ピクシブ百科事典

蒼猿

あおざる

小野不由美氏・著の小説『十二国記』に登場する蒼い猿の印象のキャラクター。

概要

陽子が一人の時に限って現れ、不安や不信を煽るような口出しをしては去っていく。
正体は水禺刀の鞘の変じた幻影。
月の影_影の海」に登場する。

関連タグ

十二国記

pixivに投稿された作品 pixivで「蒼猿」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2739

コメント