ピクシブ百科事典

緋色の欠片

ひいろのかけら

『緋色の欠片』は、アイディアファクトリー(オトメイト)から発売されている恋愛アドベンチャーゲーム。キャラクターデザインおよび原画はカズキヨネ。
目次[非表示]

概要

FD「緋色の欠片~あの空の下で~」、続編「翡翠の雫 緋色の欠片2」「蒼黒の楔 緋色の欠片3」がある

緋色の欠片

物語

主人公の春日珠紀は、両親の海外転勤を機に、祖母が住む母の実家に移ることになり引っ越した。だが、着いた村で珠紀は突如カミサマと呼ばれる奇妙な生き物達に襲われる。珠紀を救ったのは、不思議な能力を操る鬼崎拓磨という少年だった。祖母は、彼女を村に呼んだ理由を打ち明ける。それは、先祖代々続く「玉依姫」の使命として鬼斬丸という刀の封印をすることだった。村に鬼斬丸の力を狙う異形の集団「ロゴス」が集まってくる中、珠紀を守るように守護者と呼ばれる少年達が現れる。戸惑いつつも彼らに支えられ、珠紀は玉依姫としての使命に目覚めていく。

登場人物

メインキャラクター


翡翠の雫

物語

主人公の高千穂珠洲は、綿津見村で龍神と人との調和を促す「玉依姫」候補として育てられた。だが、あるきっかけにより龍神が暴走し、巫女である母と姉代わりである八坂真緒を失った珠洲は、母の後を継ぎ玉依姫となる決意をする。ある日、行方不明になったはずの真緒が妖として現れ、玉依姫が持つ神器の「勾玉」を渡すよう珠洲に迫ってきた。

登場人物

メインキャラクター


蒼黒の楔

物語

舞台は「緋色の欠片」から1年後の夏。主人公と守護者たちの住む季封村に異変が起こる。異変を探るうちにその原因は判明するが、主人公と守護者たちは再び世界の終わりを食い止めるため戦いに挑むこととなる。

登場人物


ヒイロノカケラ

物語

最新の技術に恵まれた寒名市に住む主人公・藤森沙弥。平穏な日々が続く中、「玉依姫」を教祖として仰ぐ「天意百道」という宗教団体が現れる。それは主人公も気づかないうちに少しずつ動き始めた。クラスメイトの死から始まり、その手に刀を握る少年との出逢い、そして主人公は「玉依姫」だと告げられ・・・

登場人物


白華の檻

物語

白華舞う、罪の物語。 世の終わりを司る剣]を封印し、それを守り続けることを宿命とする、一人の巫女―――玉依姫。自らの背負うに苛まれる日々の中、彼女はとあるカミとの邂逅を果たす。その者は自身の存在をだと語る。を背負った者たちの行く末は、いかなるものか。白華舞う平安の世を舞台に、古の玉依姫の物語が今幕を開ける。

登場人物


アニメ

2012年4月から6月に1期が、10月から12月に2期が放送された。

主題歌

第1期

オープニングテーマ
「ねぇ」
作詞・作曲・歌 - 藤田麻衣子 / 編曲 - 虹音

エンディングテーマ
「この手で抱きとめるから」
作詞 - 藤田麻衣子 / 作曲・編曲 - 増田武史 / 歌 - 喜多修平

第2期

オープニングテーマ「高鳴る」
作詞・作曲・歌 - 藤田麻衣子 / 編曲 - 虹音

エンディングテーマ
「君だけを」
作詞 - こだまさおり / 作曲・編曲 - 渡辺拓也 / 歌 - 喜多修平
「宝物」
作詞・作曲・歌 - 藤田麻衣子 / 編曲 - 大野宏明

挿入歌
「恋に落ちて」
作詞・作曲・歌 - 藤田麻衣子 / 編曲 - 西野誠

関連イラスト

緋色の欠片3蒼黒の楔


暑いっ
ツヴァイ/緋色の欠片


鬼崎拓磨



関連タグ

乙女ゲーム オトメイト 2012年春アニメ

pixivに投稿された作品 pixivで「緋色の欠片」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1582689

コメント