ピクシブ百科事典

裸身活殺拳

らしんかっさつけん

古代中国で生み出された地上最強の拳法。
目次[非表示]

裸身活殺拳とは?

古代中国で生み出された古武術の一つである。
特徴はの制御に重点を置き、それを攻撃にも転用した点である。

体内に気を充満させ、練り上げた気を体表面から発射して敵にダメージを与える。
その威力は皮膚の面積に比例する。
究極奥義「全裸万象」まで極めれば、素手で核ミサイルを撃墜できる地上の最強の拳法である。

その性質上、皮膚を隠す衣服を着ていると攻撃時の威力が下がってしまう。
また気を練り上げるためにも肌が露出しているほど効率がよい。

だが衣服防具を着用しないと、自身の防御力は低下する。
また使用者が極意を極めていないと、己の羞恥心とも戦わねばならず、羞恥心に堪えられなくなると戦闘続行が出来なくなってしまう。

文化大革命の時には「いたずらに裸身をさらし、人心を惑わす非科学的な拳法」中国共産党から徹底的に弾圧され、一時は継承者が途絶えたかと思われた。

民明書房刊『中国秘拳満漢全席』より

閑話休題

裸身活殺拳とは、ガイナックスゲーム作品『バトルスキンパニック』に登場する架空の拳法である。
作中での設定は前述した通りで、「脱げば脱ぐほど強くなる」拳法である。

なお同じガイナックス作品であるゲーム版『まほろまてぃっく』ではエロ教師も習得しているとか(原作には存在しないゲームオリジナル設定)。

関連タグ

バトルスキンパニック ガイナックス 脱衣

PSO2 - 似た様な設定を持ち、露出度の高い衣装が多い事に対する説明が「大気中のフォトンとの感応性を高めるため」。

pixivに投稿された作品 pixivで「裸身活殺拳」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 51355

コメント