ピクシブ百科事典

草鹿やちる

くさじしやちる

漫画・アニメ『BLEACH』の登場人物。
目次[非表示]

CV:望月久代

プロフィール

  • 所属・階級:十一番隊副隊長
  • 身長/体重:109cm/15.5kg
  • 誕生日:2月12日
  • 好きなもの:金平糖
  • 趣味:お菓子を食べる事
  • 特技:オセロ
  • 斬魄刀:三歩剣獣


人物像

北流魂街79地区「草鹿」出身。赤子(捨て子)の頃に更木剣八に拾われた。剣八同様出身地を姓とし、名は剣八がこうありたいと願う人物「八千流(やちる)」の名前からつけられた。自身の生まれ故郷が常に殺し合いの場だったため、血以外の色を見たことがない。そのせいか、剣八に会ったときから、についたを怖がりもせず触って喜んでいた。

髪はピンク色で、ショートヘア。十三隊隊員中最小最軽量の体格で、外見・言動共に完全に幼児だが入隊試験を受けずいきなり副隊長の地位に就くほどの実力を持っている。常に剣八と行動を共にし、移動時は常に剣八の背中に張り付いている。剣八を「剣ちゃん」と慕い、剣八の言うことしかきかない。また、倒れた剣八を軽々と持ち上げて建物の屋上へ飛んで運ぶなど、外見に見合わず卓越した身体能力をもつ。

無邪気で人懐っこい性格。副隊長で唯一上官に敬語を使わず、他の隊に迷惑をかけてもいるが、その性分から涅マユリなどの一部の例外を除いて他の隊長達から可愛がられている。

剣八に卍解を伝えた事から、その正体は恐らく剣八の斬魄刀が具現化した姿だと思われる。
卍解した剣八と共に戦い強大な力を発揮。本人が剣八に言った「あたしをちゃんと使えば斬れない奴はいない」を体現した。
しかし、うっかり剣八の体が追い付かない程の力を出してしまい自滅させてしまう。
その後最終回まで出番は無かった。

斬魄刀・三歩剣獣

解号は「でておいで『三歩剣獣』」
解放と共に毛に覆われた動物のような前獣、黒い布をまとった骸骨のような後獣という二体の獣が現れる。それぞれ直前と直後にやちるの動きを真似るため、太刀筋を見切って避けたとしてもその前後の攻撃を受けてしまう。
また、二体は解号を唱えずとも透明な状態で普段からやちるのそばに居る。
単行本のおまけページで前獣は「モコモコ」、後獣は「ホネホネ」と呼ばれている事が判明した。

関連タグ

BLEACH 更木剣八 斑目一角 綾瀬川弓親 護廷十三隊

pixivに投稿された作品 pixivで「草鹿やちる」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 674897

コメント