ピクシブ百科事典

藤崎詩織

ふじさきしおり

『ときめきメモリアル』の登場人物。
目次[非表示]

概要

誕生日プレイヤーが設定※
血液型プレイヤーが設定※
身長158cm
3サイズ83/56/84(1年)、84/56/85(2年)、85/57/86(3年)
卒業後の進路一流大学
CV金月真美

※ファンディスクなどでは5月27日生まれのA型と設定されている。なお、誕生日の日付はPCエンジン版が発売された日(1994年)にちなんだもの。

ときめきメモリアル』のメインヒロイン


オープニングやパッケージを飾るメインヒロインで、幼馴染属性も含め、他キャラよりシステム的に優遇されている。
例:

  • 夏休み水曜日に起こるランダムイベント「Wデート」で必ず登場。
  • 体育祭の二人三脚では、特別なイベントを起こさない限りパートナーは必ず詩織になる。
  • 修学旅行文化祭イベントで声をかけてくる優先度1位。
  • 誕生日はプレイヤーが設定可能で、詩織狙いのプレイヤーは大抵主人公と同じ誕生日にする。更に、春休みの休日にプレイヤーと誕生日を同じにすると、好感度によってイベントが発生。誕生日によって所属する部活が決まる為、全部活でのイベントパターンが存在する。他のヒロインは、近似している部活2つか、1つだけであり、一部を除き1つだけの部活に詩織が所属すると、そこに所属するヒロインはそのプレイ中は登場しない。

2.5次元アイドルとして「藤崎詩織」名義でCDをいくつか発売し、
リアルのファンクラブで会員も集めた。詳しくはWikipediaを参考されたし。

人物

主人公の家の隣にすむ幼馴染で、きらめき高校のアイドル的存在。容姿端麗・成績優秀・スポーツ万能・品行方正と、ほぼ完璧超人。頭につけている黄色のカチューシャがトレードマークで、それを集める事は趣味でもある。好きな食べ物はスパゲティ

何故かSS作品では常に学年一位な事が多いが、テスト前に図書館デートを選ばない限り、学年一位という事は無い。まぁ、それでもトンでもなくすごいのだが……。

欠点

ゲームの説明書や攻略本等の性格における解説では『誰にでも優しい』という説明文が書かれる事が多いが、実はそうでも無かったりする…。
主人公に対する好感度の違いによってあまりにも態度が変わってしまう事からも、実際はかなり人の好き嫌いが激しく、また特に親しくも無い状況なのに、主人公がそっけない態度に出ると機嫌を損ねたり悪い噂を流す等、我侭な面を見せる事も少なくない。この為、好みの異性に関しても高望みする傾向があり、主人公が詩織を攻略するには、相当の努力をしなければならなくなる。

好感度が低い時は、主人公に対して理不尽なまでに辛辣な態度をとる。

  • 話しかけただけで露骨に嫌そうな態度に出る。
  • たまたま一緒にいるだけで何かと横から嫌味を言い、過去の失態についてまで蒸し返してくる。
  • 自分にとってうまくいかなかった事はとにかく主人公が悪いと言い出す。
  • 他の女子が主人公を好意的に見た際は「物好き」呼ばわりまでする。

これらのあまりの不条理さから、ときメモプレイヤーは辟易させられる事になる。

特にときメモプレイヤーが、序盤に確実に1回は聞く詩織の有名な台詞
一緒に帰って、友達に噂されると恥ずかしいし
帰宅時に、家がお隣同士だからといって一緒に帰ろうと誘うとこの台詞が帰ってくる。
当然、こんな状態で告白でもすれば、「あなたと幼馴染みというだけでも嫌なのに」と、主人公が詩織やその周囲に対して悪い行いをした訳でもないのに、酷い拒絶の仕方をする。
何がそこまで、主人公を拒絶させるのだろうか…?

正直、気分の悪くなってくる台詞を容赦無く言うが、プレイヤーのステータスが一定値以上だと向こうから誘ってくるため、結果的に「傲慢で計算高い悪女」扱いされる事も……。
ちなみに、主人公が「容姿」を磨くと露骨に近付いてくる。

ラスボス

『ときめきメモリアル』の最終目標は、高校卒業式の際に伝説の樹の下で女の子に告白してもらう事であり、好感度が規定値以上・デート回数規定値以上に加え、最終パラメータが規定値以上になって初めて告白してもらえる。

しかし、詩織の場合その最終パラメータが相当高く、かなり計画を立てないと幼馴染とは言え、射止めるのが難しい。その難易度の高さから、ラスボスといわれる事もある。また、要求されるパラメータが高い為、普通に攻略しようとすると大量の女の子が出てきて攻略が難しくなる(同作では女の子を放置するなどして傷付けてしまうと他の全員の女の子の好感度に悪影響を与えてしまうシステムがあるため、女の子の登場数は少ない方が攻略しやすい)。その為、普通に攻略する場合は、詩織を狙いつつ他の女の子に嫌われないように適度に相手をする、というプレイを要求される。

……ちなみに、本来告白してもらうのは彼女がメインであり、他のヒロインは恋のオジャマ虫とされているとのこと。……もっとも、告白されやすいヒロインが一番人気が高かったりするのだが。

公式でもネタにされてるのか、『ときめきメモリアル対戦ぱずるだま』では詩織以外のキャラクターでゲームを進めた場合は、彼女がラスボスとして登場している。

実際のところは……

ちなみに、『ときめきメモリアル』にはあだなに「こなみまん」とつけると、主人公のステータスがすべて573になる裏ワザがある。バッドステータスであるストレスと、あだなで呼ばれた時の雰囲気が台無しになる代物だが、この裏ワザを使っても初期状態で彼女が一緒に帰ってくれる事は無く、部活やデートで好感度を上昇させなければ一緒に帰ってはくれない。

主人公と詩織は幼馴染であり、小学校・中学校と一緒かつ同一誕生日イベントの内容から、更に前から知っていた可能性もある。さらに、クリスマスも一緒に祝っていたり、二人だけの冒険もあった事から元々、仲はかなり良好だった様子。おそらく、中学校あたりでなにか疎遠になるようなきっかけがあったのだとは思う。この年代って、大体そういう雰囲気あるし……。

なお、SSの書き手によって、優等生の仮面を被った臆病キャラか、幼馴染を値踏みする悪女キャラかが分かれたりする。

コナミとしては、ドラマシリーズ「旅立ちの歌」や、ラジオドラマの詩織の様に描きたかったのだが「ゲームの趣旨」としては詩織を落とすのが最終目的の為、難易度が高くなり、本来の思惑から外れてしまったのが悲劇だったのかも。簡単に落ちるヒロインでは意味が無いからね…。

勇気をください

神様からも愛されているのか、毎年大吉を引くラッキーガールでもある彼女。好感度が告白条件を満たして居る時、初詣に一緒に行くと、「勇気をください」とお願いしたと言われる。主人公にその理由を聞かれてごまかすが、傍から見ればその理由は言わずもがな。

ときめきメモリアル2』主題歌「勇気の神様」は彼女にこそ相応しいと思う。

切っちゃった♪

クイズゲーム『ときめきの放課後』のエンディングでは、きらめき高校卒業後の会話が流れる。詩織の場合、卒業後の進路が彼女と同じ一流大学だと特殊エンディングとなるのだがこの特殊エンディング、全てのキャラクターの髪型が変わっており、詩織だと腰まで届くロングヘアーをばっさり切って肩まで届くほどの長さになっている。

ふられたら切るんじゃないかという主人公の問いかけに対して、同じ進路の為、またこのままじゃないかと思い、幼馴染のままの自分で居たくないから切ったとのこと。

ここでのベタベタ具合は、後の幼馴染ヒロインである陽ノ下光大倉都子に匹敵するんじゃないかなぁ、と思うくらいだったり。詩織の髪型も含めて、このシーンは必見である。

収録を終えて…

ゲームで詩織を演じた声優の金月真美はゲームが完成した際、サンプル版を自身でもプレイした事がある。その後東京ゲームショー内で行われたときメモシリーズのトークショーに、陽ノ下光役の野田順子と、牧原優紀子役の神田朱未の3人で登壇した際、「私は今だから声を大にして言いたい!! はっきり言ってみんな(プレイヤー)は、こんな女の何処が良いんだ!! この女理想高過ぎだろ!!」と、詩織に対して愚痴をごぼしていた。

ちなみに主人公

無論、当初の目的は詩織から告白される事。

特に手を加えない場合、初期ステータスは凡庸であり、詩織との自己評価も疎遠な幼馴染だが、たった3年で成績優秀・スポーツ万能・容姿端麗と詩織のお株を奪う様な進化振りを見せインターハイ優勝、特効薬開発、新銀河番長襲名などの素質を持ち、修学旅行でヒロインと行動している中、ヒグマ・シカ・ハブが襲ってきた場合身の危険を顧みずにヒロインを守るために戦う事もあって(一緒に逃げた場合もそれはそれでありなのだが)、女の子から声をかけてきても断る事ができるモテモテ男になってしまう(状況考えて断らないと、ゲームシステム的な理由で爆弾だらけになってしまう)。

伊集院レイに憧れている女子生徒とは数では比較にならないが、主人公とかかわりのある女子は学校でも有数の人気者ばかりの為、解る人には解るいい男ということなのだろう(そもそも、その伊集院レイでさえも……)。

疎遠になった原因が彼女の完璧超人振りと、自らの凡庸さだったのだとすれば、入学時に伝説の樹の話を聞いてやる気が充実したのか、よっぽど努力したようだ。見習え、近年のギャルゲ主人公共。

リアル主人公現る!


ネタ成分が多く含まれています!

2015年9月28日、福山雅治吹石一恵の結婚報道が広まり、世の福山雅治ファンの一部女性は落胆する一方、吹石一恵に関しては実写映画版の詩織を演じたこともあって『福山雅治が藤崎詩織を落とした』『詩織攻略パラメーターをリアルで持っているのは福山雅治』『福山雅治なら納得』とネット上でネタにされてしまった。

念のためであるが、この詩織は実写版の話である。

こんな幼馴染でした

なお、詩織の事との関係を疎遠な幼馴染と評していたが、幼い頃にクリスマスを共に祝い、親に内緒で遠出してハプニングに遭ったり公園での背丈比べをしていたというどう考えても密な関係。

さらに、ゲームボーイカラー版のイベントでは詩織との関係が進んでいくと、夏に花火をし、詩織にいいとこ見せようとしたらマッチ箱が炎上して髪の毛がチリチリになった事、詩織に栗の実をプレゼントしようと取ろうとしたらイガが頭に刺さった事、詩織が甘酒飲めないので、飲みまくったらベロンベロンによってしまった事を思い出される。

更には、春休みの同日誕生日イベントでは昔、詩織に指輪をプレゼントしていたことが発覚。主人公はその時に言った台詞を忘れており、詩織も詳しくは語ってはくれなかったが、その内容が「しおりちゃん、けっこんしよう」的なものである事は容易に想像がつく。

その後の詩織

『1』の15年後の続編となる『ときめきメモリアル4』で、詩織は体育祭の記録レコードで名前のみ登場する。

しかし、詩織とヒロインの1人・皐月優が親戚関係にあるという設定が追加されており、優の口からきらめき高校を卒業した詩織のその後が語られている。

優によると、卒業式の日に伝説の樹の下で幼馴染の『1』の主人公に告白して結ばれ、伝説通りに幸せに暮らしているらしい。優の台詞で、30歳を過ぎても高校時代と変わらずヘアバンドを愛用し、中でも黄色の物がお気に入りらしいことがわかる。

また、幼い頃の優に伝説の樹の話を教えたのは詩織であり、伝説の樹に憧れた優はきらめき高校に進学している(ちなみに彼女以外に伝説の樹の話を正確に知っているのは、両親が伝説の体現者である大倉都子だけである)。

なお、優は全てにおいて完璧な詩織に憧れている。これは詩織が趣味としていたクラシック音楽鑑賞やヘアバンド収集を自身も趣味としている点や、理想の男性への厳しい条件などでわかる。また、詩織の有名な台詞でもある「一緒に帰って、友達に噂されると恥ずかしいし」も優に引き継がれている。

ちなみに、優のスリーサイズは高校3年生時の詩織のスリーサイズと全く同じでもある。

ただ、優が詩織と決定的に異なる点は、「主人公の幼馴染ではない」ということであろう(その「主人公の幼馴染」である都子が『4』では圧倒的な人気を得た上、システム的にも優遇されているのだが)。

まさかのサプライズ参戦

2011年4月に発売された『オトメディウスX』にて、なんと詩織がボスキャラとして参戦を果たしている。

グラディウス外伝』に登場したボス「ヘブンズゲート」のパイロット(?)として登場。このヘブンズゲートだが、何ときらめき高校旧制服のカラーリングを纏っている(奇数周回では夏服、偶数周回では冬服のカラーリングとなる)。

詩織についてだが、イラストは他キャラ同様吉崎観音によるもので、CVも当然金月真美を起用している。設定画のコメントでは、バクテリアンに乗っ取られたか、クローンというような事が書かれていた(明確な理由は未記載)。

台詞も「友達に噂されると恥ずかしいし」「悪い噂流すわよ」など、ときメモファンならニヤリとさせられるものばかりで、この辺はさすがコナミは良くわかってる、と思わせる。

また、ラブプラスシリーズに収録されている「もっと対戦ぱずるだま」では条件を満たすと乱入してくる。しかもかなり手強い。こちらもCVは金月真美である。

意外であるが、他のコナミ作品への初のゲスト出演はSFCのがんばれゴエモン3の未来での大江戸ツーリスト店員でボイス付きである。なお、まだこの時点ではスーパーファミコン版ときめきメモリアルよりも前の話である。同じくツインビーからのゲスト出演していたパステルと比べると「誰?」と思った人も多いだろう。

裏設定

鉄棒での逆上がり格闘技空手柔道アクロバット剣道バイクでの運転なども簡単にこなすこともできる。ちなみに車に引かれそうになった瞬間に宙返りムーンサルトで回避した。

PCE版では1979年生まれと設定されていた為、リアルタイムでは先述の通り30代である・・・のだが、実は同じコナミキャラであるあのソリッド・スネーク(1972年生まれ)とたった7歳ぐらいしか年の差がない。
互いに二周りくらい離れているような外観ではあるが、実は極端に離れていないのである。


関連イラスト

藤崎詩織ちゃん



関連タグ

ときめきメモリアル 皐月優 幼馴染 完璧超人 ラスボス
金月真美 吹石一恵

はばたき市に5年に一度現われる伝説の小悪魔 - ときメモGSシリーズの主人公である女の子。ある意味、藤崎詩織以上のツワモノ。

pixivに投稿された作品 pixivで「藤崎詩織」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 530756

コメント