ピクシブ百科事典

胡蝶の夢

こちょうのゆめ

あれが夢だったのか、これが夢なのか……。
目次[非表示]

概要

現実の区別がつかない状況、または、その区別をつけない境地を喩えた言葉。

出典は、古代中国の思想書『荘子』にある説話。
「むかし、荘子は夢に胡蝶となり、自由に楽しく飛び回っていたが、目覚めると紛れもなく荘子である。しかし、荘子が夢に胡蝶となったのだろうか、胡蝶が夢に荘子となったのだろうか……」といった内容で、荘子の思想を象徴する寓話とも言われる。
この説話は、『荘子』の中でも重要とされる「斉物論篇」を締めくくる位置にある。「斉物論」とは「万は全てしい(等しい)とする」とされ、是非・善悪・彼我を始めとした区別は絶対的なものではない事を主張している。
この説話でも、夢と現実(胡蝶と荘子)の区別が絶対的ではないとされると共に、とらわれのない無為自然の境地が暗示されている。

引用作品

女神異聞録ペルソナPS版OPで表示される。)
ウルトラマンマックス(同名のエピソード有り)
勇者特急マイトガイン(同じく同名のエピソード有り:37話)
うる星やつらビューティフル・ドリーマー』(物語そのものがそれであり、劇中喫茶店でそれを表すが描かれる)
黒執事(アニメ1期の第20話『その執事、脱走』で作品の登場人物である劉が胡蝶を自らに重ね合わせ、過去を回想しながら詠んでいる)

関連イラスト

はやくおいき
胡蝶の夢

pixivに投稿された作品 pixivで「胡蝶の夢」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 519044

コメント