ピクシブ百科事典

笑い男

わらいおとこ

笑い男とは、アニメ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』のキャラクター、または作中の根幹をなす事件である。
目次[非表示]

概要

セラノゲノミクス社社長アーネスト瀬良野(セラノ)誘拐と、その後のウイルスプログラムをばら撒くという手口を使った、マイクロマシンメーカー6社に対する脅迫、もしくはこのサイバーテロによる事件を指す。
なお、正式名称は「広域重要081号事件」。

事件内容

2024年2月1日、瀬良野が誘拐され同時期に身代金100億と金塊100㎏が要求された。この時点では身代金が常識外の、一般的な誘拐事件だと思われていた。

2024年2月3日、警察庁会談直前の天気予報TV生中継現場に拳銃を持った謎の青年と瀬良野が現れ、謝罪するよう瀬良野に要求した。青年は駆けつけた警官を見て逃走、瀬良野は解放された。
現場にいた全ての人々や駆けつけた警察官の電脳、AIつきのロボットカメラ、更には逃走経路にあった監視カメラなどの画像機械の記録にいたる、全てのネットワークにつながるものに記録された自分の顔を、過去にさかのぼってまで、「笑い男マーク」に書き換えられていた。

その後、ウイルスを使って大手企業を次々と脅迫。さらに各地に「笑い男マーク」を出現させ世間を騒がせた。

その後被害に遭い売上げが落ちたメーカーへ政府が公的資金を導入。その際に何故かセラノ社のみ資金が少なかった。公的資金導入を受けて犯人は事件収束宣言を発表し行方を晦ませ、事件は迷宮入りした。

センセーショナルな事件に世間は笑い男一色に染まり、「笑い男マーク」がTシャツにプリントアウトされ、数々の関連グッズが販売され、映画ライブにまで使われ、社会現象にまでなっている。

真相

瀬良野誘拐事件とそれ以外の事件とは、犯人は全く別である。
誘拐事件の犯人はアオイという、特A級のハッキング技術を持つ青年。

偶然「電脳硬化症」(脳細胞が徐々に硬化していく不治の病)の特効薬を巡る黒い噂の真相が書かれた論文を発見したアオイは、正義感から関係者の瀬良野に対し真実を公表するよう脅迫。それに応じない瀬良野をハッキングし誘拐した。
3日間にわたり討論を繰り返すうちに公表の約束を取り付けるが、直前になって瀬良野が逃亡しようとし、これに対しアオイは拳銃で脅迫。これが2月3日の事件の真相である(制作陣曰く全くの偶然の結果とのこと)。

この事件を利用したのが警察上層部やそれと繋がりがある政治家や自衛に影響力を持つ政治家・薬島だった。
「笑い男」を騙って大企業への脅迫を繰り返し、世間を扇動するために大々的な工作活動を行った。頃合いを見計らい脅迫された企業へ公的資金導入の代わりに裏金を要求し、それが達成されたため事件の幕を引いた。
瀬良野には余計な発言をしないように、警護の名目で監視を付け軟禁状態に置いている。警護役の警官にはインターセプターと呼ばれる監視カメラ的なナノマシンを仕込んでおり、もちろん事実は伝えていない。

目的を達成できなかったばかりか自分が起こした犯行を利用し私腹を肥やす悪が居るという事実に、アオイは絶望し、事件から手を引き行方を晦ませた。
その後紆余曲折を経てS.A.C時点では授産施設に忍び込んでいた。

事件発生から5年後、トグサの元同僚の刑事経由で公安9課が事件の真相を知るべく調査を開始する。これがS.A.Cの中心となる。

関連イラスト

攻殻機動隊 アオイ
ウォールペインティング



関連リンク

笑い男編の真相(yahoo! 知恵袋)
Wikipedia

関連タグ

攻殻機動隊STAND_ALONE_COMPLEX 犯人 事件 アオイ
草薙素子 バトー トグサ 荒巻大輔 イシカワ サイトー ボーマ パズ タチコマ

pixivに投稿された作品 pixivで「笑い男」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 500481

コメント