ピクシブ百科事典

自由惑星同盟

じゆうわくせいどうめい

田中芳樹原作「銀河英雄伝説」に登場する国家。
目次[非表示]

自由惑星同盟

田中芳樹原作「銀河英雄伝説」に登場する有人惑星連邦。
首都はバーラト星系第四惑星ハイネセン。
宇宙暦527年(帝国暦218年)アーレ・ハイネセンにより建国、惑星名は彼の名前が由来。
主な政治形態は民主共和制。

兵器の名称…オリエント・ラテンアメリカ・中国・中央アジアなど世界各地の神話からの引用が多い。
人名・都市名…多民族国家のアメリカのような人種形態。

(Wikipediaより一部抜粋)

誕生

かつて銀河系に人類の最盛期をもたらした銀河連邦は中世的停滞によって修復不可能なまでに腐敗しきっていた。政治・経済・治安・モラル、あらゆる社会構成要素が退廃の波に呑まれ、民衆レベルに至るまで精神的腐敗が蔓延、民主主義では問題の解決が出来なくなるほど人間のレベルが堕ちてしまっていたのだ。
そして退廃の末にルドルフ・フォン・ゴールデンバウムによって政権は簒奪され、ゴールデンバウム朝銀河帝国に生まれ変わったことを契機に共和主義者達は思想犯として弾圧・人権剥奪の上奴隷階級に落とされるようになった。
帝国歴164年、奴隷労働者の一人であったアーレ・ハイネセンは類い希なるリーダーシップと斬新な発想を駆使して流刑惑星より40万人の仲間を連れて脱走。帝国の支配の及ばぬ可住惑星を求めて、後に「長征一万光年」と呼ばれる苦難の旅へと出発した。
想像を絶する苦難の旅路を経て指導者・ハイネセンを事故で失うも、その親友・グエン・キム・ホアによって旅は続けられ50年後に地球型の惑星を発見。「ハイネセン」と名付けられたその惑星において民主主義国家「自由惑星同盟」が建国されたのである。

勝利と変遷

首都星・ハイネセンを中心に生存領域を徐々に広げていた自由惑星同盟は、反対側より拡大を続けていた銀河帝国と接触することになった。100年以上前の脱走者が国家運営をしていたことに驚愕した帝国は直ちに「反乱軍」の武力討伐を決定し、ダゴン星域において自由惑星同盟軍と対決した。ところが帝国軍はこの日に備えていた自由惑星同盟軍に完膚なきまでに敗れたのである。このダゴン星域会戦の勝利によって、帝国で弾圧されていた共和主義者や不平分子がこぞって自由惑星同盟に亡命し、同盟は量的な成長を遂げることとなった。
・・・しかし、これは同時に国家の変質を促すことにもなったのである。相次ぎやってくる亡命者の中には、帝国で罪を犯した刑事犯や宮廷内の権力争いに敗れた貴族まで含まれていたのである。

衰退と滅亡

ダゴン星域会戦以降、帝国は「反乱軍」の侵入を恐れてイゼルローン回廊に要塞を建設、150年以上にわたる慢性的な戦争状態へと突入した同盟はイゼルローン要塞の攻略に固執しているうちに建国当初の理念を失い、経済面・軍事面・政治面において修復不可能なほど腐敗してしまった。一方で帝国も長い退廃の世にあったためイゼルローン要塞の防御に固執、戦線は停滞することとなり、双方致命的な傷を負うこともなく滅亡に至ることはなかった。この慢性的な戦争状態のせいで、銀河全体の人口は最盛期の3000億人から380億人にまで激減することとなった。長く膠着した時代は、しかし、戦争の天才と言われる帝国軍・ラインハルト・フォン・ローエングラム元帥と不敗の魔術師といわれる同盟軍・ヤン・ウェンリー中将の登場によって動きはじめた。
宇宙暦796年、イゼルローン要塞の陥落によって勢いづいた同盟軍は帝国領へ侵攻、これに対し帝国軍宇宙艦隊司令長官・ラインハルト・フォン・ローエングラム元帥は焦土作戦を敢行、補給線が伸びきった同盟軍を襲って勝利をおさめ、敗走へと追い込む。同盟軍は残存艦隊をアムリッツァに集結させ、最後の反攻をこころみるが士気の落ちた艦隊はもはや帝国軍の敵ではなかった。「アムリッツァ星域会戦」において同盟軍は大敗北を喫し壊滅、国家の弱体化に歯止めが掛からない状況へと追い込まれてしまう結果となった。生き残った軍部の一部は(ラインハルトの使嗾も知らずに)腐敗した政権に対しクーデターを起こすも失敗、これが同盟軍にとって致命傷となってしまう。
宇宙暦798年、同盟最高評議会議長・ヨブ・トリューニヒトは銀河帝国皇帝・エルゥィン・ヨーゼフ2世の亡命を受け入れ、惑星・ハイネセンにおいて「銀河帝国正統政府」の樹立を宣言、しかし、これは帝国の実権を握るローエングラム公に同盟侵攻の口実を与え、帝国軍による大遠征・「ラグナロック作戦」の発動によって窮地へと追いやられてしまう。名将・ヤン・ウェンリー元帥の活躍によって戦術的な勝利は獲得していったものの、戦略レベルでの実力差を覆すことは出来ず、「バーラトの和約」によって帝国に膝を屈することとなった。
その後も政局の迷走は続き、しびれを切らせた皇帝・ラインハルト・フォン・ローエングラムによる再討伐「第二次ラグナロック作戦」が発動されるともはや同盟に為す術はなかった。
同盟軍最後の抵抗である「マル・アデッタ星域会戦」において敗北したのち、宇宙暦799年、首都星・ハイネセンは制圧され、皇帝・ラインハルトによって発せられた「冬バラ園の勅令」を持って歴史上に存在したことを許された自由惑星同盟は滅亡することとなった。
しかし、自由民主主義の火は絶やされることはなかった。ヤン・ウェンリーとその仲間達によって・・・!

関連タグ

銀河英雄伝説 銀英伝 自由惑星同盟軍艦艇 ヤン・ウェンリー

パラグアイ・・・国旗がよく似ている。

pixivに投稿された作品 pixivで「自由惑星同盟」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 184293

コメント