ピクシブ百科事典

藤原義孝

ふじわらのよしたか

平安時代の歌人。中古三十六歌仙の一人。官位は正五位下・右少将。後少将と号す。
目次[非表示]

経歴

平安時代中期の公家歌人
美貌で仏教への信仰心が篤かったことは、『大鏡』『栄花物語』などの逸話に窺われる。
清原元輔源順源延光ら歌人との交流が知られる。

天暦8年(954年)摂政・太政大臣・藤原伊尹の三男(または四男)として生まれる。母は恵子女王。侍従・左兵衛佐を経て、天禄二年(971)、右少将。同三年、正五位下。
源保光の娘を娶り、藤原行成三蹟の一人)をもうけた。
天延二年、疱瘡に罹り、九月十六日、朝に亡くなった兄挙賢(たかかた)に続き、夕に亡くなった。享年二十一。

代表作

君がため 惜しからざりし 命さへ ながくもがなと 思ひけるかな

(藤原義孝(50番)『後拾遺集』恋二・669)

関連タグ

平安時代
和歌 百人一首

pixivに投稿された作品 pixivで「藤原義孝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 77355

コメント