ピクシブ百科事典

西東天

さいとうたかし

西東天とは西尾維新の小説、戯言シリーズ及び人間シリーズの登場人物である。
目次[非表示]

「よう――『俺の敵』。縁が《合ったら》、また会おう」

概要

《人類最悪》哀川潤の実の(血が繋がっていると言う意味で)父親。
狐の仮面を被っているため「狐さん」と呼ばれる。人類最悪の魂の持ち主にして「人類最悪の遊び人」。
39歳。

かつて玖渚友の「チーム」と対立した辣腕の機械師「砂漠の狐(デザート・フォックス)」でもある。
29歳の頃に因果から追放された以後、表立って行動できない身になった。
世界の終焉を望み、そのために手足として「十三階段」のメンバーを集める。
ぼく」を「俺の敵」と認識して以後、世界の終焉に向けて動き始めた。愛車は白のポルシェ。
漫画をこよなく愛している。眼鏡フェチ。「周囲を狂わす」存在であることは「ぼく」と共通する。
全ての事物は代替が可能であるという「ジェイルオルタナティブ」と、
物語はどうであれ全て同じ場所に行き着くという「バックノズル」の二大理論を掲げる。
口癖は「ふん」と、「そんなことはどちらでも同じことだ」
また相手の台詞を反復する癖もある。その場合は「○○か、ふん」となる。
カリスマはあるが人望はなく、自他共に認める考え無し。
哀川潤を「未完成」と罵っているが、彼女が想影真心に勝利した際には「自慢の娘」と評した。
ラストで僕に殺されたと思われていたが、哀川潤の言語からすると生きている様である。

服装としては白い着物に和傘と言う古風な格好だが
人間シリーズでは白いスーツに同じく白い羽ファーという格好だった。


モデルとなったのは京極夏彦の作品に登場する元軍人、堂島静軒

関連イラスト

あいかわさん家
【戯言図鑑】西東天



関連タグ

戯言シリーズ 人間シリーズ 戯言遣い いーちゃん
哀川潤 想影真心 十三階段 玖渚友

pixivに投稿された作品 pixivで「西東天」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 180137

コメント