ピクシブ百科事典

自由惑星同盟軍艦艇

じゆうわくせいどうめいぐんかんてい

自由惑星同盟軍艦艇とは、田中芳樹のSF小説「銀河英雄伝説」及びそれを原作とするアニメ版・ゲーム版等において登場する、自由惑星同盟軍所属の艦艇。 及びそれらを描いたイラストにつけられるタグ。 再アニメに乗じて、リデザインが成される模様。
目次[非表示]

艦種は旗艦級大型戦艦、標準型戦艦、巡航艦、ミサイル型巡航艦、駆逐艦、空母、輸送艦、工作艦、病院船、強襲揚陸艦、と様々なものが存在する(帝国軍も同様の種類はある)。
 なお、旗艦級戦艦に関しては、個性的(バリエーション)な艦が多く、ヒューベリオン、トリグラフ、リオ・グランデ、エピメテウス、パトロクロス、アガートラム、シヴァ、アイアース、など様々な特徴を持った大型戦艦が多数就役している。

外見

 帝国軍が『拳銃』または『ビームガン』のような形状をした戦闘艦(駆逐艦や補助船を除く)であるのに対して、同盟軍艦艇は『縦長の長方体』(ライフル銃・ショットガンのような)の形状をしているのが特徴である(巡航艦や空母は横に広いが)。
 これは、真正面からの砲撃戦を行った場合に、被弾面積を小さくしようと言う考慮がなされていると予想される。事実、同盟軍の標準型戦艦と帝国軍の標準型戦艦では、真正面を向いた際に、帝国軍側の方がサブエンジンやメインエンジンの張り出しがある分、同盟軍側よりも被弾面積が広くなっていることが確認できる。とはいえ、広大な宇宙空間を隔てての砲撃戦である為、それほどに効果は無いとも考えられる。

能力

戦闘能力

 同盟軍と帝国軍では、同じ兵装を同じ数だけ積んでいるとは限らない。旗艦クラスは除くとして、戦場の主力である標準型戦艦を例に見てみる。同盟軍は艦首に中性子ビーム砲を8門備え付けており、帝国軍の6門という数を上回っている。数で見れば同盟軍が圧倒だが、一説には帝国軍の主砲よりも口径がやや小さいと言う見方がある。
 ビーム兵器は当然のことながら、エネルギー無くしては撃つことは出来ない。しかもビームの威力や搭載数によって、艦のエネルギー消費率は変動してくる。大口径砲は威力は高くとも、消費は高い。かといって小さくては威力が低下してしまう。
 しかも同盟軍は、帝国軍よりも遅れて誕生した国家である。その分だけ技術差はあり、兵力差も大きい。そこで考えられるのは、多少威力が落ちても数を揃えて迎撃しよう、という魂胆である。撃沈できなくても多大な損傷を与えるだけもだいぶ違うだろうし、現状を顧みれば、質より量を選ばざるを得なかったのではないだろうか。

航行能力

 同盟軍と帝国軍の艦船の最大の違いは、大気圏内への突入及び離脱同時に大気圏内航行能力を有するか否かである。同盟軍の艦艇には大気圏への突入能力は皆無で、惑星に降り立つときはシャトルを利用する他ない。このシャトルを利用した場面は、劇中でも度々確認できる。
 これは同盟軍の特徴的な思想の一つと見れる。戦場はあくまで宇宙空間なので、戦闘艦艇は宇宙空間に限定して運用出来れば良い、と考えたのかもしれない。また宇宙空間に限定する事で、戦闘艦の能力を別の方に集中でき、建造コストも僅かばかり易く上がるのだろう。もっとも、銀河英雄伝説では1個艦隊1万隻~1万5千隻という膨大な数になるので、僅かな費用削減でも後々に膨大な節約となる。

機動能力

 また、機動面において、同盟軍艦艇は帝国軍のそれを上回っている。その由縁として、同盟軍艦艇の艦尾には、長いテールフィン(細長い板状の物)が何枚も取り付けられている。例外として新型艦『トリグラフ』や空母のような横に長い艦体を持ったものもあるが、恐らくは噴射口内部に設けられているという見方もできる。このテールフィンは、実は稼働可能なもので(とは言ってもほんの僅かだが)、これによって艦の回頭能力が上昇している。大型戦艦にも有効で、艦隊を指揮する艦としては重宝すると思われる。
 また、こういった機動面の優秀さと連動して、同盟軍が艦隊運用の面で優れていると表現されている場面が確認できる。第6次イゼルローン攻防戦においてロボス元帥率いる同盟軍艦隊が、イゼルローン要塞の要塞主砲の射程距離ギリギリのラインで、艦隊による前進後退を繰り返している。この時のナレーションでも、艦隊運用のソフトウェアでは同盟軍が優位であるような事を述べている。
 ヤン・ウェンリーが初任務として任された第7次イゼルローン攻防戦でも、射程ラインギリギリのところで前進と後退を繰り返している。(ただし、意図の有った動きではなかったが)

建造工程

 同盟軍艦艇の特徴の一つとして挙げられるのが、モジュール式による建造方法である。これは、武装モジュール、居住モジュール、機関モジュールに分けて、ブロック状に部品や艦体を建造し、それをつなぎ合わせて行く手法である。
 これの最大の利点は、モジュール式にすることで、修理時間を大幅に減らすことが出来ることにある。破損した部分を分解し、新品のモジュールを組み込んでやれば済むだけだからだ。これは早期の戦場復帰に大いに役立つもので、しかも任務に合わせて武装を取り換えたり、機関部を交換する事も可能なのである。
 その一例として挙げられるのが、ミサイル兵装を取り付けた巡航艦である。これは、艦首のビーム砲をミサイル発射管用艦首に付け替え、さらにミサイルポッドを艦隊の側面に備え付けたタイプである。これを使用したのはウィレム・ホーランド少将で、彼が指揮するミサイル艦部隊として活躍している。もっとも、これを機に後に登場していない。
 ただしデメリットとして挙げられるのは、規格品を揃えた反面、その企画された枠以上の新型戦闘艦には対応できないと言う点である。皮肉にも汎用性に特化しようとしたのが、逆に枷となってしまった。

艦艇一覧

随時追加予定。

旗艦級戦艦(及び艦隊司令官)

アイアース(ラザール・ロボス元帥)
パトロクロス(パエッタ中将)
ク・ホリン(ルフェーブル中将)
レオニダス(パストーレ中将)
ヘクトル(シドニー・シトレ元帥(大将時代))
リオ・グランデ(アレクサンドル・ビュコック元帥)
ペルガモン(ムーア中将)
ケツァルコアトル(ホーウッド中将)
クリシュナ(アップルトン中将)
パラミデュース(アル・サレム中将)
盤古(ウランフ中将)
エピメテウス(ウィレム・ホーランド中将)
レオニダスⅡ(ルグランジュ中将)
ペルーン(ボロディン中将)
ヒューベリオン(ヤン・ウェンリー元帥→ウィリバルト・ヨアヒム・フォン・メルカッツ中将待遇)
アガートラム
シヴァ(エドウィン・フィッシャー中将)
トリグラフ(ダスティ・アッテンボロー中将)
アキレウス(ライオネル・モートン中将)
ディオメデス(ラルフ・カールセン中将)

準旗艦級戦艦

アバイ・ゲゼル(ストークス少将)
マルドゥーク(サンドル・アラルコン少将)
ムフウエセ(マリノ准将)

標準型戦艦

ユリシーズ(ユリアン・ミンツ革命軍司令官代行)
グメイヤ(アーサー・リンチ少将)
シャムシュ(ラムゼイ・ワーツ少将)

空母

アムルタート

巡航艦

レダⅡ号(ヤン・ウェンリー元帥、宇宙航行に使用)
グランド・カナル(フェーガン少佐)

再アニメ版

 まだ正式に決まった訳ではないが、イラストレーター加藤直之氏が銀河英雄伝説の戦艦デザインをTwitterに上げている。そのデザインは、OVAの雰囲気を踏襲しているが、再アニメ独自の新デザインとも言える。
 同盟軍の大型戦艦『クリシュナ』が挙げられていたが、ズングリとした雰囲気こそあるが、艦首部分はOVA版よりもやや肥大化した感じが見受けられる。それだけではなく、何と戦闘時には変形する仕様が付いていると言う。ただし、ロボットの様に大げさに変形はしない。どっちかと言うと、各ブロックが外側へ向けてむき出しになる様な物と言えよう。
 その為、OVA版そのままを期待していたファンに対しては、かなり斜め予想の上を行くことが考えられるが、放送されるまでの何回もの検討を重ねられると思われるので、決定デザインとは言い難い。

関連タグ

銀河英雄伝説 銀英伝 自由惑星同盟 スパルタニアン 戦艦

pixivに投稿された作品 pixivで「自由惑星同盟軍艦艇」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18536

コメント