ピクシブ百科事典

竹槍

たけやり

竹槍とは、竹を棒状に加工し一方の先端を鋭く斜めに切っただけの、槍を模した簡素な武器。
目次[非表示]

概要

日本東アジアの亜熱帯地区などでは古くから使用されている。
場合によっては槍先を火で炙って硬度を上げたり、油を塗って刺突の際の滑りを良くしたりする。
ただし、元が植物だけに耐久性は非常に低く、一度か二度刺すと使えなくなってしまうらしい。

日本における竹槍

の堅さと加工のしやすさに加え、竹の自生する土地の多い我が国では、戦国時代からその存在が確認されている。
主に農民などが百姓一揆なのどの強訴に打って出るときに使用され、大っぴらに武器の持てない農民にとっては貴重な戦力であった。

明治時代以後は廃れていったが、第二次世界大戦で日本国内の物資が困窮し、本土決戦の様相が濃くなると、一般市民の武器として再び注目される。
有名なのは竹槍訓練と呼ばれる連合国軍兵士に見立てた人形に竹槍で攻撃する練習で、政府指導の下でおこなわれ、士気高揚を促そうとした。
またこの頃、竹槍に爆薬を詰めた対人用爆竹槍や、ロケット花火の要領で飛ばして敵爆撃機を落とす対空用爆竹槍など、冗談のような兵器が本当に開発されており、結局は本土決戦に至る前に日本が降伏したため、陽の目を見ることなく廃棄された。

  • あくまで都市伝説の類だが、土浦霞ヶ浦海軍航空隊基地を空襲に来た艦載機に女子挺身隊が竹槍を放ったところ、プロペラに命中し破損、機体は筑波山に激突したという噂がある。

一方、しなる上に硬い竹は金属の精密部品に食い込むと簡単に破壊してしまうことが多く、戦車のキャタピラが狙われ突っ込まれ外され往生こく例が散見された。竹槍・木槍によって破壊された戦車は結構な数になるらしい。
日本では本土決戦で使う前に降伏したが、ベトナム戦争ベトコン側がそっくり真似た。

落とし穴


また、落とし穴トラップに用いた例もあった。(画像はイメージ)

フィクション世界での竹槍

竹やり


ドラゴンクエストシリーズで初期装備として「たけざお」という名前で登場し、ひのきのぼうと並ぶ弱小武器の代表として安価に購入できる。
名称が「たけのやり」に変わった以降からではこんぼうに近い数値になり、どうのつるぎなどの序盤での中堅武器を手に入れるまで使用するプレイヤーも多く、お世話になる期間は長い。

いっき 権べ


サンソフトから発売されたファミコンゲーム『いっき』の主人公の数少ない武器としても登場している。

サワタリ=サン


スリケンカラテの応酬であるニンジャスレイヤーでもフォレスト・サワタリが(一応)竹槍を扱うキャラクターである。
彼の持つ竹槍「バイオ・バンブー」はの4倍の強度があり、カラテにおいて上位に立つはずのニンジャスレイヤーを追い詰めた。

関連イラスト

一揆衆
戦って、死ね。



関連タグ

武器   農民 一揆
暴走族車両に「竹槍マフラー」(金属製)を取り付けるものもある

pixivに投稿された作品 pixivで「竹槍」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 368704

コメント