ピクシブ百科事典

蟹座のデストール

きゃんさーのですとーる

『聖闘士星矢 NEXT DIMENSION 冥王神話』に登場するキャラクター。前聖戦時代の蟹座の黄金聖闘士。
目次[非表示]

蟹座のデストール(キャンサーのデストール)は聖闘士星矢 NEXT DIMENSION 冥王神話に登場するキャラクター。

デストール
【聖闘士星矢】あたしのラブよ!【ネクストディメンション】


聖域十二宮の巨蟹宮を守護する蟹座黄金聖闘士で、『棺桶屋のデストール』とも呼ばれる男。現世に未練を残し舞い戻ってきた亡者を、自作の棺桶に詰めて冥界へ送り返しているらしい。
生きた人間も棺に詰めて黄泉比良坂に送ることも可能(天馬と瞬を日本式の伝統的な省スペース型に詰め込んでいた。日本式は作り慣れていなかったらしく、落とす前に自然崩壊したが)。

赤毛の逆立った髪にしゃくれ顎の細マッチョでお世辞にも美形とは言い難い容姿の上にオネエ言葉で喋る聖闘士(性別に関しては自分が正真正銘の男であることは認めている)であり、アテナとハーデスの内勝った側に付くと豪語するなど日和見的で狡猾な面を見せる。
しかし「男を見る目は確か」と自称する通りガルーダの水鏡がアテナを裏切っていないことを見抜くなど、その洞察力は確か。
加えてその様なキャラに反して実力は相当なもので、水鏡の技を早々に見切った上にダメージで弱っていたとはいえ水鏡・天馬・瞬の3人を一方的に反撃の余地も与えず叩きのめすなど実力はかなりのもの。
しかし切り札とも言うべき「沈黙の棺」で3人まとめて送ろうとしたのが裏目に出て、天馬の騙し討ちで逆に「沈黙の棺」に閉じ込められてしまいやっと退場した。
退場時の叫び声は『AJYAPAAA~!!』


……と思いきや黄泉比良坂で棺に入ったままあわや冥界行きのところを冥闘士達に寝返りを条件に助け出され、あっさりと寝返りを了承し再登場。
カイザーと対峙、かと思いきや冥闘士を彼が始末したのを見届けるととっとと自分の宮に帰った。
その際カイザーに倒されて瀕死状態のワームの冥闘士「ピーチアタック」と称しケツで潰して止めをさしていたが正式な技名なのかは不明。

瀕死になりながら前進しようとする水鏡を思って涙を浮かべ、彼を追おうとするカイザーを一喝してまで止める等、人情は意外とある模様。

フェニックス一輝とは特に戦おうとせず通そうとしたが、「借りを作りたくない」という主義の一輝の意向もあり彼に棺桶に亡者を詰めて黄泉比良坂に送る作業を手伝ってもらうも、黄泉比良坂から攻め入ってきたフェルメールと対決。一輝を巨蟹宮まで戻し、一端はフェルメールを「沈黙の棺」に閉じ込めるも、彼のコズミックマリオネーションの糸が出ていたため閉じ込めに失敗し、技をかけられて聖衣どころかカツラまで外れ、実は2323だったことが判明した。

ファンの間では「カニカマ姐さん」などとも呼ばれており、本シリーズでは珍しく「美形じゃないのにものすごく強い」異色のキャラである。


必殺技

当該項目参照

  • 蟹座八方美人(キャンサーオールビューティー)拳
その名の通り、八方から迫る敵を迎撃する、対多人数用の闘法と思われる。
  • 娑婆陀芭陀亜(シャバダバダア)
一輝を黄泉比良坂から脱出させた技。デストールは黄泉比良坂へ足を踏み入れる機会が多かったため、そこから帰還するための手段として備えていたものと思われる。
  • ピーチボンバー
通称「桃爆」。上記ピーチアタック同様のヒップドロップで、この技によりフェルメールを倒している。正式な技に含めていいのかは果てしなく謎だが、その光景に色んな意味で気圧された一輝は、「恐ろしい技だ」と苦笑気味に評した。

蟹座の黄金聖衣

をモチーフとした、刺々しいシルエットを持つ聖衣。階級は黄金
この聖衣を纏う他の蟹座の黄金聖闘士は以下の通り。

3代蟹座




関連タグ

黄金聖衣 かにかま
蟹組
 蟹座のデスマスク
 蟹座のマニゴルド
 蟹座のセージ
 蟹座のシラー




















エピソードG.A(重大なネタバレ注意)
(少なくとも)エピソードG.Aの物語においては後世のデスマスクの師匠という設定になっている。
だが、以蔵のように生き返ったわけでなく、死した状態(魂)でデスマスクを育てた。シュラ達を連れ戻すために冥界にやってきたデスマスクと再会し、助言した。私服は半裸ジャケットとやたらかっこいいが、顔立ちとオネエ言葉は相変わらずである。

pixivに投稿された作品 pixivで「蟹座のデストール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23156

コメント