ピクシブ百科事典

蒼き流星SPTレイズナー

あおきりゅうせいえすぴーてぃーれいずなー

蒼き流星SPTレイズナーは1985年に放送されたロボットアニメ。
目次[非表示]

あらすじ

国連が主催し、火星で行なわれたコズミック・カルチャー・クラブ(宇宙体験教室)に選ばれた少年少女達は、謎の人型機動兵器・SPTの集団に攻撃された。多数の犠牲者が出る中、1機のSPTに乗った少年が彼らの窮地を救う。そして少年は名乗った。
「僕の名はエイジ。地球は狙われている!」

アルバトロ・ナル・エイジ・アスカというその少年は、攻撃を仕掛けているのがグラドス星という異星の軍隊であること、自分はそのグラドスと地球の混血であり、父親の故郷である地球の危機を知らせるために脱走してきたのだと告げる。
作り話だと疑う者、友人を失ったやり場のない怒りをエイジにぶつける者、エイジの真剣な瞳を信じようとする者など、少年少女達の心も様々に乱れる。だが度重なるグラドスの攻撃から、命がけで彼らを守ろうとするエイジとの間に、徐々に信頼と友情が生まれてゆく。

概要

サンライズが制作したオリジナルのリアルロボットアニメ作品の一つ。

東西冷戦時に製作されたこの作品では、舞台設定の西暦1996年になって人類が宇宙に進出するようになっても、米ソが対立を引きずったままであるということになっている。そんな中でのグラドス軍の襲撃は、まさか異星人の侵略とは思わず「アメリカの仕業だ」「いや、ロシアがやったのだ」などと、両国関係者や子供達が疑心暗鬼に陥るなどのリアルな描写がなされ、混血児でありながら戦争を止めさせようと奔走するエイジの姿は、人種などにこだわらず平和を願う一般市民の象徴であり、東西大国に対するアンチテーゼでもあった。

そうした大胆かつ意欲的な設定で放映が開始された同番組であったが、スポンサー降板やプラモデルの売れ行き不振などの不運が重なり、第38話で打ち切りになってしまう。その前の第37話で大破したレイズナーが完全修復されていたり、地球側のSPTがいきなり量産されてグラドス軍に立ち向かうなど、完全に途中を省略した形のものになっていた。その部分は後にOVA作品によってフォローされる事になる。

その打ち切りの悪名で語られることも多いが、上記の大胆な設定、主題歌「メロスのように」のサビの部分で、本日放映分のハイライトカットが挿入されるという斬新な演出は視聴者の印象に残り、今でも根強いファンの支持を得ている。

キャラクター

アルバトロ・ナル・エイジ・アスカ/井上和彦
デビッド・ラザフォード/梅津秀行
ロアン・デミトリッヒ/鳥海勝美
シモーヌ・ルフラン/平野文
アンナ・ステファニー/江森浩子
アーマス・ゲイル/堀秀行
アルバトロ・ミル・ジュリア・アスカ/横尾まり
ゴステロ/広瀬正志
ル・カイン/塩沢兼人

メカニック

SPT-LZ-00X レイズナー
E-SPT-LZ-00X-B V-MAX 強化型レイズナー
E-MF-LZ-00X-2 レイズナーMk.Ⅱ
SPT-BB-02U ベイブル
SPT-BD-03U バルディ
SPT-GK-10U グライムカイザル
SPT-ZK-53U ザカール

スタッフ

主題歌

オープニングは間奏部分でその回のダイジェストが入る演出がされていた。

タイトル作詞作曲
オープニングメロスのように -LONELY WAY-秋元康中崎英也AIRMAIL from NAGASAKI
エンディング(-25話)5分だけのわがまま秋元康中崎英也富沢聖子
エンディング(26話-)LA ROSE ROUGE河奈みその林哲司富沢聖子

関連タグ

サンライズ

関連イラスト

レイズナー
SPT-LZ-00X

pixivに投稿された作品 pixivで「蒼き流星SPTレイズナー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 182819

コメント