ピクシブ百科事典

谷口タカオ

たにぐちたかお

谷口タカオとは、ちばあきおの漫画『キャプテン』『プレイボール』の主人公。
目次[非表示]

右投右打。ポジションは投手・三塁手。右翼手を守ったこともある。

キャプテン

CV:和栗正明
2年生の時に、野球の名門校である青葉学院から、墨谷第二中学(墨谷ニ中)に転向してきたが、転校初日に青葉のユニホームを着てしまったために、『青葉のレギュラー選手』と誤解されてしまう。
本当は二軍の補欠であり、打撃も守備もからっきしだったのだが、不器用な彼は自分に期待を寄せるみんなに本当のことを打ち明けられず、そこで父の協力のもとで青葉のレギュラーに負けない実力をつけるべく、影で猛練習を始める。
やがて、彼のその凄絶な努力を知っていた墨谷のキャプテンに認められ、谷口は墨谷ニ中のキャプテンに選ばれる。
その後、思い悩みながらもチームを引っ張りながら自身も成長していき、墨谷ニ中をかつて所属していた青葉学院と戦えるほどのチームに鍛え上げていく。
初期の頃は少々気弱で口下手であり、決断力に欠けた所もあるため、あまり人の上に立つようなタイプではなかったが、非常に努力家であり、自分に足りない能力を補うため、人知れず誰よりも練習しており、また、問題にぶつかったチームをなんとか導こうと試行錯誤しながら、キャプテンらしい威厳を身に付けチームメイトからも強く信頼されるようになっていき、彼のこの真摯な姿勢は彼の引退後のチームにも大きな影響を与えている。
特に青葉学院との最後の戦いにおいて、負傷しながらも疲労困憊のイガラシに代わりリリーフを投げ抜いたエピソードは、後に同じく試合中に怪我を負った近藤をも勇気づけた。

プレイボール

CV:前田賢一朗
中学時代に試合中のアクシデントで指を骨折し、無理をして試合続行し投げ続けたことから、利き手の人差し指が曲がったまま伸びなくなり(アニメでは利き手の人差し指が伸びたまま曲がらなくなり)、真っ直ぐボールを投げられなくなる。
だが、バウンド送球を経て努力の末に投げられるようになり、その過程でフォークボールをマスターする。その後、手術を受けて指の怪我を克服する(この過程は原作とアニメ版では若干異なっている)。打順は4番(川北戦のみ5番)。
ピッチャーとしてはコントロールを身上としており、倉橋の要求するボール半個分の出入りを可能とするほどの見事な投球術を持っている。最終的にカーブ・シュート・フォークボール(滅多に投げない)を一通りマスター(中学時は直球のみ)。
本来は三塁手がベストポジションであるがチーム層が薄い墨谷では投手と兼任を余儀なくされ、渋々エースに昇格した背景もある。
それ故に特に自身がエースと言う自負はなく総合チーム力で挑む姿勢は中学時代から変わっていない。元々はリリーフタイプであったが、2年生時からは完投する試合が多くなっていった。
対戦相手を徹底的に研究かつ分析するタイプで、その姿勢はたとえ相手が強豪であろうと弱小であろうと関係は無い。
結果、それまで5年連続1回戦負けを喫し、勝利とはほど遠かった墨谷高校野球部を1年時は3回戦、2年時は準々決勝(ベスト8)にまでコマを進めさせた。
野球に熱心なあまり学業が疎かになり、母親から釘を刺されてしまうこともある。前キャプテンの田所により1年生の夏以降は墨高のキャプテンに任じられ、以降連載終了まで継続。中山から「お前はキャプテンなんだからグランドに出れば俺たち上級生を呼び捨てにして良い」と言われ倉橋からも賛成されるが、本人は「僕は頭が古いんで無理です」と上級生に対する気遣いを忘れることはなかった。
逆に後輩に対しては気弱だった中学時代に比べ「言って分からなければ放っておけばいい、困るのは本人だ」とはっきり意見を言うほどに成長していた。その貫禄は問題児の井口でさえ「やはりキャプテンだけあって迫力がある」と言わしめた。

関連タグ

野球 漫画
ちばあきお

pixivに投稿された作品 pixivで「谷口タカオ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45216

コメント