ピクシブ百科事典

要石

かなめいし

要石 (かなめいし)とは、神社の境内地中に埋まっている巨大な石である。
目次[非表示]

要石とは

  1. 茨城県鹿島神宮千葉県香取神宮に存在する一対の霊石。
  2. 東方projectの登場キャラクター比那名居天子が扱う注連縄つきの岩。
  3. ポケットモンスターDPtに登場するアイテム→かなめいし


神社に存在する『要石』

要石とは神社に祭られる、その大半が地中に埋まっている石である。
ちなみに本来「要石」とは鹿島神宮(茨城県)と香取神宮(千葉県)に存在する一対の石のことのみを指す。
  ゆるげども よもや抜けじの 要石  鹿島の神の あらん限りは
万葉集に歌われるほど古くから存在し、言い伝えによれば地下の大鯰の頭と尾を貫き地震を起こさないようにしているとのこと。

NO MORE EARTHQUAKES!


浮世絵鯰絵』をモチーフとしてタケミカヅチが大鯰に要石を押さえつける絵がよく描かれている。
このことから動かせないもの、動かしてはいけないもの、重要なものなどの比喩に使われる。
ただし、記紀神話や風土記にそのような説話が残っているわけではなく、その元々の由来は最早誰も知らない。

これをモチーフにしたアイテムを、東方projectの登場キャラクター比那名居天子が使用する。
また比那名居天子以外にも、神道に関連するキャラクターが『要石』の名を冠した石をアイテムとして使用することもある。その場合、なぜか空中に浮いていることが多い。

東方Projectに登場する『要石』

比那名居天子の使用する『要石』

注連縄つきの岩の形をとる。神社の要石とは違い、埋まるどころか空中に浮くこともある。
その真の能力は、大地に挿すことで地震を鎮めることにあるが、思念で自在に動く空飛ぶ岩であるため汎用性は高く、
ゲーム中でも「飛び道具」「空中の足場」「鈍器」「防壁」「ドリル」「ファンネル」と、実に多彩な使用方法をみせる。

緋想の剣と並んで、比那名居天子を象徴するアイテム。

同作における『要石』

同作のシリーズに登場する八意永琳が『東方緋想天』作中で語ったところによれば、「 御影石で出来た重しのようなもの 」。この重しが地震の発生を防ぐ。
その長さは長大で、「 地底の国 」まで到達するという。
ただし要石は地震を静める一方で引き抜かれる際に壊滅的な地震を引き起こすものでもある。同作では、東方Projectに登場する世界観の一つが元々は要石の一種であった事が永琳によって語られているが、かつてその世界が出来た際に要石が引き抜かれた事で何が起こったのかについても断片的に語られている。

永琳は要石を操る事の出来る上記の天子について只者ではないとしている。

作中では天子による博麗神社再建時にその地中に挿されている。同神社の巫女博麗霊夢はその信頼性について疑問を抱いたが、訳あってさらにその後再び博麗神社が倒壊させられた際にその要石を調査した伊吹萃香によって「 本物 」とお墨付きを与えられている。

関連イラスト

  • 比那名居天子とともに
ヒナナィ




関連タグ

神道 神社 日本神話
ナマズ 地震 (押さえつけられる対象)
茨城県 鹿島神宮 千葉県 香取神宮 (所在地)
春日舞織 (彼女の守護聖霊が『要石』を攻撃の一部として使用)
源平討魔伝(一部ステージの障害物として登場)
御城プロジェクト(城娘を作成する際に使用)

東方project(東方) 東方緋想天 (緋想天)
比那名居 天子 非想非非想天の娘 てんこ (使用者)

ポケットモンスター ポケモン DPt ミカルゲ 
209ばんどうろ(ミカルゲの出現する場所)

pixivに投稿された作品 pixivで「要石」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 561976

コメント