ピクシブ百科事典

耳をすませば

みみをすませば

柊あおいの漫画作品。及びそれを原作としたスタジオジブリ制作の劇場アニメ作品。
目次[非表示]

原作と映画版では設定が異なっている。ここでは主に映画版の方を記している。

原作は1989年に「りぼん」で連載された。
映画は1995年7月15日公開。

概要

監督は近藤喜文
近藤にとって最初で最後の監督作品と呼ばれているが、脚本・絵コンテ・制作プロデューサーは宮崎駿が担当しているため、宮崎色の強い作品となっていることから、近藤が監督した作品とは言えないのではないかと専ら論争になっている。
しかし、全編を通して描かれる日常風景における人物の演技設計や演出は宮崎駿には出しえない名アニメーター近藤喜文らしい巧みさがあることから、どこか他のジブリ作品とは一線を画す作品となっている。

アニメ映画版では、背景美術として東京都多摩市と同武蔵野市を描写した絵柄が多く見られる。

キャッチコピーは「好きなひとが、できました」

読書好きの中学3年の月島雫は、図書館で自分の読む本を全て先に借りて読んでいる「天沢聖司」の名前に気がつく。ある日、図書館への道で変な猫を見つけ、追いかけると猫は小さなアンティークショップ「地球屋」へ入ってゆき、雫は店で老人・西司朗と出会う。西老人は聖司の祖父で、彼は地下の工房でヴァイオリンを作っていた。聖司はヴァイオリン職人になるためにイタリアへ留学したいという夢を持っていた。確固たる目標を持っている聖司に比べて、何をするべきかが分からない雫。雫は自分の夢を求め、物語を書き始める。

主な登場人物

月島雫
CV:本名陽子
主人公で、向原中学校3年生。読書が好きで、図書館や学校の図書室に頻繁におもむき、夏休みには本を20冊も読んでいる。夏休みに、図書館で読んだ本の図書カードに「天沢聖司」という名を見つける。その後天沢聖司と出会うが、聖司と自分の違いから「自分を試す」と言って映画タイトルと同じタイトルの物語を書き始める。彼女の書いた物語が『猫の恩返し』の内容となっている。

天沢聖司
CV:高橋一生
向原中学校3年生で、西司郎の孫。ルックスはよく、勉強とスポーツができる。読書も好きであり、雫のことは以前から図書カードで知っていた。ヴァイオリンを演奏できるが、本人はヴァイオリン職人になることを夢見ており、中学卒業後は海外修行に出ようとしている。

作品に関する逸話

作中に登場する月島雫の友人である原田夕子は、原作者が子どものころに大好きだったアニメ版『赤毛のアン』のアン・シャーリーがモデルとなっている。このアニメ版『赤毛のアン』のキャラクターデザインを作り上げたのが本作の映画版の監督をしている近藤喜文だった。柊あおいは赤毛のアンを視聴していた頃から近藤のことを強く意識していたようで、近藤が監督するという話を聞いたときはひどく驚いたようである。
なんとも不思議な縁である

  • 作品のエンドロール
カントリーロードの曲に合わせて、町に住むいたって普通の人々が道を歩いていく、というアニメーションがエンドロールと共に流れていく。よく見ると、歩き去っていく一人ひとりの歩き方はそれぞれ異なっている。
アニメーションで最も難しいとされる『歩き』の演技をここまで不自然さなくアニメーションで描き、しかも人によって歩き方を描きわけることは極めて困難なことであり、描き出せるアニメーターは極めて少ない。是非とも最後までじっくり見ることをおすすめしたい、日本アニメ史上に残る名アニメートである。
エンドロールのアニメートは、名アニメーター大塚伸治が担当している。
宮崎駿も、傑作のアニメートであると賞賛しており、スタジオジブリでは、ことあるごとに新人アニメーターに必ず見せているようである。


そして、エンドロールの一番最後にはあの二人が……

全てのキャラクターに幸せで健やかな結末を望む近藤喜文らしい物語の最後を、是非とも視聴することをおすすめする。


関連イラスト

月から自転車で通う高校生
RAW ORE



関連タグ

スタジオジブリ ジブリ 近藤喜文
猫の恩返し カントリーロード

pixivに投稿された作品 pixivで「耳をすませば」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2934686

コメント