ピクシブ百科事典

織田信勝

おだのぶかつ

織田信勝とは、戦国時代の武将(1536?~1557) 一般には信行の名で知られる。その他にも逹成、信成などと名乗っていた記録が残っている。
目次[非表示]

概要

尾張の大名織田信秀の三男として生まれる。生年については不明な点が多い。
奇行の多かった同母兄織田信長とは対照的に、品行方正で家中の信望は高かったという。そのため、実母の土田御前にもかわいがられていた。
父の死後は織田家の当主が代々名乗っていた弾上忠の位を信長を差し置いて名乗るようになり、兄に対抗するようになった。
二人の性格の違いは、後に事件を起こした叔父信次への対処で明確になる。

ある日信次が狩りをしていた際、その横を騎乗のまま通り過ぎようとした若武者がいた。家臣の一人がこれを無礼として威嚇の射撃を行ったが、誤って射殺してしまう。その若武者というのは実は信長、信勝の同母弟織田秀孝であり、それに気づき驚愕した信次は出奔してしまう。
これに激怒した信勝は信次の城下を焼き払うが、信長は無防備だった秀孝に非があるとした。
この事件で一族の繋がりを重視した信勝の方に家中の期待が集まるようになる。

家督を継ぐ機会を窺っていた信勝は、信長の支援者だった斎藤道三が死んだのを契機に遂に林秀貞林通具柴田勝家らと謀反を起こす。しかし通具が戦死し、勝家も敗れてしまったため降伏。母土田御前の取りなしで許される。
しかし、その後も懲りずに再度謀反を計画する。この時再び勝家を誘っているが、実は彼は既に信長に通じていた。勝家からの通報で計画を知った信長は、病と称して信勝に見舞いにくるよう仕向け、河尻秀隆、もしくは池田恒興に殺させた。
享年は21歳とされるが生年が不正確なため確かではない。
信勝の子は許され、津田信澄と改名して信長に仕えた。この信澄も後に悲劇的な死を迎えるが、その血筋は旗本として明治まで残った。

フィクションでの信勝

扱いとしては信長の踏み台その一。
兄弟で家督を争うこと自体はよくある話だが、彼の場合は兄があまりにも有名になってしまった上に、「破天荒な兄」と「品行方正な弟」という対立構図まで出来てしまっているため、兄の器量を理解できない小利口なだけの小物として描かれることが多い。もしくは、昔は兄と仲が良かったが、生き方の違いから険悪となってしまったとされる場合もある。この場合、彼の裏切りと死が信長を非情にしたきっかけとして扱われることが多い。
pixiv上のイラストとして多い戦国大戦では前者として描かれ、やや神経質なショタキャラになっている。
稀に彼自身も優れた人物であり、兄の器を理解した上で挑んだとされることもある。ただ、同じく信長の踏み台となってしまった今川義元などと違い、若死にの上に再評価の材料になるような功績もないため、彼の扱いは今後もそう変わらないと思われる。

織田信奈の野望

美女家臣をはべらす美少年として登場し、謀反を働くが失敗。信奈により殺されかけるが、相良良晴の計らいで助かる。津田信澄は自身が名乗る。後にお市として浅井長政の嫁になる(結果的に長政も女だったので、問題はなかった)。当初はひ弱で口だけな印象が強かったが、長政との間に愛情を築いていく過程で、男としても成長して行く。

センゴク

『センゴク外伝 桶狭間戦記』に登場。父信秀の気性を強く受け継ぎ、母土田御前に溺愛されている。単純に品行方正なだけではなく、一廉の武将としての片鱗をのぞかせ、その野心で兄信長を討とうと挙兵する。しかし、味方につけた筈の熱田商人たちに裏切られ、謀反には失敗。その後も抵抗を続けるも、やがて柴田勝家ら重臣にも離反される。自分の敗因となった『銭』について自問するが、遂には母の目の前で兄信長に討たれた。

戦極姫シリーズ

1~2では、織田家シナリオでの再序盤の敵として登場。権力を笠に着て横暴に振るまい、領民や娘の拐かしに人身売買にまで手を出すなどかなり非道で愚かしい人物として描かれている。遂には姉に対して謀反を起こすが、敗れて討たれる。かつては姉をとても慕っていたが、自分より優れた能力を持ちながら遠慮から自分に当主を譲ろうとした事がきっかけで、姉に対する憎しみと強烈なコンプレックスを持つようになったらしい。
3以降は女性キャラに変更されており、既に謀反を起こして許されていたり、その動機が姉の気を惹くためであったり、展開次第では当主になる事もあったり、など大きく設定が異なる。

関連タグ

戦国大戦 織田信長 土田御前 柴田勝家 織田信行

pixivに投稿された作品 pixivで「織田信勝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 152030

コメント