ピクシブ百科事典

藤島鳴海

ふじしまなるみ

ライトノベル「神様のメモ帳」の主人公である。

16歳の男子高校生。誕生日は10月31日。
容姿はごくごく平凡で特徴がないとされている。母親はすでに死んでおり、(原因は不明)父親は家に寄りつかず、姉と二人暮らしをしている。
幼い頃から短い間隔で転校を繰り返してきたせいで、特に親しい友人も出来ず、他人に心を開けない性格であった。
独り言がやや多く、考えていることがしばしば口から漏れる。
何事も自分のせいだと決めつけてしまう癖がある。
危機感が欠如している節もあり、危険を顧みずに事件に首を突っ込むことが多く、そのたびにアリスと四代目に怒られている。
エンジェル・フィックス事件(アニメではオリジナルの話だった)でアリスに雇われて以来、探偵助手をつとめる。平時はアリスの食事の世話や事務所の掃除、使い走りなどが業務である。身体能力にも情報収集能力にも特筆すべきところはないが、視覚・聴覚が人一倍鋭敏で、観察力に優れている。コンピュータにはそれなりに詳しく、絵心もある。
追い込まれた状況になるとまったくだれも考えつかなかったような奇策を着想し、無鉄砲ともいえるほどの行動力を発揮する。必要な状況では非常に口がうまくなり、ヤクザをも怯ませる話術を持つ。そのため「詐欺師」と称されることが多い。
                       (wikipediaより抜粋)

pixivに投稿された作品 pixivで「藤島鳴海」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 175552

コメント