ピクシブ百科事典

萬三九六

よろずさんくろう

サムライスピリッツシリーズの登場人物。
目次[非表示]

プロフィール

■生年月日:宝暦二(1752)年 三月九日 巳の刻
■出身地:堺
■身長:六尺(約181cm)
■三体数:不明
■体重:二十五貫目(約94kg)
■血ノ型:B型
■武器銘:天下逸品
■流派:世界最強流(開祖)
■好きなもの:可愛い部下たち
■嫌いなもの:俺様より強いヤツ
■コンプレックス:強すぎること
■尊敬する人:俺様
■剣の道について:俺様さえ強けりゃあ問題なし
■特技:寿司の早食い
■平和を感じるとき:火縄銃を撃った硝煙の匂いを嗅いだとき
■好みのタイプ:どこか一つは世界最強であること

CV:志村知幸

概要

『零』で中ボス(CPU戦4人目の敵)として初登場。大型の木槌を武器とする、堺出身の盗賊。自信過剰で自らを最強と公言するが、都合が悪くなれば裏切り、子分達に援護してもらい、自分がピンチに陥れば拳銃に頼るなど、卑怯で姑息な性格。
設定上は『零』の新キャラクターだが、服装や体格、通常技のモーションなどは牙神幻十郎の使い回しであるコピペキャラ。
さらに名前も壬無月斬紅郎に似た響きになっており、それを利用しているのか自らを「鬼と恐れられた三九六様」と名乗ることが多い。
『天下一剣客伝』では、血戦の相手として斬紅郎が登場したとき、もしくは斬紅郎使用時のCPU戦で三九六が登場したときに「本物の鬼」が現れたと慌てふためく。
一八(いっぱち)、二四(ふよ)、五七(ごしち)と言う3人の子分がいる。三九六に子分3人の名前を合わせると、1から9まで数字を網羅しているようになる。
子分達には慕われているが、三九六は彼らを便利な存在としか思っていない(プロフィールの好きなものには「可愛い部下たち」と公表しているが、それとこれとは話は別)。
二四に惚れられているが、三九六はそんなことなど歯牙にもかけないばかりか、場合によっては彼女を遊郭に売り飛ばす対象としか見ていない(他の全ての女性に対してもそうであり、全ての女性キャラクターからは最悪の印象しか持たれていない。特にシャルロットからは「汚らわしい女の敵」と激しく嫌悪されている)。その一方で緋雨閑丸をなぜか3人の子分達よりも気に入っており、子分にしたがっている。
一八と五七は『ヤッターマン』のボヤッキートンズラーに似ている。
『零』では倒幕を目論む兇國日輪守我旺に便乗し、その部下として働く一方、素性を隠して幻十郎に接近し、我旺殺しを依頼していた。
立場上は同僚である黒河内夢路とは犬猿の仲である。

関連タグ

サムライスピリッツ

pixivに投稿された作品 pixivで「萬三九六」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18961

コメント