ピクシブ百科事典

萩原子荻

はぎはらしおぎ

萩原子荻は、西尾維新の小説・戯言シリーズ及び人間シリーズに登場するキャラクターである。
目次[非表示]

「例え相手が人類最強であろうとも、私の名前は萩原子荻。
私の前では悪魔だって全席指定、正々堂々手段を選ばず真っ向から不意討ってご覧に入れましょう」

概要

クビツリハイスクール」より登場する。
澄百合学園の高等部三年生。檻神ノアの娘。
また、赤神イリアとの関係についても、意味深な発言をジグザグがしている。

言われた事をするのに一番効率の良い手段を選ぶ。
二つ名は策師。暴力の世界では例外的な一般人の域を出ない戦闘能力で有りながら、小さな戦争で零崎一賊や断片集と手玉に取ったほど才覚の持ち主。どっかの奇策士とは大違いである。剣道二段。また精密射撃を得意とするスナイパーでもある。
足首まで届くストレートの長髪が特徴的で、中学時代はツインテールに結わえていた。隠れ巨乳
しかし年相応の少女らしい部分もある。
また、明言はされていないが、かなりの災難体質。戯言遣いの「無為式」に巻き込まれ、零崎双識のデート・メール攻勢に押され、西条玉藻の世話役・監視役を引き受けさせられ・・・とその優秀さゆえにロクな目に合っていない。
牛乳飲んだのに背が伸びなかった。
ヤムチャファン。そしてラディッツの扱いの悪さに本気で同情している。

あの西東天にその才能を大いに買われた存在である。

以下ネタバレ


中等部のとき、雀の竹取山で「匂宮雑技団」と「零崎一賊」を敵に回して対等に渡り合った唯一の存在。
西東天も彼女を配下に加えたいと思っていた。
ぼく」の出したクイズから「ぼく」の本名を看破した比類なき頭脳の持ち主。
双識の「彼女」を演じる羽目になったこともあるが、本人もまんざらではなかった様子。


(戯言シリーズwiki外部サイトへのリンクより一部引用)


関連イラスト

策士と殺人鬼

 

関連タグ

西尾維新 戯言シリーズ 人間シリーズ クビツリハイスクール 澄百合学園
戯言遣い いーちゃん 零崎双識 紫木一姫 西条玉藻 檻神ノア

pixivに投稿された作品 pixivで「萩原子荻」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 217372

コメント