ピクシブ百科事典

蛭魔妖一

ひるまよういち

蛭魔妖一はメディアミックス作品『アイシールド21』の登場人物。
目次[非表示]

CV:田村淳

概要

泥門デビルバッツ主将。ポジションはクォーターバック。背番号1。
40ヤード走5秒1、ベンチプレス75kg。

その類稀なる情報収集能力と、容赦の無い毒舌、悪魔的な所業により、泥門高校の全校生徒からは「悪魔のような奴」「目をつけられたら最後」と恐れられる外道。事実、弱みを全て書き綴っている”脅迫手帳”を所持しており、あの手この手で教師や生徒達をはじめ周辺住人をも自分の都合で巧みに操り、その様は正に傍若無人、神をも恐れぬ行為の連続である(但し、手帳には何も書かれておらず彼の頭脳に全て記憶されている。同時に栗田とムサシの弱味は明記されてはいない)。
アメフト部の備品や設備費は、全て校長を(単純に)脅し出費させている。正に最も敵に回してはいけない男、である。
その反面、アメフト絡みにおいては奴隷にした者を解放するなど仁義を貫く。

ちなみに人を褒める際には言葉ではなく無言で相手の尻を蹴ることでそれを示す・・・のだが、やはりあまりにも意図が伝わり難いことからほとんどのチームメイトは初見だと意味がわからずに混乱している。

小早川瀬那の脚力に目をつけ、主務になりたいという彼の意向を無視して、無理やりランニングバックに据えた。また、よその部活に取られないようにと、色付きのアイシールドを身に付けさせて正体を隠し、謎の選手「アイシールド21」として売り出した。

奇襲をはじめとする奇策や珍策を駆使し、トリックプレーやハンドオフフェイクを操る。また瞬間的な記憶力で位置を把握し、的確に標的に落とす事に優れる。
QBとして非常に優れた頭脳とテクニックを併せ持つが、反面身体能力は人並み。特にパワープレイは苦手で、中堅程度の相手でも捩じ伏せられられてしまう程に筋力が弱い。その為、プロになる好機には全勢力を傾けている。

とにかく「勝利」にこだわる性格で、どれだけ可能性が低くとも勝算があるうちは決して勝負を投げ出さない。その一方で、見込みがゼロだと判断した時は、途端にやる気をなくして棄権しようとする。同時に、格下の相手であっても、負ける可能性がわずかでもあれば決して油断しない。

私生活については謎が多く、選手としての身体データ以外のあらゆるプロフィールが謎に包まれている。現在判明しているのは年齢が17歳であること(回想で7年前に10歳だった)のみ。作中で携帯電話に父親からの留守電が入っており、その内容やヒル魔の話口から推察するに父親とは何か確執があるらしく、栗田にも煙に巻いた説明をしている。クリスマスボウルでは父「ヒル魔幽也」が観戦していたが、顔を合わせなかった。
36巻で父親がチェスの元日本アマチュアチャンピオンと判明。

彼のその後に至っては原作とTVシリーズとでは異なっており、原作では高校卒業後は最京(さいきょう)大学に進学してアメフトを続けている。大学でも学長を脅迫し、影で学校を牛耳っている。高校時代と同じく非現実的な乗り物に乗ったり偵察のため勝手に他校の試合を組むなど、その横暴さも健在。

関連イラスト

ヒル魔さん


ケルベロス日和
ヒル魔



関連タグ

アイシールド21
泥門デビルバッツ
栗田良寛
武蔵厳

pixivに投稿された作品 pixivで「蛭魔妖一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 889109

コメント