ピクシブ百科事典

紅贄の儀式

あかにえのぎしき

PS2ゲーム「零~紅い蝶~」に登場する用語の一つ。

概要

PS2ゲーム「零~紅い蝶~」に登場する用語の一つ。
虚を鎮めるために行なわれる儀式。
双子は一人の人間が分かれて産まれてきたとされ、その双子の姉(兄)が妹(弟)の首を絞めて殺したときにひとつに戻りその時に生じる力で虚を鎮めるというもの。
この儀式を行う双子は「双子巫女」と呼ばれ男の双子で行う場合は「双子御子」と記される。
また、儀式は必ずしも成功するわけではなく、樹月睦月のように失敗することもある。
成功した場合、姉(兄)が妹(弟)を殺したときについた両手の痕は、蝶になって村の周りを飛ぶ。(この蝶が儀式の成功を判断するものとなる。よって、村を飛び回る蝶の数=過去に儀式が成功した数となる)
紅い蝶の正体は、儀式によって殺された妹(弟)の魂であり、残された身体は虚へと落ちる。(投げ入れられる?)
このとき殺した側である姉(兄)は「鬼隻」と呼ばれる。

※皆神村では(その当時は?)後に生まれた方を姉(兄)と定めていた。つまり本編でいうと、プレイヤーであるが、皆神村での場合双子の姉ということになる。

関連タグ

零~紅い蝶~ 紅い蝶 儀式 双子 首絞め
桐生茜桐生薊立花樹月立花睦月黒澤八重黒澤紗重
天倉澪天倉繭

pixivに投稿された作品 pixivで「紅贄の儀式」のイラストを見る

関連商品

関連商品をもっと見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40612

コメント