ピクシブ百科事典

蜃気楼

しんきろう

蜃気楼とは、どこかの光景が、実在する地点から離れた場所に幻として現れる現象。
  1. 空中楼閣や貝楼、海市とも呼ぶ。
  2. 「コードギアス」シリーズに登場するナイトメアフレーム。⇒蜃気楼(コードギアス)
  3. もしかして⇒森気楼KOFの人物画などを手がけたイラストレーター)


原義

光の屈折による大規模な幻影
英語では【mirage】(ミラージュ)という。

通常、光は直進するものだが、地球の大気圏内においては冷たく密度の高い方へ進む(≒屈折する)性質を持っている。
これによって、大気の温度が急速に変化することで普通は見えない遠方の物体がおぼろげに浮かんで出現し、あたかもそこに町や建物が存在するように錯覚させられるのだ。

海面の空気が急激に冷えて発生する「上位蜃気楼」、地面が急激に熱せられて発生する「下位蜃気楼」、日本の“不知火”に代表される「鏡映(側方)蜃気楼」の三種が存在する。

「蜃気楼」の記述は、大乗仏教の太祖・龍樹の表わした「大智度論」の第六にまでさかのぼり、そこでは「乾闥婆城」として記されている。
単語としては中国の伝承で、巨大な妖怪「蜃(シン)」が口から幻を見せる煙を吐くことで起きるとされ、そこから「“蜃”の吐く“気”が見せる幻の“楼”閣」という意味で、蜃気楼と呼ばれるようになった。

関連タグ

気象 怪奇現象 ミラージュ
陽炎 風景 遠景 砂漠 地平線 水平線

pixivに投稿された作品 pixivで「蜃気楼」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 137821

コメント