ピクシブ百科事典

花開院秀元

けいかいんひでもと

花開院秀元とは「ぬらりひょんの孫」の登場人物である。画像は13代目秀元。

概要

葦屋家直系京守護陰陽師花開院家の当主が代々襲名する名跡が「秀元」である。
漫画本編には13代目秀元と27代目秀元が登場する。

13代目秀元は、慶長年間の京都で活躍していた天才陰陽師。
羽衣狐(当時八尾)と戦うぬらりひょんに加勢し、式神「破軍」で羽衣狐を拘束し動きを止め、勝利へ繋いだ。その後13代目秀元は京都に強力な螺旋型封印を施し、以降400年間、京妖怪の活動は制限されることになる。
現代では花開院ゆらが召喚した破軍の一柱として再登場。他の破軍と異なり、生前の若い頃の姿で顕現したり、召喚者=ゆらの意志とは関係なく徘徊する等、規格外ぶりを発揮していた。
螺旋の封印が破られたことで再び動き出した京妖怪の野望を阻止すべく、子孫の陰陽師達や奴良組にアドバイスを行う。

27代目秀元は、花開院竜二花開院ゆらの祖父。
花開院の屋敷を強襲した京妖怪幹部・しょうけらと交戦するが、敗北。ゆらに看取られて息を引き取る。ゆらにとっては優しい祖父だったようである。使用した陰陽術は「呪葬の鎖」。

28代目当主はゆら。清浄後に就任した。

関連タグ

ぬらりひょんの孫 ぬら孫 花開院 陰陽師

キャラクター
花開院ゆら 花開院竜二 ぬらりひょん 羽衣狐

pixivに投稿された作品 pixivで「花開院秀元」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 76392

コメント