ピクシブ百科事典

萌将伝

もえしょうでん

萌将伝とは、『真・恋姫†無双 〜乙女繚乱☆三国志演義〜』のファンディスクである。
目次[非表示]

概要説明

『真・恋姫†無双 〜乙女繚乱☆三国志演義〜』のファンディスクである萌将伝は、原作であるPCやゲームの他、アニメ版や小説版のネタも取り入れた物語となっている。定価は9000円だったが・・・。

冬コミ新刊・真恋姫無双萌将伝本
【C83】美羽&七乃本表紙



ブログ炎上と詐欺の疑い

 2010年7月23日に正式に発売する直前、一部のユーザーはその直前に同ゲームを購入していた。

 しかし、その発売前購入組をはじめ、発売日に購入した者たちのほとんどの者から同ゲームへの批難が相次いだ。
例えば、華雄鳳統(雛里)、呂布()、愛紗関羽)など、不遇な扱いを受けたキャラクターが数多い。

主に被害に遭ったと言われる4人

真・恋姫†無双 華雄
雛里ちゃん!見えてる!見えてるよ!!


リク絵
早くこの戦乱を平定して… ご主人様…どこを見ておられるのですか?



 前もってBaseSonは「今回の萌将伝が恋姫†無双シリーズの最終作」と発表していたために、この辺りのキャラクターとの関わりを楽しみにしていたユーザーたちからは不満の声が上がり、無印からの根強いユーザーたちと共に怨嗟の声が上がった。(ただし、事前情報として、雛里役の声優さんは喉の手術を行ったばかりであったし、恋役の声優さんは出産直後だった。そのために、この二件を非難するのは一部のユーザーにとってお門違いではないか。と思われている)

だが、華雄に関しては、後にとある有志の手によって、彼女が主役の同人ゲーム作品がDL販売されている。

もうすぐ発売><



 ただ百歩譲って、雛里と恋に出番がないのは仕方ないにしても、特に批難が集中し、さらに大きな問題として持ち上がったのは、広告詐欺の疑いに関するものだった。
わかりやすく言うならば、「関羽愛紗)のイベントがないのに、何故、萌将伝の広告の前面に出した!?」というものである。
(愛紗が登場しないことに関しては、発売日当日までに事前情報も事前の告知も、何もなかった。また、華雄役の声優さんは張飛(鈴々)役と同一人物であったが、体調不良やスケジュールの都合が合わなかった、などの事前情報は一切なかった)

 これらの件に関してBaseSonに説明と釈明を求めたユーザーたちが公式サイトのブログに殺到、ブログが炎上となった。

 なお、ユーザーたちが上げている主な問題点としては、
・関羽といえば、三国志の重要人物であり、愛紗といえば、恋姫†無双の無印(初代作)から登場するシリーズの大黒柱であり、ヒロインだった。(アニメでも初代から主人公のポジションにいた)
・なのに、シリーズ最終作でもあった今作で何故かそのイベント(シナリオ)が削られている。
・愛紗のシナリオがゲーム内に存在していないにもかかわらず、ゲームのパッケージや宣伝では愛紗が大々的に描かれていた。(これを広告詐欺や誇大広告と言わずに何と言う)
・前作ではあったはずの恋のエロシーンが丸々削られてしまった。
・加えて、開発者演義――つまりスタッフコーナーにおいて、炎上騒ぎを想定していたような表現や、スタッフとヒロインの一人である趙雲()との絡みを描いたショートストーリーが存在し、ユーザー間では「こんなものを入れるなら、関羽(達)のイベントを入れろ!!」とユーザーたちの怒りを逆なでする形になった。
・炎上騒ぎを想定していたとみられる一件として、発売日当日に秋葉原で行われた同ゲームのイベントに、BaseSonのスタッフが誰一人として姿を現さなかったことが挙げられる。(同様に2010年8月13日~15日に行われた夏のコミケでも、BaseSonのブースにスタッフが顔を見せることはなく、売り子しかいなかったことが伝えられている。)
・さらにアニメでは出張って、ゲーム本編での登場をにおわせていた華雄のシナリオが存在しない
・前作からのCGやBGMなど、データの使いまわしが顕著で、手抜き感がありありだった。
・「ファンディスク」と称しておきながらユーザーの要望を無視した設計になっている(人気投票などの結果が反映されていない、定価が9000円(税込9240円)と高い、など)

などなど、問題が大量に噴出しており、ユーザーやファンたちは開発スタッフに対して説明責任を求めている。

BaseSonの対応

 ブログが炎上したにも関わらず、11月現在、BaseSon側からは未だに説明も釈明もなく、黙りを決め込んでいる。そのために、恋姫ファンたちの怒りは、呆れを通り越して、メーカーであるBaseSonへの信用度の低下と失望につながっている。

 また、恋姫†無双シリーズ自体が漫画、アニメ、小説と幅広い分野で展開を見せていることから、この場合の「恋姫ファン」を指す者には、ゲームを買う、あるいは借りるなどしてプレイしたユーザーの他に、漫画版や小説版、アニメ版を見ていた人たちと、今後に登場するはずのPSP版を楽しみに待っていた者たちも含まれる。

「萌将伝」の話題に触れる時の注意点

 この一件で同ゲーム、及びBaseSonに失望した者がこのゲームを「萌将伝」ならぬ「萌少伝」と罵るユーザーも少なくないため、タグやサムネの話題で「萌将伝」を出す場合、批難が飛び火する可能性もあるため、少なからず注意が必要となる。

 発売前、恋姫ファンたちはこれから発売されるはずのOVAやアニメシリーズの続編、PSP版への期待感に満ちていた。
 なのに、発売日、箱を開けたらごらんの有様だよ!本当にどうしてこうなった・・・。

名言 「愛紗は犠牲になったのだ・・・開発者演義の犠牲にな」

ただ、唯一の救いがあるとすれば、萌将伝発売以降も、愛紗を好きでいてくれるファンがまだまだいるという事であろう。Pixivでも、萌将伝発売以降も愛紗の絵は投稿されているのが、それを証明する事の一端と言える。

旅人は次の外史へ~炎のたからもの~
愛紗



ブログ以外の被害


ニコニコ動画大炎上


萌将伝の発売前から動画共有サイトニコニコ動画にアップロードされていた公式PV動画やOP動画も今回の一件で大炎上する結果となった。
また、ニコニコ大百科では、萌将伝本体の記事が作成されず、蔑称である萌少伝の名で記事が作成された。

Wikipediaでは


萌将伝の記事にブログ炎上の経緯が載っているが、中立的視点より少しユーザー側に傾いた記事となっている。


真・恋姫†英雄譚

更なる続編として発売された作品である。こちらでは萌将伝でエロシーンが抜かれたヒロインたちを保管するかのように、しっかりエロシーンが追加されている。とはいえ、一部ヒロインにスポットを当てていること前提なのでエロがないヒロインが多い。(これは発売前の公式ページの説明にてちゃんと伝わっている分、萌将伝よりも対応が改善されていると言えるかもしれない)

愛紗…蜀編メインヒロインの一人
雛里…蜀編の趙雲伝にて
恋…魏編のアペンドデータにて

ただし華雄だけは未だに濡れ場がない…

…と思われたが、実はDMMゲーム『恋姫夢想~英雄列伝~』にてレア度がSR以上の華雄を引き当てると、彼女の公式濡れ場を視聴できる。
他にも新キャラ共々、新しい濡れ場が追加された将もいるので必見。


関連イラスト

彼方の面影 / 真・恋姫†無双
我等詠ウハ兵ノ道標 / 真・恋姫†無双


あさきゆめみし / 真・恋姫†無双
お誘い【恋姫マンガ】



関連タグ

恋姫†無双 真・恋姫†無双 萌少伝
真・恋姫†夢想

pixivに投稿された作品 pixivで「萌将伝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1062557

コメント