ピクシブ百科事典

筑肥線

ちくひせん

福岡県と佐賀県を結ぶJR九州の一路線。一部区間では福岡市営地下鉄と相互乗り入れをしている。
目次[非表示]

JR九州の路線のひとつで、姪浜~唐津、山本~伊万里間を結ぶ路線である。(唐津~山本間は唐津線で繋がっている)

概要

かつては、博多駅を起点に福岡市内を横断して姪浜駅へ、唐津市内も虹ノ松原駅から旧東唐津駅でスイッチバックして山本駅と結んでいたが、1983年3月22日に博多~姪浜間は電化(車両基地のある関係上、唐津線西唐津まで)および福岡市営地下鉄との相互乗り入れと引き換えに、虹ノ松原~山本間は唐津市内の高架化および電化と経路変更(虹ノ松原駅から松浦川への架橋による唐津駅への直接乗り入れ)と引き換えに廃線となった。これにより、筑肥線は分断された。(ただし1983年の経路変更から1987年の国鉄分割民営化直前までの間、唐津駅~山本駅間は筑肥線と唐津線の二重戸籍区間としたが、分割民営化後は再び唐津線単独区間に変更された)

現在は、姪浜~唐津間が直流電化、筑前前原まで複線化されて福岡市営地下鉄空港線と相互直通運転している。【※相互直通運転は筑前前原または筑前深江までで、それ以西はJR車両の片乗り入れとなっている】現在は、九州大学のキャンパス移転が沿線で行われており「九大学研都市駅」を新設して九大生の利用を促進している。また、JRの路線では天神博多福岡空港方面へ直通で行ける事から、交通の便は非常によい。

なお最大のライバルは前原や唐津に地盤を持つ昭和バス(昭和自動車)で、電化時こそ国道202号を走る一般路線バスしかなく筑肥線が優位に立っていたが、国道202号バイパスの整備や西九州自動車道(福岡前原道路)と福岡都市高速との直結により前原行きと唐津行きの高速バスが増便されしのぎを削っている。

一方、山本~伊万里間は非電化で、唐津(または西唐津)~伊万里間でワンマン運行している。終点の伊万里駅では松浦鉄道と接続しているが、線路は繋がっていない。国鉄時代は同一の駅であったが、松浦線が第三セクター化されてしばらくした後2002年に駅を分断されてしまった。

かつては博多から筑肥・松浦・佐世保・大村・長崎線経由の急行「平戸」(博多~東唐津~山本~伊万里~平戸口~佐世保~早岐~大村~諫早~長崎)が存在したが、1983年の福岡市内区間廃止の際に唐津始発に変更、1988年の松浦鉄道開業時に廃止となった。

駅一覧

姪浜駅~唐津駅・(唐津線)西唐津駅間(電化区間)

駅名快速快速乗り換え路線備考
平日土休日
姪浜福岡市営地下鉄空港線(福岡空港駅まで直通運転。)
下山門福岡市交通局姪浜車両基地所在
今宿
九大学研都市
周船寺ここまで福岡市内
波多江
筑前前原複線区間はここまで
美咲が丘
加布里
一貴山
筑前深江福岡市交通局の車両はこの駅まで乗り入れ
大入
福吉
鹿家ここまで福岡県
浜崎ここから佐賀県
虹ノ松原
東唐津
和多田
唐津
  1. 唐津線(久保田方面)
  2. 筑肥線(伊万里方面)直通列車
西唐津唐津鉄道事業部唐津車両センター所在


(唐津線)唐津駅・山本駅~伊万里駅間(非電化区間)

駅名乗り換え路線備考
唐津筑肥線(姪浜方面)
鬼塚
山本唐津線(久保田方面)
肥前久保
西相知
佐里
駒鳴
大川野
肥前長野
桃川
金石原
上伊万里
伊万里松浦鉄道西九州線


廃止区間駅一覧

博多駅~姪浜駅間

※筑前高宮駅付近から鳥飼駅付近までの区間は道路になった。

駅名乗り換え路線備考
博多鹿児島本線/山陽新幹線
筑前簑島駅近くに九州松下電器の本社と事業所があり通勤利用客が大変多かった。跡地は遊歩道になった
筑前高宮西鉄大牟田線(西鉄平尾駅)跡地は西鉄バスの営業所になったのちスーパーマーケットになった
小笹跡地は公園とパチンコ店になった
鳥飼跡地は城南区役所と城南保健所になった
西新福岡市営地下鉄空港線西新駅とは距離が離れていた。跡地はコンビニエンスストアや老人ホームになった
姪浜

虹ノ松原駅~山本駅間

駅名乗り換え路線備考
虹ノ松原
東唐津(旧)スイッチバック駅。営業当時は実質的な唐津市の中心駅であり、東唐津気動車区や博多車掌区の支区などがある運行上重要な拠点でもあった。跡地はホテルになった
跡地はガソリンスタンドになった
久里跡地は公民館になった
山本筑肥線(伊万里方面)/唐津線


使用車両

JR九州電化区間

JR九州・気動車

福岡市交通局

  • 1000N系:筑前深江・筑前前原~福岡空港
  • 2000系:筑前深江・筑前前原~福岡空港

pixivに投稿された作品 pixivで「筑肥線」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5092

コメント