ピクシブ百科事典

装甲強化型ジム

そうこうきょうかがたじむ

装甲強化型ジムとは『ジオニックフロント 機動戦士ガンダム0079』に登場するモビルスーツ。
目次[非表示]

機体概要

陸戦用ジム系列の機体で、後期生産型ジムの装甲をデザート・ジムと同様に「リアクティブ・アーマー」などで強化している。

重量増加による機動性低下を補うため新型推進システムを脚部に設け、ジムでは初めてホバー機動を実現した。
類似したコンセプトの機体としてジム・ストライカーがある。

型式番号RGM-79F(RGM-79(GRS))
所属地球連邦軍
製造地球連邦軍
生産形態量産機
全高18.0m
本体重量41.2t
全備重量59.5t
出力1,250kw
装甲材質チタン・セラミック複合材
武装ビームガン、90mmマシンガン、ビームサーベル、ハイパーバズーカ、ラージシールド、ミドルシールド、スモールシールド


ゲームでの扱い

ジオニックフロント(初出)

ドムと同じ性能を有しているため、非常に厄介な敵として登場。ハイパーバズーカや、ビームサーベルしか武装していないが機動力の高さと重装甲が脅威となり、ドム以外のMSでは撃破が難しく、返り討ちを食らう危険がある。(この機体の攻撃を食らっただけで一撃で沈む為、禁物。)長距離による砲撃でないと撃破できない。尚、本編の後半と本編の2周目以降から登場する。

バトルオペレーション

キャンペーン限定配布機体として登場。思ったより素早いぞ・・・
運用法はドムと全く同じ。(ドムを基準にしているせいか、何故かガニ股姿勢である。)
立ち位置的にはドム・トローペンと同じであり、他の機体にヘイトを稼いでもらった上で2番手あたりとして突撃し、その爆発力で敵を撹乱・殲滅する事が本機の仕事である。(パワード・ジムと比較すると色々劣るが、格闘の威力はパワード・ジムと同等かそれ以上の火力を持ち合わせている。)上位LVの開放が思ったより速い為、しばしばネタにされる。

関連項目

ジオニックフロント 陸戦用ジム デザート・ジム

pixivに投稿された作品 pixivで「装甲強化型ジム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2356

コメント