ピクシブ百科事典

紅蓮聖天八極式

ぐれんせいてんはっきょくしき

『コードギアス 反逆のルルーシュR2』に登場するナイトメアフレーム。 ブリタニア軍に鹵獲された紅蓮可翔式をロイドとセシルが半ば趣味的に全面改修した強化型。
目次[非表示]

紅蓮聖天八極式は、『コードギアス 反逆のルルーシュR2』に登場するナイトメアフレームである。

概要

紅月カレンが搭乗する機体の最終型。
外観は、紅蓮可翔式の面影を残しつつも大幅な変貌を遂げて、趣味に走った過度のハイスペック追求がなされ、超高性能機として完成した。
背部には飛翔滑走翼に代わって、フロートシステムとブレイズルミナスを複合させた新型フロート『エナジーウイング』が装備されている。

出力60%でラウンズ専用機を圧倒し、出力100%でブリタニア軍最強のランスロット・アルビオンを上回るスペックを誇る。
欠点として乗りこなせるパイロットが非常に限られていることが挙げられる。
現時点でコードギアスシリーズにおける最強のナイトメアフレームと言える。

漫画版『双貌のオズO2』において、ロイド曰く「サグラモールアマネセールの実働データに触発されて作った」との事。おそらくこれらの機体から得た実働データも本機の開発に使用されたと思われる。

名前の由来

「聖天八極式」の名称は、起動画面に表示された、

  • Superlative(最高の)
  • Extruder(突き出す)
  • Interlocked(結合された)
  • Technology (テクノロジー)
  • Exclusive(唯一の)
  • Nexus(結び)
(意訳:最高の突き抜けた科学技術が結合された唯一のハイブリッド機体)
の頭文字と「EIGHT ELEMENTS(八つの要素)」を、篠崎咲世子が日本語として訳したことに由来する。

武装

  • 呂号乙型特斬刀

紅蓮弐式の時点から装備されている短刀。刀身がMVS(メーザーバイブレーションソード)化しており、以前よりも飛躍的に破壊力が増している。

  • 飛燕爪牙/スラッシュハーケン
KMFにおける共通装備。名前こそ同じだが、性質は大きく変化しており、切断力を特化させたタイプを肩部に2基搭載している。資料によって表記が異なる。
  • 輻射推進型自在可動有線式右腕部
徹甲砲撃右腕部をブリタニアの技術で改良し、ガウェインのスラッシュハーケンの技術を用いる事で、右前腕部を有線射出・飛行させる機能を追加した「ロケットハーケン」として完成した。
出力もハドロンブラスターを受け止めるほどに強化されており、可翔式の輻射波動機構を継続して使用できる他、輻射波動を円盤型に収束して投げつける事も可能。
  • エナジーウィング
セシル考案の新型フロートユニット。本機のは赤紫の8枚羽になっており、エネルギー翼で機体を包む事で超高速突撃も出来る。

関連イラスト

紅蓮聖天八極式

どうだろう?


関連タグ

コードギアス 紅蓮弐式 紅蓮可翔式 紅月カレン ランスロット・アルビオン

pixivに投稿された作品 pixivで「紅蓮聖天八極式」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37035

コメント