉の参謀として活躍したことが有名。
目次[非表示]

史実

  • 生:天文13年9月11日(1544年9月27日)
  • 没:天正7年6月13日(1579年7月6日)


竹中重治(たけなか しげはる)は戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。初名は重虎、のちに重治。「竹中半兵衛」の通称で有名。美濃菩提山城城主として斎藤義龍に仕え織田信長美濃進攻を食い止める働きを見せた。永禄六年、織田家と争った新加納の戦いでは指揮に於いて目覚ましい働きを見せたとされる。
戦国時代を代表する軍師として知られ豊臣秀吉の参謀として活躍し、黒田孝高(黒田官兵衛)とともに二兵衛(或いは両兵衛)と並び称されたが、実際に史料を見てみると「竹中重治が自らでもって指揮なり作戦立案なりで武功を立てた」という記述は存外と少ない。
が、重治の場合はそれを補って余る二つの武功がある。

一つは斎藤義龍死後、永禄七年(西暦1564年)二月、義龍に代わって美濃を継いだ美濃国主、斎藤龍興に突如、謀反の旗を翻し(理由については諸説有り)、僅か十六名(十七名とも)の手勢により難攻不落の稲葉山城(後の岐阜城)をわずか1日で占拠した事である。
織田信長はこの動きに対し、竹中重治に美濃半国の知行で自身の幕下に入るよう招聘を掛ける(簡単に言えば「城を譲り渡せば美濃を半分やる」と申し出た)が重治は是を固辞。半年ほど占拠した後で稲葉山城を元の持ち主である斉藤龍興に返却し、自身は浪人となって近江湖北浅井家の家臣、樋口直房の元に身を寄せた。是が戦国史上、類を見ない下克上事件、稲葉山城乗っ取り事件である。
その後、重治は樋口家からの職も辞して早々と旧領に隠棲するも、姉川の役を前後して豊臣秀吉の誘いで織田家の家臣となり、浅井家への縁故を通じて調略や秀吉の城番として政務に力を発揮した。

さて、もう一つの右に出ることがない武功というのは、年が下って天正六年(西暦1578年)、羽柴秀吉播磨攻略戦の最中、突如として離反した荒木村重の説得に有岡城へと赴いた小寺孝高(黒田官兵衛)が音信不通となり、孝高主家の小寺政職も織田家から離反したことより「孝高の逆心必定(寝返った)」と織田信長は判断し、孝高から預かっていた人質の松寿丸(後の黒田長政)殺害を秀吉に命じる。
しかし重治は「孝高の離反あるまじき事」と判断し、偽の首を秀吉に献上させて織田家を欺いたのである。
果たして重治のこの判断は的中し、小寺孝高は織田家への忠義を貫き一年もの間有岡城にて軟禁されており、落城時には足腰の衰えから自力による歩行も困難で、後に障害が残る程であったが、逆にその硬骨さを評価されて小寺孝高は黒田孝高へと名を変えると、献策に指揮にと鬼のような辣腕振りを発揮するのである。主家を欺いてまで黒田孝高の才能を見抜き、彼を救命した慧眼は見事の一言に尽きる。
が、この孝高を織田家へと繋ぎ止めた(孝高の子に男子は長政しか居なかった)判断に対して、有岡城の落城から孝高が救出されたのは天正七年(西暦1578年)十月十九日以降であり、重治は自身を侵す肺の病が寿命を蝕んだと悟り、療養先の京都から播磨三木城の陣中まで出向き、天正七年六月十三日に没していた。享年三十六歳。
黒田孝高は如何にしてこの恩に報いればいいのかと涙を流し、重治の子である竹中重門の庶子が福岡藩黒田家の重臣として招聘されている(重門と長政は、長政が重治の自領に匿われていた時に面識を持つ幼馴染みである)。

その容貌、婦人の如し」と記録にあるように、体が弱く見た目は痩身で女性のようであり、出陣するときも静かに馬に乗っているだけだったという。
ただし、個人的武勇が劣っていたかといえばそういうわけではなく、剣術も皆伝レベルの腕前だったとか。

戦国無双シリーズ

俺、天才


一見、あどけない少年だが天才的な采配センスを持つ。
CV:庄司宇芽香
詳しくは→竹中半兵衛(戦国無双)

戦国BASARAシリーズ

【戦国BASARA】はんべ様うおおおおおお!!!


豊臣秀吉の親友で、豊臣軍の最高軍師。
CV:石田彰
詳しくは→竹中半兵衛(戦国BASARA)

関連タグ

戦国BASARA 豊臣秀吉 前田慶次
豊臣軍 友垣 秀吉親援コンビ 二兵衛 州・д・)人ζ・×・ζ

織田信奈の野望

竹中半兵衛


「今孔明」と呼ばれる程の兵法家であり陰陽師でもある。病弱で人見知りの少女。
CV:小倉唯
詳しくは→竹中半兵衛(織田信奈の野望)

戦国大戦

「1560尾張の風雲児」では斎藤家時代の武将として参戦。レアリティはSS(戦国数寄)。
「1570魔王上洛す」では織田家武将として参戦。レアリティは最上位のSR。
他にもPixivコンテストから採用されたイラストのSS、EXキャンペーンで配布予定のEXと合計4種類存在する。

ここではpixivで多く掲載されているSR仕様と、コンテスト入賞作のSS(BSS)仕様を解説する。

SR仕様解説

はんべええ!



秀吉の与力という形で、織田家の武将として参戦。
二つ名は逸話通りの「今孔明」。
36歳で病没した事を踏まえてか、カードイラストは儚げな美青年として描かれている。

台詞周りは、『兵は神速を尊ぶ……攻め手を休めぬよう』(開戦時)と言う「軍師」の顔や、
『ここが死に場所ですか……』(撤退時)と、「陣中で死ぬこそ武士の本望」と秀吉に言った逸話を反映したものがある。

スペックは、コスト2、武力5/統率11の弓足軽で、特技は「攻城」と「制圧」と「魅力」。
「今孔明」と称された逸話から、三国志大戦諸葛亮を彷彿とさせる計略「今孔明の軍法」を使用する。
掛けた部隊数に応じて「武力+攻城力+虎口攻め威力期待度アップ」(1部隊)「武力アップ+加速」(2部隊)「武力アップ」(3部隊)「兵力回復」(4部隊以上)の4パターンの効果を発揮できる。
味方の数に応じて臨機応変に戦うことができるのは諸葛亮と同じだが、計略を使うたびに自分の兵力を失うという、元祖にはない特徴がある。早逝した史実を反映したためと考えられる。

織田家では織田信長を凌ぐ最高の統率力11を誇り、大筒の維持などで活躍できるが、武力が低いうえに計略で兵力を失いやすいため過信はできない。

「お望みならば、我が知を授けましょう。
   ただし信長ではなく……あなたに」

BSS仕様解説

竹中半兵衛



二つ名は「天賦の才」。
上の画像がそのままカードにされている。

台詞周りは、『俺の采配の前には、お前など赤子同然』(計略使用時)や、『戦う前から分かっていただろ!』(虎口攻め成功)など、SR仕様と比べて力強さが際立つ。

スペックは、コスト2、武力5/統率11の鉄砲隊で、特技は「攻城」と「制圧」と「魅力」。
要約すると弓足軽から鉄砲隊に兵種が変わったことになる。
計略も同様のため、運用法も同様だが、兵種の変化に伴って直接的な戦力になりやすくなっている。
また、Ver1.Xまでは兵力の基本上限が弓足軽は120%程度あり、鉄砲隊は100%までしか無かったため、自傷効果の影響でSR仕様の後塵を拝む立場だったが、Ver2.0になって以降、全部隊の兵力が均一100%になり、立場は同等になっている。

「我が策をもって
  殿を天下へ導いてみせましょう」

他の記事言語

Takenaka Hanbei

pixivに投稿された作品 pixivで「竹中半兵衛」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19447216

コメント