ピクシブ百科事典

花のズボラ飯

はなのずぼらめし

『花のズボラ飯』とは、久住昌之:原作、水沢悦子:作画による漫画。
目次[非表示]

月刊女性漫画誌『Eleganceイブ』(秋田書店)2009年6月号より連載中。単行本既刊2巻。
2011年10月6日に主婦の友社より、レシピ本『花のズボラ飯 うんま~いレシピ』が発売された。



2012年にはドラマ化され、10月よりTBS系列15局で放送(制作は毎日放送)。飯テロ戦線への参入を果たした。

概要

夫が単身赴任中で一人住まいの主婦・駒沢花の食生活を描く。
花は自炊をするが、凝ったものや珍しいものではなく、作るのはタイトルの通り"ズボラ"なものばかり。

ドラマチックな展開をせず、主人公日常と心理描写に重きを置く点は、同原作者の『孤独のグルメ』と共通しており、広告でも"女版『孤独のグルメ』"と銘打たれている。
単行本の帯には谷口ジロージョージ朝倉今日マチ子TAGROコメントを寄せている。

駒沢花について

演:倉科カナ
今作の主人公。
主婦。福岡に単身赴任中の"ゴロさん"に代わって、家を預かる。
夫婦仲は円満で、たまに夫が帰るのを花はとても楽しみにしている。
子供はいない。

作画者の絵柄ゆえか童顔色のロングヘア

作品そのものを象徴するように、ズボラな性格。
整理整頓は苦手で、全体が散らかりっぱなし。あちこちにモノが溢れている。

そんな性格の割にはに対する執着が強く、有り合わせの食材、貰い物、レトルト食品などから、いかに美味しいものを作り出すかを日々考え抜いている。
テンションが上がると独り言が多くなり、調理や食事の合間に実況が入ったり、よく駄洒落を言う。
味に満足がいくと、恍惚の表情で幸せをかみしめる。

家から三離れた本屋でパート勤務をしている。
ダイエットを考えて水泳教室に通っているが、よくサボる。

周辺の人物

ゴロさん
演:バカリズム(声のみの出演)
駒沢花の。福岡に単身赴任中。花いわく、見てるだけで食欲がわいてくるほどの食べっぷり。『孤独のグルメ』の主人公・井之頭五郎と同名だが、設定の相違点が多いため別人と思われる。

高円寺カップル
演:浜野謙太野波麻帆
花の隣人で、自然食べ物をおすそ分けに来る。花いわく、ジョン&ヨーコがやりたいヒッピーの生き残り。入籍せずに同棲を続けている。

本屋の店長
演:九墨正雪
花の勤務する本屋の店長。
たまに繰り出される長話は、花のストレスの素。
夫人の作るお汁粉が絶品。

亀山日出夫&さち子
演:志賀廣太郎(日出夫、ナレーションも兼任)、麻丘めぐみ(さち子)
花の両親。共に健在で、実家に二人で暮らす。

ミズキ
演:菊池亜希子
花の大学時代からの女友達。花と二人で"ハナミズ"と呼ばれていた。
現在はイラストレーター

関連タグ

漫画 グルメ
久住昌之 水沢悦子
孤独のグルメ 井之頭五郎

関連リンク

花のズボラ飯 - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「花のズボラ飯」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 346865

コメント