ピクシブ百科事典

笑点

しょうてん

笑点とは、日テレで放送されているお笑い番組である。 50年以上続いており、テレビ番組としては最長寿番組のひとつに数えられる。
目次[非表示]

チャンチャカチャカチャカ〜、チャンチャン♪♪
チャンチャカチャカチャカ〜、チャンチャン♪♪

概要

日本テレビ系列で毎週日曜日の夕方に放送しているお笑い番組。
前半は漫才、コント、落語などの演芸で、後半は、大喜利となる。場合によってはこの大喜利を指して「笑点」と呼ぶこともある。
なお、この編成になったのは最近のことである。
通常は後楽園ホールで収録されるのだが、年に3〜4回全国のどこかの都道府県に出張し、2週に渡って放送する「地方収録」がある。この地方収録、ネット局から収録の依頼が殺到している状態である。そのため激しい誘致競争に勝ち抜くため、開局周年記念で行われることがほとんどだが、関西地区での地方収録が行われていない。これは関西エリアのネット局である読売テレビが地方収録の依頼を出さないことが原因と考えられているが、名誉司会者の桂歌丸の著書で大阪府寝屋川市で公録を行った際、読売テレビ側がきちんとした対応をとらなかったということで局と出演者たちの間で対立が起きた」というエピソードが紹介されており、それが原因ではないかという説もある。

OPで流れている『笑点のテーマ』も有名だが、実は放送当初は歌詞が付いていた。
だが歌っていた当時の笑点メンバーがあまりにも下手くそだったために数回でボツになり、以降は曲のみが流れる事となった。これは後に『トリビアの泉』で取り上げられ、一躍話題となった。
なお、笑点のテーマの最後に「パフッ♪」と鳴るのは実は演奏上本来は存在しない音でありアクシデントであったが、タイミングが良くマッチした為そのままになった逸話がある。

大喜利

司会者がお題を読み上げ、メンバーがそのお題に沿った回答をしていき、いい答えには座布団をあげ、悪い答えには逆に座布団を没収している。
座布団の権限はたいていは司会者にあるが、座布団運びまたはメンバーの気分であげたりとったりする場合もある。そして見事に座布団10枚を達成したメンバーには、「キーワード」に因んだご褒美が与えられる。

座布団10枚の達成者・ご褒美一覧(歌丸政権のものを載せる)

キーワード達成日達成者ご褒美の内容
芸は身を助ける2006/12/24好楽レイザーラモンHGコスプレ
天災は忘れた頃にやってくる2007/4/22楽太郎韓国済州島で天才ゴルフ少女と対決
花より団子2008/3/9昇太輪島功一執筆の掛け軸
耳をすませば2008/12/14昇太5代目圓楽の笑い声が録音されたボイスレコーダー
渡りに船2009/9/6たい平ベトナムで小舟に乗っての旅行
身から出た錆2009/12/20昇太ワサビのはみ出た寿司
瞳を閉じて2010/5/30木久扇カッパドキアトルコへの旅行
至福の時2011/6/56代目円楽台湾温泉掘りの旅行
会いたかった2012/4/8好楽足ツボマッサージ付きマット
晴れたらいいね2012/8/12たい平テント
人のふりみて我がふり直せ2013/4/14木久扇徳島阿波踊り
日テレ開局60周年2013/12/1小遊三巨大な歌丸人形(汐博2013の「幸福の歌丸師匠スライダー」で使用されたものと思われる)
おもてなし2014/6/8,6/15たい平(6/8)、木久扇(6/15)※横浜にある歌丸行きつけの蕎麦屋で、歌丸からのおもてなし
銀のさじ2014/11/16好楽日本テレビ社員食堂永久無料券(特大パネルが現物)
笑点50周年にふさわしいものすごい商品2015/5/17たい平日本テレビ地下3階・日本テレビの番組の記録写真が保管されている部屋の鍵。その部屋の中にある貴重な記録写真の中から1枚もらえる。
笑点50年にふさわしい『超』ものすごい商品2016/5/8昇太、6代目円楽、たい平、木久扇50万円の『南部ぼうき』で、次週放送の50周年記念特番の際の掃除を歌丸より命じられた。
※2週連続の10枚達成は番組史上初と思われる。

なお、歌丸が5代目圓楽の代理として司会を務めていた2006年5月7日放送回(2015回)には、たい平が「少年よ大志を抱け」のキーワードにちなんで(?)タイから空輸してきた石、即ち「タイ石(証拠写真付き)」を獲得している。また、小遊三については、5代目圓楽が最後にレギュラーで司会を務めた2005年10月16日放送回(1988回)で「明日は明日の風が吹く」にちなんで、5代目圓楽の自宅押し入れから出てきた10年前の扇風機を獲得して以来、長らく10枚獲得がなかった。しかし、2013年12月1日放送回で10枚を獲得し、司会を歌丸が実質的に継承してから8年経って、漸く大喜利メンバー全員が座布団10枚獲得をなしとげた。
2015年5月24日からの賞品のキーワードは「笑点50周年にふさわしい超ものすごい商品」。

2016年5月22日放送回で、桂歌丸が最後の大喜利司会を務め、次代司会に春風亭昇太を指名した。

また、その年の最後の放送になると「年忘れ大喜利大会」と題し、3VS3のチーム対抗で大喜利を行うこともある。5代目圓楽政権では、毎回チーム編成が変わっていたが、歌丸政権では、「木久扇・好楽・小遊三」の年寄りチームと、「6代目円楽・昇太・たい平」の若手チームに固定されている。
2011年終了時点での戦績は以下の通り。

第1戦目(2007年)年寄りT ○-× 若手T
第2戦目(2009年)年寄りT ×-○ 若手T
第3戦目(2010年)年寄りT ×-○ 若手T
第4戦目(2011年)年寄りT ×-○ 若手T

本来、大喜利は寄席での余興であってその日の出演者達へのアンコール演目である。

メンバー

笑点・大喜利メンバー
タクティクス大喜利


現在の出演者(2016年5月29日現在)

司会者

名前出演期間司会在任期間
春風亭昇太(6代目司会者)2006年5月14日 - 2016年5月29日 - 

メンバー
名前出演期間
林家木久扇(旧名:初代林家木久蔵1969年11月9日 - 
6代目三遊亭円楽(旧名:三遊亭楽太郎)1977年8月28日 - 
三遊亭好楽(旧名:林家九蔵)1979年9月9日 - 1983年10月9日、1988年4月3日 - 
三遊亭小遊三1983年10月16日 - 
林家たい平2004年12月26日 - 
2代目林家三平(旧名:林家いっ平)2016年5月29日 - 

座布団運び
名前出演期間
山田隆夫1984年10月7日 - 

過去の出演者

司会者
初代司会者 7代目立川談志
2代目司会者 前田武彦
3代目司会者 初代三波伸介
4代目司会者 5代目三遊亭圓楽
5代目司会者 桂歌丸 (現終身名誉司会者) 1966年5月15日 - 1969年3月30日、1969年11月9日 - 2016年5月22日

レギュラーメンバー
初代柳亭小痴楽(のちの2代目春風亭梅橋
林家こん平(休演中)
4代目三遊亭小圓遊
柳家かゑる(現:5代目鈴々舎馬風
三升家勝二(現:8代目三升家小勝
柳家さん吉
三遊亭好生(のちの春風亭一柳
春風亭栄橋
2代目三遊亭歌奴(現:3代目三遊亭圓歌
4代目三遊亭金馬
柳家小きん(のちの6代目柳家つば女
6代目三遊亭圓窓
三笑亭夢之介
古今亭朝次(現:7代目桂才賀

座布団運び
三升家勝松(現:4代目桂文字助
毒蝮三太夫
三遊亭笑遊(現:5代目三遊亭圓遊
初代三笑亭夢丸
小野千春
ヨネスケ
松崎真

余談

1987年6月、笑点の前座枠にて放送された『NNNニューススポット』のオープニングで笑点のテーマが流れる放送事故が発生した。

笑点の座布団は一般の座布団より重く作られており、重ねて座った際に崩れにくくなるようになっている。その為、座布団運びでまとめて数枚持って行く場合、特に没収時は結構な重量になるという。

関連タグ

テレビ番組 落語 座布団一枚

pixivに投稿された作品 pixivで「笑点」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 740342

コメント