ピクシブ百科事典

第四次世界大戦

だいよじせかいたいせん

第四次世界大戦とは、アインシュタイン博士の言ったとおり、石と棍棒から始まる戦争。
目次[非表示]

概要

石と棍棒から始まる戦争とされる。
要は第三次世界大戦が勃発した場合恐らく核戦争となり、その結果の文明崩壊によって、
その次に起こるであろう第四次世界大戦は原始人同士の争い(もしくは北斗の拳のモヒカン的な)に逆戻りするであろうという皮肉・警鐘である。

人類が多少なりとも生き残ってるだけマシなのかもしれない(そもそも人類が絶滅して別の種族が台頭したのかもしれないが…)

言葉のあやとして

冷戦を第三次世界大戦とみなす立場からは対テロ戦争を第四次世界大戦と呼ぶことがある(Wikipedia)。

関連タグ

アインシュタイン 世界大戦

外部リンク

第三次世界大戦 - Wikipedia

コメント