ピクシブ百科事典

茶摘み

ちゃつみ

農作業の一つ。お茶の新芽を摘むこと。日本の初夏の風物詩。

晩春から初夏にかけての、チャお茶)の新芽が伸びる時期に、新芽を摘み取ること。摘んだはお茶に加工して賞味する。
海外から見れば単なる農作業の一種であるが、日本ではこの季節の風物詩ともなっている。茶摘みの風景にした「茶摘み」という文部省唱歌も広く知られている。

概要

茶摘みはもちろんお茶の産地で行われる。日本では茨城県から鹿児島県までと広域にわたる。

緑茶


若い女性が頭に手ぬぐい菅笠をかぶり、紺絣の着物茜色たすきを掛けて茶摘みをするのが、緑色の茶畑に着物の色が映えて美しいということもあり、一般的なスタイルである。

関連タグ 

狭山 駿河 宇治 八女
八十八夜

pixivに投稿された作品 pixivで「茶摘み」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15038

コメント