ピクシブ百科事典

若竹マリ

わかたけまり

若竹マリとは、『BLUEDROP』の主人公。

概要

CV:矢島晶子
高校2年生。寝相と料理の腕前はかなり悪い。
5年前の神隠島島民全滅事件で両親と過去の記憶を失い、祖母の元に引き取られる。それ以来学校には通っていなかったが、祖母の意向で海鳳学園に編入する。
萩乃とは序盤こそ対立していたものの、徐々にお互いに絆を深めていき、終盤では想いを通じ合わせた。
最終話では出撃した萩乃を追いかけ必死に呼び掛けた(この時の台詞はみち子の戯曲のラストシーンと同一)が、萩乃はマリに返事を返すことなくブルーで飛び立っていった。結果的にマリが最後に聞いた萩乃の言葉は、学園で別れた時の「さようなら」である。最終話以降の詳細は不明。

pixivに投稿された作品 pixivで「若竹マリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5295

コメント