ピクシブ百科事典

航空自衛隊

こうくうじえいたい

日本の航空国防組織。
目次[非表示]

防衛省の実働部門(自衛隊)の一つで他国の空軍に相当する組織のこと。 旧日本軍には空軍はなく、戦後になってアメリカ空軍の指導のもとで創設された。

ここの気質は「勇猛果敢 支離滅裂」。基本的にノリが軽く、多分にアメリカナイズされた組織である。戦闘機偵察機輸送機ヘリコプター・地対空ミサイルなど、世界でもトップレベルの正面装備を揃えている。

国内外で米軍と連携して行動する自衛隊の中でも特にアメリカ軍との一体化の度合いが深く、防空機能はアメリカ空軍と事実上一元化している。日本の防空機能の中枢である航空総隊司令部及び作戦情報隊、防空指揮群は東京都の米軍横田飛行場内にある。

これを別の側面から言えば、日本政府の組織なのに常にアメリカ側の意向に左右され、何をするにも政治的な制約に拘束されるということ。新型機を作ろうとすれば必ずエンジン関係で揉めるのもその為だとか。

概要

自衛官と言うものはカタブツなイメージが持たれがちだが、特に航空自衛隊の隊員の皆さんに限っては、プロの漫画家にノーズアートをデザインしてもらったり、整備士が自腹で戦闘機型バイクを作って編隊飛行ならぬ編隊走行(ブルーインパルスJr.)をしたり(ピトー管用に備品のモップを切って怒られたり)、航空祭でアニソンメドレーを流したり、愉快な人が多いようだ。

この他にも、『青空少女隊』、『戦闘妖精雪風』や『エースコンバット』などのアニメ・ゲーム作品に積極的(※)に協力したり、機体のペイントを公募する痛車ならぬリアル「痛戦闘機」を企画したり、F-2F-2B)の後部座席にR2D2を搭載したりしている(写真は→こちら)。
ちなみに、その塗装費は自費だったりするので(しかも結構な値段がかかる)、税金の無駄遣いと怒らないであげよう。

(※)ただし、特撮映画などでは陸、海両自衛隊に比べると、あまり積極的には参加していない。というのも、戦闘機が撃墜される場面は航空自衛隊にとってあまり好ましくないからであり、事故による墜落を除いて、戦闘中の墜落シーンというのはほとんど描写されない。有名な例では、平成ガメラ三部作においては、怪獣との戦闘で撃墜された戦闘機が民家に墜落するという描写が企画段階ではあったものの、航空自衛隊が難色を示したため描写されなかったことがある。(ちなみに、ガメラシリーズの監督がゴジラのメガホンをとった際には、航空自衛隊が参加していないので、戦闘機を民家に激突させている。)

ブルーインパルスが展示飛行を行う航空祭は大人気となっている。

空戦に関しては下記のようにトップガンが模擬戦後に「再教育させてくれ」と言い出す、ロシア軍に「自衛隊機1機に対して3機で当たれ」とか言われる程の凄腕揃いと言われているが、一方で地上施設の警備に関してはお世辞にも…という点がある、と指摘されることがある(地上施設の警備は陸上自衛隊に任せているという面もあるが)。
一応は地上施設の防衛を専門とする部隊である「基地防衛教導隊」というものは設置されているのだが、装備に関してはまともに揃えられないものだからトイレのモップを警棒代わりに使っていたとかの(悪い意味での)ものすごい逸話もいくつかあるとか。
また、侵入者対策もちょっと…という点があり、時々行われる陸上自衛隊との共同訓練では(侵入者役の)陸自の側に散々やられることも多いとか多くないとか。
真偽不明だが陸に対処できないためかものすごくやる気が無い事もあるようで、陸さんを発見したからと報告したら「放っておけ」と言われたなんて話もあるとか。
まあ、その陸自の方も…

  • 訓練開始前から近くに穴掘って潜伏していた
  • 夜の闇に紛れて隣接した湖を泳いで渡ってきた
  • マンホールから基地内に侵入した
  • 空自の物資輸送のC-1の機内に潜伏していた
  • 宅配便のトラックの中にこれまたいつの間にか潜入していた(スネークかよ)
  • 前から物音がするので警戒していた空自の隊員を後ろから襲うというどこの時代劇ですかと突っ込みたくなる襲撃方法
という、「あんたら陸軍組織じゃなくてなんかの特殊部隊かよ」と突っ込みたくなるようなことばかりをやっていたという説もあるのだが。

装備

戦闘機F-15JF-4EJF-4EJ改
F-104JF-86
支援戦闘機F-2F-1(F-4EJ)(一時期・特定部隊に限り)
輸送機C-130HC-1YS-11
ヘリコプターCH-47JUH-60J
練習機T-4T-2
車両VADS
銃火器64式小銃5.56mm機関銃 MINIMI9mm機関けん銃
ブローニングM2重機関銃スティンガーミサイル9mm拳銃


(※pixiv内に個別記事がある物のみ。新規記事追加などで項目ができた際は追加願います)

エアーパーク・航空自衛隊浜松広報館

場所は静岡県の西にある浜松市の浜松基地内南側。
展示資料館と展示格納庫で構成されている。
今となっては茶番だった「事業仕分け」で一時有料化されたが、現在は無料に戻っている。

・屋外展示

  • F-86Fブルー、ナイキJミサイルなどを展示。

・屋内展示
  • 展示資料館ではXF-2のモックアップやF-1などを展示。
  • 銃火器などの装備品類も展示されているが、安全上の問題からか64式小銃などはダミー品が展示されている。
  • 全天周シアターでは迫力の映像を見ることもできる。
  • 展示格納庫にはF-86FブルーやF-104J、零式艦上戦闘機五二型などが展示されており、一部の機体はコックピットに着座する事が出来る。
  • 複座のフライトシミュレータが用意されている。

逸話

ネット上には他の海自・陸自同様ぶっ飛んだ逸話が転がっている。
例えば――

  • F-4EJ、F-4EJ改は魔改造の度合いがぶっ飛び過ぎて米空軍をして「これF-4ちゃう」と言わしめる。
  • 同じくそのF-4EJ、ベトナム戦争時代に登場した機体である為、米空軍をして「これ、爺ちゃんが乗ってたヤツや」と言わしめる(ただし米空軍も人のことは言えない)。
  • 米空軍との合同演習で世代遅れ+モンキーモデルの戦闘機当時の最新鋭機に撃墜判定を食らわせた人がいる。
  • ソ連(現ロシア)側に「対処(交戦)する場合は3機で当たれ」と言われる。
  • 年間平均飛行時間が長く、スクランブル回数も多く、更に機体の乗換えが少なくてその機種のプロフェッショナルとなる為か、米軍のトップガンなどのエリートに「空自とだけは戦いたくない」と言われる。
  • 墜落の際に地上の被害を最小限にとどめる為に射出座席の最低安全高度を下回っても最後まで操縦し、整備員に要らぬ心配をかけぬために最後の瞬間に射出座席を作動させている。しかし乗員は殉職された。
  • 中越地震における災害派遣出動の際、道路は崩落などにより着地する為のスペースがなかった為、接地可能だが強度が不明な橋の上にV-107でホバリングしたまま後輪のみ接地、着地せずに被災者を救助
  • 東日本大震災における災害派遣出動の際、地震による揺れで建造物強度が残っているかわからない為、CH-47JやUH-60Jで構造物を避けて狭い建物の屋上等でホバリングしたまま後輪のみ接地、着地せずに被災者を救助

  • 組織ではないが、装備品である99式空対空誘導弾(AAM-4)の命中率が高すぎて、近接信管の調整に逆に苦労したらしい。

  • いわゆるドッグファイトの訓練中にミサイルの発射動作をしたところ、うっかり発射ボタンを押してしまいマジで敵役の戦闘機を撃墜(パイロットは脱出して無事)。

など。
ブルーインパルスJr.、ノーズアートの件は前述の通り。

この他にもあれば随時追加・修正をお願いします。

99式空対空誘導弾(以下、AAM-4と表記)には指向性破片弾頭が装備されており、目標の方に向かって爆発するというとんでもない機能が備わっている。
通常の破片弾頭は直撃しなかったとしても「爆発して周囲に破片をばら撒く」事で敵機に破片を浴びせるが、全方向にばら撒くので敵機の存在する一方向のみを見るとどうしても薄くなってしまう。指向性を持たせたことで「敵機の方向に向けて爆発して集中して破片をばら撒く」ことにより致命傷を与える確率を上げることが出来る、ということである。
…しかし、AAM-4自体の命中率が高すぎて直撃ばかりしてしまい、「目標の方向に向けて破片をばら撒く」という機能をテストすることが難しかった、という話らしい。

関連タグ

空自 陸上自衛隊 海上自衛隊

外部リンク

・防衛省 JASDF] 航空自衛隊
http://www.mod.go.jp/asdf/

・エアーパーク // 航空自衛隊浜松広報館
http://www.mod.go.jp/asdf/airpark/

・ブルーインパルス
http://www.mod.go.jp/asdf/blueimpulse/

pixivに投稿された作品 pixivで「航空自衛隊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 800674

コメント