ピクシブ百科事典

藤原肇

ふじわらはじめ

アイドルマスターシンデレラガールズに登場する、釣りと陶芸を愛するおじいちゃんっ子。
目次[非表示]

プロフィール


「見極めました、いきますよ」

タイプクール
年齢16歳
身長161cm
体重43kg
BMI16.59
B-W-H80-55-84
誕生日6月15日
星座双子座
血液型B型
利き手
出身地岡山県
趣味陶芸、釣り
初登場2012/03/15(お仕事「大阪エリア」)
第1回総選挙16位
第2回総選挙21位

概要

ついぴくまとめ
イメージを形に
肇ちゃん
肇ちゃん


アイドルマスターシンデレラガールズの登場人物で、設定からすると、岡山の中でも備前市周辺の出身と思われる。祖父に陶芸家として跡を継げと言われているが、憧れのアイドルに挑戦中。
勿論陶芸の心得があり、集中するのは得意と語るのもそのおかげか。親しくなると手作りの湯呑をくれる。また、今井加奈によると、ドイツを訪れた際にはコーヒーカップばかり見ていたらしい。

16歳ながら丁寧な敬語をつかうしっかりとした少女で、祖父譲りの頑固な性格らしい。無茶を言う祖父に反発はあるものの、備前の陶芸は日本一だと発言するなど、誇りも持ち合わせている様子。また、肇という名前も祖父が命名したそうで、男っぽいと言いつつ大切にしている模様。
…このように、特に初登場時に祖父の話題が多い。後続のカードでは出番が減っていくが、時々おいしい所を持って行く。なお、彼女のアイドルデビュー時には喜びすぎて腰を痛めたらしい。

ちなみに、藤原という苗字は岡山県において実際に多く、更に、藤原啓・藤原雄という親子二代で人間国宝となった備前焼の陶芸家がいる。運営が参考にした資料に載っていたのかもしれない。

浴衣祭り

夏の終わりに
[浴衣祭り]藤原肇
[マイエンジェル]藤原肇
肇ちゃん


スカウト券ガチャ「浴衣祭り」で途中から登場。Sレア並の守備型レアである。周囲からは雰囲気が変わったと言われるが、本人としては気取らず気負わず、自分らしく頑張っているらしい。
守備型だが優秀なステータスと特技、更に彼女自身の人気もあり、長い間高値で取引されている。

特訓前に着ている浴衣は祖母の形見だとか。久々の夏祭りが嬉しいそうで、台詞からすると、イラストの場面はプロデューサーより早足で行ってしまったところで呼び止められて振り向いたのだと思われる。浴衣はよく着ているそうなので、慣れずに上手く歩けないという事がないようだ。
特訓後はステージ用のミニスカ浴衣で「もっと上を目指すって決めましたから協力してください」「今の私で満足しないでくださいね?」と宣言する。また、再び湯呑を作ってきてくれるが、プロデューサーが以前の物を使い続けていたことに驚く。彼女に貰った物を手放すわけがないだろう。

「あの、プロデューサーさん、一つお願いがあるのですけど…手を繋いでくれませんか?……あっ、はぐれないように、ですから…ね」

夢の使者

SR [ねむい] 藤原肇
夢の使者
つめマン
はじめちゃーーーん!


2012年10月17日の復刻版パジャマパーティーガチャにて、新規追加としてSR化。[浴衣祭り]から一転して攻撃型に。SRはTシャツ1枚で、実家でうたた寝中。そして台詞は全部寝言。あどけない寝顔と、公式HP内の漫画「シンデレラガールズ劇場」第42話での夢オチにやられるCoPが続出。
なお、こんな状態でもLiveバトルに出せるし、場合によっては勝てる。やはり天才か…

SR+では神秘的ではあるが和風アイドルとしての姿勢を崩さない美しい衣装に身を包んでいる。背景も夢の世界を意識してか、オーロラや惑星が見える空の下、船で水上に浮かんだ幻想的な風景。プロデューサーが教えてくれたおかげで広い世界に旅立てたから、次は私が夢の使者に、と語る。

夜桜小町

肇ちゃん
はじめちゃん
6.15
夜桜はじめちゃん


イベント「アイドルプロデュース 春の桜祭り編」で上位SRになった。SRはメンバーの桃井あずき東郷あい片桐早苗龍崎薫と共にPと花見をしているところで、SR薫の背景にも後ろ姿が描かれている。初の上下揃った洋服姿で、私服に悩んでいた二次創作者も喜んだとか。

SR+は一転して二つ名の通りに夜桜の下での撮影に臨んでいる。特訓後の幻想的な美しさから特に人気が高く、数値的に上位互換のカードが揃い始めてもなお高額のドリンクで取引されている。

「月光に照らされた夜桜は風情がありますね。でも私も負けないくらい美しく輝きたい…。○○さんのアイドルとして…」

憧憬の絵姿

新SR!


「第3回ドリームLIVEフェスティバル」にて再び上位SRに。特訓前は趣味の釣りを写した場面で、アイドルそっちのけで釣りの話しかしていない。そして背景には、遂にあの祖父が後ろ姿で登場。
特訓後は一転ライブの衣装に身を包み、Pとともに自分のイメージするアイドル像を形にした嬉しさを爆発させている。ハイテンションなのは台詞からも一目瞭然だが、口を開けて笑う表情にも注目したい。これまではプライベート時にこうした笑顔を見せても、ステージ上での+衣装では微笑んでいても口を閉じていて、前回[夜桜小町]でようやく少し開けた程度だった。今回はアイドルとして成長し、今まで以上にリラックスして感情を表現できるようになったのではないだろうか。

ちなみに、本人曰く空想がちな性格らしい。妄想ではないですよ、むふふ。

シンデレラガール選抜総選挙

第1回シンデレラガール選抜総選挙では16位、第2回シンデレラガール選抜総選挙では21と中々安定した順位でありCDデビューが近そうに見えるが、クール系は直近の総選挙にかなり忠実な選考がなされている為より上位のアイドルにその座を奪われ続けており、あと一歩のところでデビューできないという歯痒い状況が続いている。第3回シンデレラガール総選挙では中間22位でボイス未実装のクール系としては鷺沢文香塩見周子に次ぐ3位。このままいけば第8弾以内のCDデビューは堅いか…?

pixivに投稿された作品 pixivで「藤原肇」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 787353

コメント