ピクシブ百科事典

美袋命

みなぎみこと

美袋命とは、『舞-HiME』のキャラクター。

CV:清水愛

中等部3-G組在籍。14歳。誕生日は11月4日。星座は蠍座。血液型はB型。
身長は147cm。体重は37kg。

舞衣のルームメイト。海で漂流していたのを風華学園へ向かうフェリーに引き上げられ助けられる。舞衣とはこの時知りあった。
HiMEの祭事を司る家に生まれ、その血を引く者として召使いの「ジイ」によって山奥で育てられた。
もはや野生児と言っても良い少女で、舞衣にはまるでペットのように懐いている。
いつも腹を空かせている大食漢で、舞衣の作る料理が大好物で、特にラーメンがお気に入りの様子。生き別れの兄を探しに風華学園に来たが、それがどのような人物であったのか、記憶があいまいになっている。
そしてその兄と再会を果たす事になるが、祭りが本格化していく中で、ただ舞衣を守りたいだけだったのに、思うように意思が伝わらずに戦いの泥沼にはまってゆき、黒曜の君になった兄の元で命じられるまま戦いを続け、杉浦碧宗像詩帆を倒す。
最後の決戦で操られるままに(自我は保っている)舞衣に剣を向けるが舞衣に「本当の好き」を教えられ呪縛から開放され、兄と共に消滅する事で兄の暴走を止めようとした。兄の剣による負傷で死亡かと思われたが、単に腹が減って動けなくなっただけだった。

碧の言う「世界を守る合言葉」の「正義と愛と友情」のうち、「友情」の部分で気恥ずかしがるなど、意外に現代っ子。殆どチャイルドを使わずにHiMEを屠る事が可能な凄まじい戦闘力を誇る。
DVD特別編では兄と共に遊びに出かけたりするようになったが、舞衣にベッタリな所は相変わらずな様子。

漫画版では最強クラスのHiMEとされているが、戦闘描写は少ない。また、後半までチャイルドの巳六が登場せず、最終話でようやく現れた。
己の身の丈とほぼ同じ長さの大剣「ミロク」を操る驚異的な戦闘能力の持ち主。

ゲーム版では彼女以外のルートではほぼ必ず最終的な敵として立ちはだかる。
彼女のルートでも最終決戦まで触媒は兄である黎人であるが、兄の本当の目的を知った事により彼を拒絶し、高村を触媒としてチャイルド「スサノオ」が現れた。
特技は早弁。欠点は空腹になると動けなくなる事。満腹になると眠くなる。
好物は舞衣のご飯、苦手な物は辛いもの。好きな言葉は「大盛り、おかわり」。好きな色は金色。

関連タグ

舞-HiME 野生児
鴇羽舞衣 神崎黎人

pixivに投稿された作品 pixivで「美袋命」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 51475

コメント