ピクシブ百科事典

編集合戦

へんしゅうがっせん

編集合戦とは、戦争の一種でありWikipediaなどの「誰でも編集できるサイト」ではほぼ必ず発生するものである。
目次[非表示]

概要

編集合戦wikiなど、「複数のユーザーが自由に編集可能なサイト」ならばどこでも起こりうる状況であり、通常価値観心情の異なる二人以上の編集者が存在して発生する。
この状況は、ある編集者が他の編集者の意見を無視して、「自分自身の意見やメイン画像及び形式の変更を優先して記述を行う」こと、あるいは「もともとあった記述やイラスト等を削除」をする。その変更が他者により修正されたとしても同一の記述にまた差し戻す。以降これが繰り返される。

また、この状況が発生すると、編集者同士の誹謗中傷が発生することがあり、事例としてはピクシブ百科事典(旧pixpedia)に存在する「初版や現状で荒らしとして存在する作者ページ」の大多数がこれによるものであると推測される。

解決法

これらの状況をコメント、すなわち「他者を交えた話し合いによる」手段により議論することが最良の解決法であり、もしくはメッセージ等による当事者同士の対話により議論して解決できればそれは良い事であるが、通常この状況を引き起こす人物は「人の話を聞かない」場合が見受けられ、この状態が継続する場合が存在する。

そのような状況に陥った場合、運営はこの状況が発生している記事自体を保護したり白紙化することや、第三者の通報などの手段により、アカウントの書込み禁止やブロック認証されないユーザーや特定IPの編集禁止記事の保護などの手段がとられることを期待するしかない。

ピクシブ百科事典における状況

ピクシブ百科事典においてもやはりこの状況は発生している。多いパターンとしては、「ピクシブ百科事典に不必要であると思った記事を白紙化」、「自分の作成編集した記事を他の人が修正したが、それを気に食わないと差し戻す」「記事を整理したが、それを荒らしとみなされた」という事例が多いと思われる。
また、何らかのヘイト誹謗中傷が含まれる記事に関しても行われることが多いが、その場合はおおむね「どちらかのユーザーがアカウントを停止される」結果に終わっているが、複数アカウントを取得して継続する場合が存在する。

ピクシブ百科事典においては編集合戦のみによるアカウントのブロックは確認できない、むしろ他者への誹謗中傷や大量白紙化などの迷惑行為、あるいは複数アカウント利用が疑われる場合などの規約違反を含む場合のみである。記事の保護については少ないがこの記事があげられるが、よく「荒らしの思惑通りの状態で保護される」ことがある。運営仕事しろ

編集の競合

編集合戦と似て非なるものに「編集の競合」が存在している。これは特定の記事で複数人が同時に編集作業をしていた場合に発生する。
仮にAとBという二人の編集者がいて、先にAが編集を開始し、その作業中にBも同じ記事の編集を開始したとする。そして先に始めていたAの編集が完了し投稿され、その後でBも編集を終えて投稿すると、Aの変更は無効になり、差し戻された形になってしまう。

ドラえもんは藤子不二雄の漫画作品である。元の記事文。ABともにこの状態から編集を開始している。
ドラえもんは日本の漫画家、藤子・F・不二雄の漫画作品である。Aが「日本の漫画家、」「・F・」を加筆して投稿。
ドラえもんは藤子不二雄の漫画作品およびそれを原作にしたアニメの題名、そしてそれに登場するロボットの名前である。Bが「およびそれを原作にしたアニメの題名、そしてそれに登場するロボットの名前」を加筆して投稿。作業としては加筆しかしていないのだが結果的にAの加筆の「日本の漫画家、」「・F・」は除去されてしまっている。
これは編集合戦と異なり故意の行為ではない。Wikipediaアンサイクロペディアあたりだと「編集の競合が発生しました」などの発生告知メッセージが出て、後から編集を終えた側の投稿に一旦ストップがかかるようになっているが、ピクシブ百科事典にはそういった防止システムが無いと思われ、この状況が発生しても後から投稿した者が自分でそれに気づく事が出来ない。

そのためもしも自分の編集の直後に他人の編集があり、自分が加えた編集内容がすっかり元に戻っているような事があっても、いきなり編集合戦と決めつけず編集競合である可能性も考えることが必要である。

解決へのヒント

この状況となった場合、おそらく当事者のみではこの状況は解決しません。まずは「編集合戦の経緯」をまとめて、信頼できる第三者を交えて掲示板等の「他人の目に見えるところ」による話し合いによる解決を目指すべきでしょう。また、明らかに片方に問題がある場合運営通報各種手段をとってもらうべきかと思われるが、運営は動かないことがよくある

他のサイトでは

ちなみに他のサイトでこれが行われた場合、ウィキペディアでは「ブロックの対象となる(参考)」行為である。アンサイクロペディアも同様である。ユアペディアは特殊で先編集主義とそれと異なる内容を記述可能なフォークというシステムが存在する。
また、他のwikiなどでは管理者や運営による編集制限やアクセス制限などのペナルティがかけられる場合が存在する。
+

過去および現在した編集合戦

この項目では過去に発生した、あるいは現在発生中のこの行為に関して記述を行う。

過去発生したもの

本来の記事はpixivおよびピクシブ百科事典における迷惑ユーザーを列記したものであるが、誹謗中傷が発生しやすく、私怨などの一般には認めがたい理由でここにユーザーを加えたり、記述された本人が腹を立てて記述を消去したりするなど、収拾のつかない状態に。
その結果、2014年4月ごろに「批判を受けたユーザーの一覧」を新設し、この記事は新記事への誘導記事とすることが決まった(事実上の白紙化)のだが…。

つい最近DMMでサービス再開した御城プロジェクトであるが、サービス一時休止前後には関連の記事をむやみに白紙化したり内容に対する誹謗中傷を行ったり、それを報復といわんばかりに復元したりなど、某その1某その2が同時に発生し戦国時代の様な編集合戦を行っていたとされる。
記事の記述自体はそう変化していないが、メイン画像がおよび関連画像がころころ変化するところが問題となっている(エロいイラストを特定ユーザーが使用し、それを他のユーザーが差し戻す)。
有名な荒らし外部リンク:ゲームカタログ参照)によるもの。最終的に関連記事の白紙化による保護となった。
特定ユーザーによる荒らし行為であり、キャラクターの誹謗中傷および白紙化が行われた。なお、ぽいぬなども同ユーザーにより荒らされていると推測される。結局白紙化で保護となり、荒らした側の勝利となった。
あるユーザーとその他の争い。この記事は保護により編集合戦は終了した。
編集履歴が流れていて不明。編集者が退会およびアカウント停止のため終了と思われる。
この記事に関してはいろいろな意見があるため編集合戦が起こりやすかったと思われる。編集履歴の最後のほうでは刀剣乱舞関連で記述がわかれ発生した模様。現状はそれらが解決したため編集合戦は行われていない。
特定ユーザーによると思われる白紙化荒らし2013年ごろから2014年にかけて発生。状況であるがログを見てもよくわからない。
一部からのメインヒロイン(笑)扱いについて言及するかどうかを巡り、2016年5月ごろ編集合戦が発生。
 関連キャラクターの例のひとつが繰り返し削除されたことから数か月にわたる編集合戦となった。2016年8月にキャラクターの一覧そのものを撤去する形で収束。
削除と復帰の繰り返し。一応片側が引いたことで決着。

現在発生中の編集合戦

上記の「吐き気を催す邪悪(ユーザー)」を白紙化して新たに作成された記事。前記事での反省点を踏まえて追記等に厳密なルールを定めており、ユーザー批判に関しては単独の記事を作成しないこともローカルで決められた。
しかし、この記事においても結局同様の行為が繰り返されていることに加え、批判記事を一本化したことで記事の更新が頻繁に起こることになってしまい、かえってユーザー批判が目立つ結果になるという本末転倒な事態を引き起こしてしまった。
このため、ユーザーの間では記事を新設したことそのものを疑問視する意見も多数存在している。

この項目はキャラクターへのヘイトを含む上、独自研究の面も否定できない。そのため、「あるキャラクターを加えるかどうか」や「記事の分割を行おう」といった考えや「そもそもこの記事自体不要である」という考えが存在し、編集合戦が発生することがある。
2016年現在においてはおそらく複数アカウントを用いて白紙化するユーザーおよび現状への復帰を行うユーザーにて発生している模様である。詳しくは吐き気を催す邪悪纏めを参考に
この弁護士に関しては詳細を記述すると確実に本人および依頼者個人情報が絡むこと、また彼らへの誹謗中傷などが行われやすいことや恒心教の人間が暗躍していることが問題となっていた。プライバシーの侵害にもなり現在、唐澤貴洋関係の記事はほぼ白紙化状態で編集保護されている。
また、アルスマグナはこの弁護士がらみで第三者が作成した著作物を使用したことを記述するユーザーとそれを削除するユーザー編集合戦が発生したこともある。
詳しい事はわからないが細かい表記に関する問題。
僭称からくるタグをどのように扱うのかによることによる編集合戦。
多重アカウントユーザーによる編集の強行による編集合戦。ポケスペに関しては編集保護に追い込まれている。

記事編集者への警句

貴方が現在利用しているピクシブ百科事典は、「貴方だけではなく他のユーザーが存在し、みんなが利用している」サイトです。すなわち、「誰かに編集される可能性がある」ということです。
もし貴方が自分の意見を述べたいだけならば、第三者が自由編集でき、それが認められるピクシブ百科事典のような公の場ではなく、自分のサイトホームページブログ、あるいはpixiv小説投稿機能など、「他者が容易にいじることの出来ない場所」で行うべきでしょう。
己のみが正しいと思うなかれ。他者の意見に寛容であれ。
また、この状況を見た場合「どの編集者問題を引き起こしているのか」を判断し、そのユーザー、あるいは双方を運営通報することも時には必要となります。
誰が悪いか、その判断は過去の同様事例が役に立つことだろう。

関連リンク

Wikipedia:編集合戦 - Wikipedia
編集合戦 - ニコニコ大百科
編集合戦 - アンサイクロペディア
リバート合戦 - アンサイクロペディア
編集合戦 - はてなキーワード

関連タグ

wiki 記事 編集
戦闘 無限ループ 白紙化 不要記事
ピクシブ百科事典 迷惑行為 アカウント停止 インターネット百科事典

pixivに投稿された作品 pixivで「編集合戦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13756

コメント