ピクシブ百科事典

荻山葵

おぎやまあおい

荻山葵とは、『ロウきゅーぶ!』の登場人物。
目次[非表示]

プロフィール

生年月日1月9日
血液型O型
身長163cm
学校・クラス七芝高校1年3組
ポジション中学時代はC(センター)、適正ポジションはF(フォワード)
声優伊藤かな恵


人物像

主人公の長谷川昴の幼馴染で、高校に入る前の小中学校の9年間ずっと同じクラスに所属していた。勝気な性格で気の強さが目立つが、一方で何かと昴の世話を焼く、面倒見のよさも併せ持つ。女子プロレスや空手部にスカウトされるほどの我流の足技が得意で、昴や一成を容赦なく蹴り飛ばしている。

中学時代は桐原中女子バスケ部の部長を務め、技術面では地区大会レベルを遥かに凌駕していたが、長身のセンターがいないチーム事情により公式戦全敗の歴史を後輩達にリレーした過去を持つ。

そうした経緯から当初センターとして才能がありながら実力を発揮できなかった香椎愛莉を気にかけており、慧心女バスと対戦した際は愛莉を奮起させる行動を取り、その後もアドバイスや指導を行っている。

高校では女子バスケ部には入部せず、不祥事のせいで休部になった、男子バスケ部の立て直しを手伝うため、バスケ同好会に参加する。昴に対しては幼馴染み以上の好意を抱いている節がある。

幼馴染み巨乳ツンデレポニーテールと属性の塊のようなキャラで違う作品なら間違い無くメインヒロインだっただろう。

アニメ版では前述の足技故にパンチラ要員と化している。加えて小学生の女性キャラがメインのストーリー上で高校生という立場なので、一部ファンからは「BBA」と揶揄される。稀に字の形から「わさび」、「おぎわさび」とも呼ばれる。

バスケットボール選手としての能力

バスケ歴は小学生時代からで、同時期に始めた昴と競い合ってバスケの技術を高めていった。現在の実力は昴には及ばないものバスケットプレイヤーとして周囲から高く評価されている。

桐原中女子バスケ部ではチームで最も背が高くなったことから適正ポジションのフォワードではなくセンターを務めることになり、上背不足を補うためにフェイダウェイシュートを身に付け、インサイドとアウトサイドを状況によって行き来するヨーロピアンスタイルのセンターを目指した。適性の問題で完成にはいたらなかったが、その技術を愛莉に指導し彼女の成長に大きく貢献する。

基本的に考えるよりもまず動く行動派だが、昴の指導や慧心女バスの弱点を見破って作戦を立てるなど、戦術眼も優れている。

関連イラスト

病んでしまった・・・・葵ちゃん
葵



関連タグ

ロウきゅーぶ! 長谷川昴 バスケットボール
湊智花 三沢真帆 永塚紗季  袴田ひなた 香椎愛莉

pixivに投稿された作品 pixivで「荻山葵」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 166158

コメント