ピクシブ百科事典

花諷院骸羅

かふういんがいら

サムライスピリッツシリーズの登場人物。
目次[非表示]

プロフィール

■キャッチコピー:(斬紅郎無双剣)「天下一の暴れ坊主」
■流派:流派などない
■武器銘:南無阿弥陀仏
■生年月日:1770年11月1日
■年齢:(天草降臨)18歳
■出生地:飛騨
■血ノ型:O型
■身長:7尺4寸(約222cm)
■体重:36貫目(約133kg)
■趣向:喧嘩
■家族構成:あまりに乱暴者だったため、花諷院 和狆のもとに預けられた
■好きなもの:喧嘩
■嫌いなもの:修業
■コンプレックス:「この俺にそんなものはねえ」と語る
■尊敬する人:人には言わないが、実は和狆を尊敬している
■剣の道について:「いちいち細かいこと聞いてんじゃねえ!!」この後、彼は暴れだした

概要

巨大な数珠を武器とする破戒僧。花諷院和狆の不肖の孫とされているが、その他の詳細は不明である。
かつては名うての剣士にして退魔師であった和狆とは似ても似つかない問題児。根っからの悪党ではないが、短気でわがままな性格の持ち主で、我慢が大嫌い。おまけに道徳感に著しく欠けている。
幼い頃から手の付けられない筋金入りの不良で、喧嘩に明け暮れるなど無法の限りを尽くし、6歳の頃には早くも酒の味を覚える。その素行の悪さが原因で骸羅は更正目的として和狆の元に預けられた。しかしそれでも素行が改まらず、真面目な精神修行を毛嫌いしては、非を認めず鐘を破壊したり、骸羅に成長してもらいたいがゆえに叱責する和狆に反発してたびたび喧嘩をし、寺を飛び出してまたもや喧嘩に明け暮れ、果ては命に酒を振る舞おうとする。事あるごとに何かと問題を起こす枯華院のトラブルメーカーである。
『斬紅郎無双剣』ではいつものように和狆と喧嘩して寺を出た後、途中の山道で「鬼」壬無月斬紅郎が人を惨殺する現場を目撃し、その覇気と闘気に恐怖するが、やがて自分でも理由の分からない怒りに駆られ、「鬼」を成敗するべく旅立つ。斬紅郎亡き後は、自ら「鬼塚」を作って弔っている。口が悪く、同作では伏字だらけの勝利メッセージを口にしている。
『零』では多くの人々から恐れられている自分を恥じ、何とかして自分を改めようと修行の旅に出ている。
『零SPECIAL』までは髪を生やしている。『天下一剣客伝』では頭を丸めているが、性格は直っていない。『天下一剣客伝』ではかつて自分の頭髪を奪った和狆やアースクェイク王虎不知火 幻庵ナインハルト・ズィーガーに逆恨みを抱いているふしがあるらしく、毛生え薬を手に入れるために御前試合に参戦したが、エンディングにてついに自分の過ちに気付いて反省するようになり、以来人が変わったように精神修行に明け暮れ、そして残りの生涯を世のため人のために尽くした。

キム・ウンチェ

漢字表記は金雄載。
元々は韓国版サムライスピリッツ斬紅郎無双剣での花諷院骸羅の名前。これは韓国に斬サムを出荷することになった際、韓国側から「朝鮮半島出身のキャラクターを出してほしい」という要望があり、当時初参戦であった骸羅が、韓国版では朝鮮半島出身者ということにされたため。プレイステーション2版サムライスピリッツ天下一剣客伝では、骸羅と別のキャラクターとして登場した。
髪型(剣サムでは骸羅がスキンヘッドで、ウンチェが昔の骸羅の髪型)と使用技(骸羅が剣サムで使わなくなった技をウンチェが使う)を除き、性格や服装、顔などが骸羅と同じである(花諷院和狆の手を焼く問題児であるというところまで同じ。出身地も骸羅と同じ飛騨のまま)。別人というよりも、零のストーリーとエンディングを経過しなかった骸羅を別名で登場させているものと思われる。
最後に自分の過ちに気付いて悟りを開き、生涯を人々のために尽くした骸羅に対して、彼は最後まで自分の過ちに気付かずに終わった。

関連タグ

サムライスピリッツ

pixivに投稿された作品 pixivで「花諷院骸羅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43226

コメント