ピクシブ百科事典

西鉄クリッパーズ

にしてつくりっぱーず

埼玉西武ライオンズの創設時の名称。

概要

親会社の西鉄は戦前には西鉄軍という球団を所有していたが、これは1943年に大洋軍(戦後の大洋ホエールズとは別モノ)を譲り受けたものの、戦局悪化に伴う選手応招などで経営維持が困難となり、1年足らずで解散、消滅してしまう。
戦後、西鉄はこれを復活させようと申請するが、消滅扱いとなっていたため認められず、改めてプロ球団を設立。1950年、2リーグ制始動とともにパシフィックリーグ加盟。
名前の由来は親会社の西鉄が、アメリカの航空会社だったパンアメリカン航空(パンナム)の代理店だったことから。

本拠地は福岡県福岡市平和台球場
西日本パイレーツと合併し同球団が存続球団となり西鉄ライオンズとなり、現在の埼玉西武ライオンズの母体となった。

コメント