ピクシブ百科事典

茶番カプリシオ

ちゃばんかぷりしお

茶番カプリシオとは、悪ノP作のVOCALOIDオリジナル曲である。               歌はMEIKO、KAITO、初音ミク、鏡音リン、鏡音レン、神威がくぽ、巡音ルカ、GUMI
目次[非表示]

千年樹の森に建てられた映画館。そこで始まる裁判ごっこ。
「さあ始めよう 裁判という茶番を」

概要

悪ノPの同人CD「EVILS COURT」に収録されている楽曲。ぜんまい仕掛けの子守唄シリーズの
6作目に当たる。

PVは有名ゲームを意識していると作者がブログで語っており、「ハートビート・クロックタワー」に登場した「森の奥の小さな映画館」の住人達が、リズミカルな曲調で順に発言していくという
形式をとっている。

また大罪シリーズ終盤に向けての補完曲の為か初心者には分からない設定になってるのも特徴。

登場人物紹介

人形館長「master of the court」父親の跡を継ぎ映画館を取り仕切る。
墓場の主「master of the grave yard」双子のサーヴァンツを連れている。
歯車(gear)館長を守る存在。現在は能力を失っている。
時の魔導師「Ma」映画館を作らせた初代『庭師』。本名、首藤禍世(スドウ カヨ)。
呪われた庭師(gardener)呪われたを持つ男。本名、奥戸我門(オクト ガモン)。
待つ者(waiter)映画館の給仕。我が侭で気まぐれ。
冥界の主「master of the hellish yard」ガレリアンが死後出逢った仮面の少女。
イレギュラー館長の胎内に眠る存在。赤い手錠と青い鎖を付けている。



本家動画

【VOCALOID×8】茶番カプリシオ【オリジナル】

関連イラスト

茶番カプリシオ
茶番カプリシオ



関連タグ

VOCALOID ボカロ曲 悪ノP 
初音ミク 鏡音リン 鏡音レン 巡音ルカ KAITO MEIKO 神威がくぽ GUMI
ぜんまい仕掛けの子守唄 七つの大罪シリーズ ハートビート・クロックタワー

pixivに投稿された作品 pixivで「茶番カプリシオ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 136747

コメント