ピクシブ百科事典

草食系男子

そうしょくけいだんし

恋愛に対して受動的で、物欲や出世欲も薄い、温厚な性格の男性。
目次[非表示]

概要

2006年頃に、コラムニスト編集者である深澤真紀によって「恋愛に縁がないわけではないのに積極的ではない、肉欲に淡々とした性格の若い男性」を指す言葉として定義された。

現在は語義が拡散しつつあるが、おおむね

  1. 穏やかで大人しい性質
  2. 恋愛やセックスに対して積極的ではない
  3. 傷ついたり傷つけたりすることが苦手
などの特徴を持った若い男性を指す言葉として扱われている。

過大解釈を行い「恋愛に対し一途である」「浮気をしない」「女性を丁寧に扱う」などの意味を持たせる女性もいるが、これらは本来の草食男子の定義には含まれない(例えば、対極と言われる肉食系男子にも、女性を丁寧に扱ったり、恋人がいるときは恋人一筋の人は普通にいる)。

なお、実際の野性動物においては、肉食動物よりも、捕食対象である草食動物の方が個体数が多く多産である必要があるため、生殖行動は活発である。
また、積極的に他の動物を襲わないだけで獰猛な種族も多く、例えば野生のキリンライオンを蹴り殺したという実例が存在する。

pixivでは稀に、文字通り食人的な意味で『食われる』草食系男子も見受けられる。
また、実際にを食んでいる男性キャラクターのイラスト(いわゆるネタ絵)や、草食系の獣人を描いたイラスト等にこのタグが付けられている事がある。

ウール100%



意味の変遷

当初は社会学ジェンダー論方面で現代の若者を解釈するためのキーワードとして受け入れられ、例えば大阪府立大学教授・森岡正博は「心が優しく、男らしさに縛られておらず、恋愛にガツガツせず、傷ついたり傷つけたりすることが苦手な男子」と定義している。
そうした分野に携わる者の思考嗜好もあって概ね好ましい態度と受け止められた。

しかし、大衆向けの報道が増え、「草食系男子」に対し「肉食系男子」という言葉が登場する頃になると、徐々に「恋愛行動に対して消極的」という面が否定的に取り上げられるようになってきた。
そこに「ゆとり世代」に否定的な考えを持つ世代や「若者の○○離れ」の原因を求める各種業界が、「草食男子」に対するネガティブな意見を表明するようになり、それがワイドショー週刊誌などで報じられるようになった。
命名者である深澤は「自分の意図とはまったく反対の意味である」とする声明を出したが(こちらの外部リンクを参照)、その頃には既に「草食系男子」ブームは下火になっており、各メディアも黙殺したため、世間ではほとんど知られる事がなかった。

なお、一般的に若い独身女性はワイドショー女性週刊誌を見る事が少ないため、そういったネガティブな報道をほとんど知らないケースが多い。それゆえネットで「草食系男子」と検索すると、2016年現在でも、肯定的な意味や、単なる性格分類として「草食系男子」という言葉が用いられている若い女性向けのサイトが上位に表示される。

このように、「草食系男子」という言葉は、世代や使う人間によって意味合いが異なる場合があるため注意が必要である。

別名・表記揺れ

草食系

関連タグ

男子 ○○系男子一覧 肉食系男子 絶食系男子 草くいおとこ
ロールキャベツ系男子 アスパラベーコン巻き系男子
マスコミ 男の子牧場 男は狼なのよ

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「草食系男子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 252999

コメント